【4/11発売】auのGalaxy S24/Ultraが最大22,000円割引 | auオンラインショップ

【注目】楽天モバイル クーポン配布中!最大32,000円相当の還元も!

当サイトiPhone大陸の記事はPRを含みます。

【出戻り歓迎】再契約・2回線目も対象!

\2024年5月31日 23:59まで/RM出戻り

\【残り2日】2024年4月15日 10:00まで/楽天マジ得フェスティバル

RM CP併用

楽天カード会員&楽天モバイルの申し込みが初めての方がiPhoneを同時購入すると、最大4万円相当もお得に契約できます!

楽天マジ得フェスティバルとiPhoneのキャンペーンは唯一、楽天モバイルで併用できるキャンペーンなので、積極的に活用していきましょう。

例えば、約12万円するiPhone14も各キャンペーンを利用すれば、実質8万円台と10万円を切っての購入が可能です! Androidは最大26,930円値引きを実施中!

楽天モバイルの解約履歴がある方や2回線目を申し込みたい方は、三木谷社長の紹介URLから申し込むことで最大14,000ポイントがもらえるのでチェックしておきましょう。三木谷社長の紹介キャンペーン経由で申し込むと、1件につき1万円を三木谷社長が個人的に「災害・人道支援」に寄付してくれます。

「今使っている携帯会社が高すぎる!」「iPhoneを安く買いたい!」「支援活動に協力したい!」そんなあなたは、ぜひこの機会に楽天モバイルを試してみてくださいね!

再契約も対象!SIMのみ契約で14,000ポイント還元

3GB 1,078円~使い始められる!

楽天モバイルのSIMを契約してポイントをもらうにはこちらをタップ

※再契約・2回線目も対象!

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\楽天モバイルでiPhoneが買える!しかも端末代4キャリア最安値/

今すぐスマホを楽天モバイルでお得に手に入れるにはこちらをタップ!

※最大1万相当以上の還元あり

>>最新の【楽天モバイル クーポン】はこちら
>>【楽天モバイルの評判】はこちら

iPad

iPad mini7(第7世代) の最新情報まとめ!発売日はいつ?予想スペックや価格も紹介

2023年10月に発売されるかもと期待されていたiPad mini7(第7世代)ですが、残念ながら発表はなく、発売は2024年以降となりそうです。

それを受けて2024年春にも発売されるというのが大方の予想でした。しかし、2023年の最新リーク情報によると、発売は2024年後半になりそうです。

発表日・予約開始日・発売日の予想

  • 発表日…2024年9月上旬(iPhone16シリーズ発表と同日?)
  • 予約開始日
    • Apple Store:2024年9月上旬(発表日即日開始)
    • au・ドコモ・ソフトバンク(発表後1〜2日後予約開始)
  •  発売日…2024年9月下旬(iPhone16シリーズの発売日と同日?)

またiPad miniの主なアップデート点は以下の通りです。

アップデートポイント

  • カメラがレンズスペック・ソフトウェアともにアップデート
  • CPUがA16 Bionicにアップデート
  • メモリ容量が6GBに増量

今のところ、これ以外に目立ったアップデートは予想されておらず、マイナーアップデートとなりそうなのは否定できません。

この記事では最新情報をまとめつつ、iPad mini(第7世代)を待つべきはどんな方か、待たずにiPad mini(第6世代)を買った方がいい人はどんな人かお伝えしていきます。

iPad miniを買おうか迷っている人はぜひお読みください。

【iOSの最新情報】

2024年4月14日更新

auオンラインショップ公式 : https://www.au.com/mobile/onlineshop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

auオンラインショップでお得にiPadシリーズを手に入れるにはコチラをタップ!

※24時間自宅からスマホ・PCだけで完結!

>>最新の【au キャンペーン】はこちら
>>auショップ 待ち時間対策はこちら

ドコモ公式 : https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

街のお店より1万円以上おトクなことも!ahamoの方も機種変更可!

今すぐiPadシリーズをおトクにドコモオンラインショップで手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら事務手数料が無料!

>>最新の【ドコモオンラインショップ クーポン】はこちら

ソフトバンク公式 : https://www.softbank.jp/online-shop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

ソフトバンクオンラインショップでお得にiPadシリーズを手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら頭金・事務手数料が無料!(自宅受取りが対象)


>>最新の【ソフトバンク キャンペーン】はこちら

楽天モバイルおトク注意報!

RM 3.2cb

RM Android 26,930円CB

楽天従業員 紹介キャンペーン

楽天マジ得フェスティバル

楽天モバイル 最強青春プログラム

RM6

楽天モバイルではおトクなキャンペーンを多数用意しています!
とくにiPhoneの購入を検討している方は楽天モバイルでの購入を視野にいれましょう。

なんといっても楽天モバイルのiPhoneは4キャリア最安値!

さらに、今なら最大32,000円相当もお得に購入できちゃいます! 還元を加味するとApple StoreよりもおトクにiPhoneの購入が可能です。さらに、楽天カードを持っている方は20,000ポイント増額!

各種キャンペーンをフル活用すれば、iPhone15だって実質9万円台~購入できちゃうんです! おトク過ぎませんか!?

例えば..

楽天カード会員の方がiPhone15(128GB)を購入した場合、通常価格は131,800円ですが、20,000円値引き+20,000ポイント還元で合計40,000円相当お得に購入できます!

キャンペーン適用後の価格は実質91,800円です。

分割払いで購入したい方は48回払いの「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」を利用し、24回目の支払いが完了した際に端末を返却することで、機種代金の最大半額分の支払が免除になります。

また、22歳以下の方は学割「最強青春プログラム」の適用で、プラン料金が最安実質858円(税込)~利用可能! 全キャリア最安値の月額料金で使えます。

以前に楽天モバイルを解約している場合でも、今なら再契約で最大14,000ポイントがもらえるので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

まずは 楽天モバイルの料金&ポイントのかんたんシミュレーションでどれだけお得になるかチェックしてみましょう!

※2024年4月1日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\楽天モバイルでiPhoneが買える!しかも端末代4キャリア最安値/

楽天モバイルのお申し込みはこちらをタップ

※単独回線でも3GB 1,078円~使える!

>>最新の【楽天モバイル クーポン】はこちら
>>【楽天モバイルの評判】はこちら

auお得注意報!

Galaxy S24機種変更おトク割

auオンラインショップで使えるキャンペーン au Online Shop SIM乗りかえ特典

au_PR1

au_スマホスタート応援割

auではiPhone15シリーズやGalaxy S24/S24 Ultra、Pixel 8/8 Pro、TORQUE G06、Xiaomi 13T、Galaxy Tab S9 FE+ 5Gなどの新型スマートフォンやタブレットが続々登場!

それに伴い、auオンラインショップではお得なキャンペーンを多数実施しています。

新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーへの還元も怠らないのがauの魅力。機種変更なら最大22,000円、他社からの乗り換えなら最大44,000円の還元が受けられちゃいます!

そして、スマホの買い替えで分割払いを検討している方には24回払いの「スマホトクするプログラム」がおすすめ!

機種に応じた残価を最終回分の支払いに設定し、25ヶ月目に端末を返却すると残価がまるっと免除される購入方法です。超カンタンにお伝えすると、実質半額程度の負担で2年ごとに新しいスマホが使える購入サポート。

例えば..

機種/定価 新規契約 乗り換え 機種変更
Galaxy S24
(256GB)
144,800円(NEW)
実質68,800円~
(初回2,998円+2,991円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
Galaxy S24 Ultra
(256GB)
224,800円(NEW)
実質114,800円~
(初回4,998円+4,991円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
iPhone 15
145,640円~
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
iPhone 14
127,900円~
実質33,047円~
(初回1,455円+1,436円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質38,547円~
(1,697円+1,675円×22回)
Pixel 8
93,600円~
実質11,047円~
(初回487円+480円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質16,547円~
(729円+719円×22回)

※2024年4月3日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

Galaxy S24(256GB)なら通常価格は144,800円ですが、25ヶ月目に端末を返却すると65,000円が免除されるため、実質負担金は79,800円。

さらに22,000円割引を適用すると実質57,800円、月々2,513円(初回2,514円)で購入できちゃう! お得過ぎませんか!?

iPhone 14やPixel 8なら実質47円~購入できますよ!

そのほかauオンラインショップではSIM単体契約で10,000円相当還元も行っています。

もしあなたがスマホや携帯会社の切り替えを検討していたり、auでの機種変更を考えているなら、一度auオンラインショップを覗いてみてくださいね。

機種変更なら午前11時45分までの注文完了で当日の18時~22時に商品を届けてくれます(地域限定)

\オンライン購入アドバイザーに無料相談しながら手続きできる!/
auオンラインショップ公式 : https://www.au.com/mobile/onlineshop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

auオンラインショップはこちらをタップ!

※au Online Shop お得割実施中

>>最新の【au キャンペーン】はこちら
>>auショップ 待ち時間対策はこちら

 

iPad mini(第7世代) のスペック最新情報まとめ【予想・リーク】

iPad mini(第7世代) 発売日・価格・スペック

最新情報やリーク、iPad mini(第6世代)からiPad mini(第7世代)のスペックを予想すると以下の通りです。

機種名 iPad mini(第7世代)
サイズ
(高さ×幅×厚み)
195.4mm×134.8mm×6.3mm
重量 290g台
カラー 不明
CPU A16 Bionicという予想が強い
(M1の可能性もあり)
RAM 6GB
ROM 64GB/256GB
アウトカメラ 現行モデル(12MP広角カメラ、ƒ/1.8絞り値)
よりスペックアップ
インカメラ 現行モデル(12MP超広角フロントカメラ、122°視野角 ƒ/2.4絞り値)よりスペックアップ
ビデオ撮影 最大4K 60fps
ディスプレイ 8.3インチ
Liquid Retinaディスプレイ(液晶)
最大輝度 不明
リフレッシュレート 60Hz(Pro Motionディスプレイ非対応)
バッテリー容量 5,124 mAh前後
急速充電 急速充電対応
(ワット数不明)
ワイヤレス充電 非搭載
生体認証 対応(Touch ID)
SDカード 非対応
イヤホンジャック 非搭載
防水・防塵性能
充電端子 USB Type-C
おサイフケータイ
SIM nano-SIM/eSIM
5G 転用5G:n1 , n3 , n28
Sub6:n77 , n78 , n 79
ミリ波:非対応
発売日 2024年下旬
価格 78,800円〜

ほとんどiPad mini(第6世代)と変わらない予想ですが、CPUとRAM性能、カメラスペックがアップすると見られています。

CPUはiPhone 14 Pro/MaxやiPhone 15/Plusに搭載されているA16 Bionicになると見られています。また、RAM容量も6GBに増量される可能性が高いでしょう。

これにより、端末の処理速度など基本性能がアップし、特にゲームや動画編集など重たい作業をしたい方には嬉しい進化となりそうです。

またカメラはレンズ性能、ソフトウェア機能ともに向上すると思われています。iPad miniで撮影した動画や写真を直接編集するという使い方にも強くなりそうです。

ただし、iPad mini(第6世代)が全モデルからのフルモデルチェンジに近かったのに対し、iPad mini(第7世代)はマイナーアップデートに止まる印象なのは否めません。上記に挙げたもの以外に、どれほどのアップデートがあるか、今後の情報に期待したいところです。

今のところ、iPad miniをデジタル手帳やノートのように使いたいならiPad mini(第6世代)でも十分かなという印象です。
前回のアップデートが大きくて、前モデル発売から時間も経っているし大きな進化に期待したいけど、今回はその期待を超えるのは難しそうです。

 

iPad mini(第7世代) の予約開始日・発売日はいつ?【au/ドコモ/ソフトバンク】

iPad mini(第7世代) 発売日・価格・スペック

最新のリーク情報によるとiPad mini(第7世代)の発売は2024年の下旬になると見られています。そうするとiPad mini(第6世代)と同じく9月上旬のイベントにて発表されて、即日予約が開始されるのではないかと予想ができます。

販路 発表日 予約開始日 発売日
Apple Store 9月上旬 9月上旬 9月下旬
(同日発売)
au 9月上旬
(発表日の1〜3日後)
ドコモ 9月上旬
(発表日の1〜3日後)
ソフトバンク 9月上旬
(発表日の1〜3日後)

iPad mini(第7世代)は2023年10月31日のAppleイベントで発表されると見られていましたが、残念ながらされませんでした。

その後、iPad mini(第7世代)は2024年の春(3月か4月)にイベントが行われて、発表されるという予想が強くなってきましたが、リーカーの郭明錤によるとさらに発売が遅れることが示唆されています。

郭明錤がメディアにあげた記事によるとiPadシリーズ全体が、発売を遅らせる見込みで、その中でもiPad mini(第7世代)は最も遅い2024年上半期にずれ込むとのことです。

それが正しいとすれば、発売日としてもっとも濃厚なのが2024年9月に行われるであろう、Appleイベントです。毎年行われるイベントでiPhoneが発表されます。

iPad mini(第6世代)もこのタイミングで発表され、iPhoneと同時に発売されたため、このシナリオは十分に考えられます。iPad miniが欲しいのであれば、現モデルのiPad mini(第6世代)を買った方が良いかもしれません。

もちろん、2024年春に発売される可能性もあります。情報を注視していきたいですね!

 

iPad mini(第7世代) の本体価格/値段

iPad mini(第7世代) 発売日・価格・スペック

海外メディアMacRumorsの記事によるとiPad mini(第7世代)はiPad mini(第6世代)と同じくらいの価格になると見られています。ちなみにiPad mini(第6世代)の米国での販売価格は499ドルで、iPad mini(第7世代)も同じ価格になりそうです。

iPad mini(第7世代)のストレージラインナップがiPad mini(第6世代)と同じだとすると、日本での本体価格・値段の予想は以下の通りです。

モデル 容量 本体価格・値段
Wi-Fiモデル 64GB 78,800円
256GB 102,800円
Wi-Fi + Cellular 64GB 102,800円
256GB 126,800円

なおiPad mini(第6世代)は2019年9月の発売後に急激に円安が進行したため、2022年中に2度の値上げを行なっています。

iPad mini(第6世代)の値上げと値上げが行われた日のドル円相場とともに見てみると以下の通りです。

値上げ日(発売日) 2021年9月24日 2022年7月1日 2022年10月19日
ドル円為替 110.72円/ドル 135.19円/ドル 149.89円/ドル
Wi-Fiモデル 64GB 59,800円 72,800円 78,800円
256GB 77,800円 94,800円 102,800円
Wi-Fi + Cellular 64GB 77,800円 94,800円 102,800円
256GB 95,800円 116,800円 126,800円

2023年12月時点でのドル円相場は最後の値上げが行われた2022年10月と同じくらいの150円前後で推移しているため、為替がこのままなら同じくらいの価格で販売されそうです。

ただし、ここから為替が円安にも、逆に円高にも振れる可能性は十分にあり得ます。iPad mini(第7世代)をiPad mini(第6世代)よりも安く買えるのか、高く買うことになってしまうのかは、これからの相場次第となりそうです。

auオンラインショップ公式 : https://www.au.com/mobile/onlineshop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

auオンラインショップでお得にiPadシリーズを手に入れるにはコチラをタップ!

※24時間自宅からスマホ・PCだけで完結!

>>最新の【au キャンペーン】はこちら
>>auショップ 待ち時間対策はこちら

ドコモ公式 : https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

街のお店より1万円以上おトクなことも!ahamoの方も機種変更可!

今すぐiPadシリーズをおトクにドコモオンラインショップで手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら事務手数料が無料!

>>最新の【ドコモオンラインショップ クーポン】はこちら

ソフトバンク公式 : https://www.softbank.jp/online-shop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

ソフトバンクオンラインショップでお得にiPadシリーズを手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら頭金・事務手数料が無料!(自宅受取りが対象)


>>最新の【ソフトバンク キャンペーン】はこちら

 

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

iPad mini(第7世代) のデザイン/カラー

iPad mini(第7世代) 発売日・価格・スペック

iPad mini(第7世代)のデザインとカラーは今のところ情報が全くありません。しかし、iPad mini(第6世代)と同じ筐体デザインになるのではという予想が強くなっています

ただし、カラーラインナップは大きく変わるという予想が強いようです。

項目 iPad mini(第7世代)
デザイン 不明
※iPad mini(第6世代)と大きく変わらない見込み
iPad mini(第6世代) デザイン

※iPad mini(第6世代)(出典:Apple公式)

カラー 不明
※iPad mini(第6世代)から大きく変更される見込み
以下iPad mini(第6世代)のカラー
スペースグレイ・ピンク・パープル・スターライト

iPad mini(第6世代) カラー

※iPad mini(第6世代)(出典:Apple公式)

海外メディアのMacWorldの記事ではiPad mini(第7世代)のデザインについて全く噂がなく、これはiPad mini(第6世代)と全く同じであるからだとしています。

iPad miniはベゼルとホームボタンを搭載し側面が丸みを帯びていたiPad mini(第5世代)から、ベゼルレスでホームボタンがなく側面もフラットになったiPad mini(第6世代)に大きくデザイン変更されました。

2世代続けての大幅なデザイン変更はないと予想するのはごく自然です。今のデザインに不満がないのであれば購入してもいいでしょう。

一方で、カラーは大きく変更される予想がされています。2022年に発売された無印iPad(第10世代)はかなり明るくて鮮やかなラインナップになりました。iPad miniもこのような色が採用される可能性があります。

iPad mini(第7世代)の新しい色に期待したい方は、発売を待ってもいいかもしれません。

どの色を選ぶのかも、楽しくiPad miniを使うための重要な要素の1つですね!

 

iPad mini(第7世代) のディスプレイ | ゼリースクロールはどうなる?

iPad mini(第7世代) 発売日・価格・スペック

iPad mini(第7世代)のディスプレイの大きさや種類は第6世代と変わらず、8.3インチのLiquid Retinaディスプレイとなる予想がされています。

項目 iPad mini(第7世代)
サイズ 8.3インチ
ディスプレイ種類 Liquid Retinaディスプレイ(液晶)
リフレッシュレート 60Hz(Pro Motionディスプレイ非対応)

iPad mini(第7世代)は「有機ELディスプレイを搭載する」、「Pro Motionディスプレイを搭載し、リフレッシュレートが120Hzになる」などと言われてきました。

しかし、2023年9月頃からそういった声が徐々に減っていき、それ以降はiPad mini(第7世代)はLiquid Retinaディスプレイを搭載し、Pro Motionディスプレイを搭載しないという声が強くなってきました。

また一部では現行の8.3インチから8.7インチに巨大化する、もしくは8.3インチと8.7インチの2モデル展開になるのではと予想がされており、実際にそのサイズの開発が進められているようです。しかしそのサイズが登場するのは2026年ごろで、次ではなく第8世代以降になると言われています。

iPad mini(第6世代)ではゼリースクロールが問題視されていました。

ゼリースクロールとは

スクロールした時に画面が更新されるスピードに差があり、画面の一部が遅れて動くように見える現象のこと。Appleの見解は「iPad miniの液晶ディスプレイ特有の仕様であり、不具合ではない」というものだが、改善して欲しいという声が多く聞かれている。

有機ELディスプレイに変わることで根本的な解決が期待できるのですが、iPad mini(第7世代)は液晶ディスプレイが継続される見込みなので、残念ながらiPad mini(第7世代)でも同様の問題が発生する可能性があります。

なお、海外メディアMacRumorsの記事には、iPad mini(第7世代)はディスプレイの構造を変えることで、ゼリースクロールの軽減をはかるのではとの予想が掲載されています。

iPad mini(第6世代)では画面を縦向きにして、上下にスクロールする時のみゼリースクロールが発生していました。また、一部ユーザーの中にはiPad mini(第5世代)では横向きにおいて上下にスクロールした時にゼリースクロールが発生しているとする声も上がっており、ディスプレイの構造によってゼリースクロールの見られ方に違いがあることが示唆されています。

つまり、ディスプレイの搭載方向を、iPad mini(第5世代)と同様にすることで、ゼリースクロールが目立たないようにするということです。

ゼリースクロールが理由でiPad mini(第6世代)の購入を控えていた方は、少し様子見する必要があるかもしれません。

ちなみにゼリースクロールは気になる人とそうでない人がいるようですね。この記事の筆者は1年以上使って全く気になったことがないみたいですよ…
Appleは開封後も2週間は返品を認めているので、使ってみてダメなら返品でもいい気がします!

 

iPad mini(第7世代) のカメラ

iPad mini(第7世代) 発売日・価格・スペック

iPad miniのカメラ性能については詳しくわかっていませんが、カメラのハードウェアの面での進化が見られると予想されています

またカメラ機能では、Photonic Engineを搭載し、ProResビデオを撮影できるようになることが主なアップデートのようです。

項目 iPad mini(第7世代)
アウトカメラ 現行モデル(12MP広角カメラ、ƒ/1.8絞り値)よりスペックアップ
フロントカメラ 現行モデル(12MP超広角フロントカメラ、122°視野角 ƒ/2.4絞り値)よりスペックアップ

現行モデルスペック出典:iPad mini スペック|Apple公式

海外メディアWest Georgia Streetの記事によると、iPad miniのカメラは性能面でも機能面でもスペックアップすることが、予想されています。iPad mini(第6世代)は12MP広角カメラ、ƒ/1.8絞り値という数字だけを見れば、iPad Proに搭載されているカメラと同じでした。

iPad mini(第6世代)からの進化の方向性はいくつか考えられます。

  • 12MPのままイメージセンサーなどの改良が行われることでスペックアップ
  • 48MPになるなど画素数も含めてスペックアップ
  • メインカメラのスペックはそのままで、iPad Proのように超広角レンズを搭載したデュアルレンズ構成になる。

iPad mini(第6世代)が発売された2021年はiPhone 13 Proですら、カメラの画素数は12MPでした。そこから2年経過して発売されたiPhone 15は64MPですので、iPad mini(第7世代)のメインカメラも64MPになる可能性は十分ありそうです。

また、West Georgia StreetはiPad mini(第7世代)がソフトウェアの面でも進化すると予想しています。具体的にはPhotonic EngineとProResビデオです。

用語解説!

Photonic Engine…AppleがiPhone 14シリーズから導入した新しい画像処理技術。複数枚の写真を合成することで1枚の高画質写真を作り出す「Deep Fusion」という技術の強化版で、より早い段階で画像処理をすることにより、劇的な画質の向上を実現した。特にカメラで明るさが中程度から低度の撮影の時に真価を発揮する。

ProResビデオ…Appleによって開発されたビデオ規格の一つ。高い画質を保ちつつファイルサイズを効率的に圧縮する。解像度と色精度を備え劣化が少ない状態で編集やカラーグレーディングができるがメリットでビデオ編集の専門家に好まれる。

簡単にいうと写真は綺麗に処理してくれるし、ビデオは綺麗な状態なまま残してくれるってことだな!

iPadのカメラはどうしても申し訳程度のものでした。カメラの進化具合によっては、iPad miniで動画を撮影し、そのまま編集ということがしやすくなるかもしれません。

iPad mini(第7世代)はコンパクトな筐体であるため、写真やビデオ撮影にも使いやすいですからね。カメラ性能・機能の向上には期待したいですね。

 

iPad mini(第7世代) のCPU

iPad mini(第7世代) 発売日・価格・スペック

iPad mini(第7世代)にはA16チップもしくはM1チップが搭載されるとみられています。ただし、今のところA16 Bionicが搭載される可能性の方が高いようです。

項目 iPad mini(第7世代)
CPU A16 Bionicチップもしくは M1チップ
参考Antutuベンチマークスコア A16 Bionic
(参考:iPhone14 Pro)
M1
(参考:iPad Air(第5世代))
総合スコア  1,453,786点 1,713,469点
CPUスコア
(スマホ全体の処理性能) 
379,232点 478,249点
GPUスコア
(グラフィック性能) 
477,475点 675,713点
MEMスコア
(メモリ・ストレージの読み書き性能) 
271,778点 232,189点
UXスコア(操作性能)  325,301点 327,318点

出典:Antutu benchmark公式

iPad mini(第7世代)から最も大きく進化するポイントはCPUであると言われています。iPad mini(第6世代)はA15 Bionicを搭載していました。iPad mini(第7世代)はCPU性能が向上することで、より高い処理性能で快適に使えるようになります。

この恩恵を受けるのは重たい作業をする方々です。本格的なゲームをプレイする方に加えて、iPad miniではキーボードをつけて動画編集をする人もいると聞きます。このようにiPad miniをバリバリ使いたい方は第7世代を待つべきでしょう。

なお、Antutu benchmark公式によるとiPad mini(第6世代)のAntutuベンチマークスコアはトータル1,258,897点です。数字上、A16 Bionicの場合は約15%、M1の場合は約36%スコアが上昇します。

したがって、A16 BionicとM1どちらが搭載されてるか気になる人もいるでしょう。結論を言うとA16 Bionicが搭載される可能性が高いと、海外メディアMacRumorsの記事では予想されています。

iPad Air(第5世代)はM1だったから、iPad mini(第7世代)もそうなると思っていたけど違うのかな?
iPad Air(第5世代)にM1が搭載された理由は、A16 Bionicが足りなかったからと言われています。今はA16 Bionicの供給も潤沢で、iPad mini(第7世代)はA16 Bionicで行くだろうと予想されているようです。

どちらにしてもiPad mini(第7世代)は、パフォーマンス性能が上がることは間違いないようです。もっとバリバリ快適に使いたいという方はiPad mini(第7世代)のCPUに注目しましょう。

 

iPad mini(第7世代) のメモリとストレージ

iPad mini(第7世代) 発売日・価格・スペック

iPad mini(第7世代)のメモリとストレージに関する具体的な情報は出ていませんが、メモリは6GBに増量ストレージは全モデルと変わらず64GBと256GBのラインナップとなる予想です。

項目 iPad mini(第7世代)
メモリ 6GB
ストレージ 64GB or 256GB

Appleはメモリを公表していませんが、ユーザーの解析によりiPad mini(第6世代)のメモリ容量は4GBと言われています。Apple製品はCPUとメモリの連携がスムーズであるため、メモリ容量が少なくても問題ないとは言われていますが、さすがに4GBは少なすぎます。

A16 Bionicが搭載されるiPhone 14 Pro(Max)やiPhone 15(Plus)のメモリが6GBであることを考えると、iPad mini(第7世代)にも6GBが搭載されると考えるのが自然です。

一方で、ストレージはiPad mini(第6世代)と同じラインナップになるのではないでしょうか。全く情報が出ておらず、ストレージについて言及しているのは海外メディアMacRumorsの記事くらいです。ただし、「128GBになれば嬉しいな」という程度の言及で、128GBになるということは一切書かれていませんでした。

ユーザーが求めているのであれば、ストレージを増やした方がいいんじゃない?
AppleはiPadのストレージを「ちょっと少ないかな(64GB)」と「ちょっと多いかな(256GB)」という絶妙なラインナップにすることで、高価なストレージモデル(256GB)を買わせる戦略をとっている気がします。あえてiPad mini(第7世代)で「ユーザーが求める容量」をラインナップする、ということは考えずらいです…

なお、2022年発売のiPad Air(第5世代)のラインナップが64GB/256GBであることも、ストレージ容量が据え置かれると予想される理由の1つでもあります。

128GBモデルがラインナップすることに期待はしたいのですが、過度の期待ができそうもありません。

 

iPad mini(第7世代) の生体認証

iPad mini(第7世代) 発売日・価格・スペック

iPad mini(第7世代)にはTouch IDつまり指紋認証が搭載される見込みです。

項目 iPad mini(第7世代)
指紋認証 Touch ID
顔認証 非搭載

iPad mini(第7世代)の生体認証に関する情報はほとんどありませんが、iPad mini(第6世代)と同じ筐体が使われる見込みであることから、Touch IDを継続して採用するという予想が多くされています。

iPad miniシリーズはiPad mini(第8世代)で大幅なデザイン変更が行われると言われれいます。その際にFace IDが搭載されるとみられています。

ただし、iPad mini(第7世代)でFace IDとなる可能性が0かと言われるとそうではありません。Apple自体はTouch IDからFace IDへの移行を進めています。

新しい指紋認証に関する開発はすでに中止し、指紋認証システムの製造ラインも縮小しており、数年以内に製造を完全に止めるとも言われているのです。

したがって、新たにTouch IDを使う製品の発売を嫌って、iPad mini(第7世代)からFace IDを採用することもあり得ます。

Apple製品って指紋認証できないことが弱点って言われてなかったっけ?Face IDにして大丈夫なのか?
実はiOS15.4でマスク着用しても顔認証ができるようになってから、風向きが変わってきました。iPad mini(第6世代)ではFace IDがつかなかったことが唯一の心残りという声もあるくらいです。

今のところTouch IDが継続される可能性が大きいのですが、もしかしたらサプライズでFace IDとなる可能性もありえます。iPad miniでもFace IDを使いたい方は、最新情報に注目しておきましょう。

 

iPad mini(第7世代) のバッテリー容量・充電端子

iPad mini(第7世代) 発売日・価格・スペック

iPad mini(第7世代)のバッテリー容量はiPad mini(第6世代)とほぼ同じで、充電端子も同じUSB Type-C端子を採用するものと見られています。また、ワイヤレス充電は採用されないのではないかと見られています。

項目 iPad mini(第7世代)
バッテリー容量 5,124 mAh前後(iPad mini(第6世代)とほぼ同じ)
充電端子 USB Type-C端子(USB 3.1 Gen1? USB 3.2 Gen 2?
Thunderbolt対応の可能性は低そう)
ワイヤレス充電 非対応

AppleはiPadのバッテリー容量を公表していませんが、第4世代から第6世代まで5,124mAhで変わらないと言われています。筐体デザインが同じと言われているため、バッテリー容量が大きく変わることはないでしょう。

充電端子は第6世代からUSB Type-Cが採用され、それが続くことは間違いありません。問題はUSB Type-Cの規格です。実は全く同じ見た目でも、規格によってデータの転送速度が違います。

USB Type-Cの規格の違い

  • USB 3.1 Gen 1…最大5Gb/s
    ※iPad mini(第6世代)などが搭載
  • USB 3.1 Gen 2…最大10Gb/s
    ※iPad Air(第5世代)などが搭載
  • USB 4、Thunderbolt 3…最大40Gb/s
    ※iPad Pro 12.9インチ(第 6 世代)などが搭載
USB Type-Cコネクタって、同じに見えて全然違うんだな。そういえばiPhone 15/PlusとiPhone 15 Pro/Maxも違うんだったな!

つまりUSB 3.1 Gen 2が採用されればiPad mini(第6世代)の2倍、USB 4やThunderbolt 3が採用されれば8倍の速度でデータ通信が行えます。iPad miniで動画などの大きいデータのやり取りをする場合は、どの規格であるか気になるところです。

USB 3.1 Gen 1のままだとiPad mini(第6世代)とiPad mini(第7世代)で違いがなさすぎますし、とは言えiPad Proとの差別化も必要です。iPad Air(第5世代)と同じUSB 3.1 Gen 2に落ち着きそうな気がします。

またワイヤレス充電に関して全く情報がないものの、iPad mini(第7世代)には採用されないという予想が優勢です。iPad miniをワイヤレス充電に対応させる場合、MagSafeに対応させいようとしてくるはずです。しかし、MagSafeには強力な磁力が必要なことから、採用するとすれば背面素材を現状のアルミニウムからガラスに変更する必要があります。

2022年の9to5Macの記事によると、AppleはiPadをガラス背面とし、MagSafe充電に対応させる実験をしているようです。強度不足などにより、2022年発売のiPad Proへの採用は見送られたとのことですが、実験を続けることで、将来的に採用する可能性は十分あるでしょう。

ただし、iPad mini(第7世代)はiPad mini(第6世代)と同じ筐体デザインで販売されるという見方が強くなっています。背面の素材を変えるような大幅アップデートはiPad mini(第8世代)以降に行われる見込みであり、ワイヤレス充電の採用もその時になりそうです。

まずはiPad Proシリーズから対応して、iPad miniやiPad Airはその次から対応といった形になるかも知れませんね。

 

iPad mini(第7世代) の5G通信方式【Sub6/ミリ波】

iPad mini(第7世代) 発売日・価格・スペック

iPad mini(第7世代)の5G通信方式は日本の主な携帯キャリアの転用5Gバンド、Sub-6バンドには対応するものの、ミリ波には対応しないと予想されます。

項目 iPad mini(第7世代)
n1(転用5G)
ドコモ
n28(転用5G)
ドコモ・au・ソフトバンク
n3(転用5G)
au・ソフトバンク
n77(Sub6)
au・ソフトバンク・楽天モバイル
n78(Sub6)
ドコモ・au
n79(Sub6)
ドコモ
n257(ミリ波)
ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル
×

5G通信の種類

  • 転用5G:4G LTEの通信網を5G通信として転用したもの。容易に5G通信網を広げられるメリットがある一方で、通信速度は4G LTEと変わらないため「なんちゃって5Gと呼ばれる」
  • Sub6:現在のメインの5G通信網。後述するミリ波よりは障害物に強く広範囲まで電波が届く一方で、通信速度や同時接続性能では劣ってしまう
  • ミリ波:本当の次世代5G通信と言われる通信網。通信速度や同時接続性能に優れるが、電波が届く範囲が狭いためまだまだ普及していない

iPad mini(第7世代)はiPad mini(第6世代)と同じく、ミリ波を除く国内キャリアの主要5G通信バンドに対応するでしょう。そのため、どの通信会社の回線であっても、問題なく通信ができるはずです。

新たにミリ波に対応するかどうかですが、iPhone 15シリーズや2022年発売のiPad Proシリーズでも対応していないことを考えると、iPad mini(第7世代)で対応することはないでしょう。

ミリ波はほとんど普及していないし、ミリ派じゃないと使えないサービスも今のところないから、ミリ波非対応でも気にする必要はないぞ!
なお、iPad mini(第7世代)のWi-Fiモデルを買うと、携帯電話会社のプランを契約して電波通信をすることができません。Wi-Fi以外でも使いたい場合は、少し高くなってWi-Fi+Cellularモデルを買ってくださいね。

 

iPad mini(第7世代) に対応するApple Pencil |  Apple Pencil(第3世代)に対応する?

iPad mini(第7世代)に対応するApple PencilはApple Pencil(第2世代)であると予想します。

項目 iPad mini(第7世代)
Apple Pencil (第1世代)
Apple Pencil (第2世代)
Apple Pencil(USB-C)
Apple Pencil (第3世代) ×?

Appleは2018年から Apple Pencilをアップデートしていませんでしたが、2024年春にも Apple Pencil(第3世代)を発売すると見られています。しかし、iPad mini(第7世代)では使えないと予想します。

Apple Pencil (第3世代)はまずiPad Proのみに対応し、2026年以降に発売されるiPad mini(第8世代)からiPad miniシリーズでも使えるようになるのではないでしょうか。

そう考える理由は以下の2つです。

  • iPad Proと他のデバイスを差別化し、iPad Proを買ってもらう人を増やすため
  • iPad mini(第5世代)の発売日は2019年3月18日であり、Apple Pencil(第2世代)の発売日(2018年11月7日)より後に発売されたが対応しなかった
    ※iPad mini(第5世代)で使えたのは Apple Pencil(第1世代)

もちろんiPad mini(第7世代)と Apple Pencil(第3世代)がいつ発売されるかわかりませんが、iPad mini(第7世代)では Apple Pencil(第3世代)を使えないことを覚悟しておいた方が良いでしょう。

なお、 Apple Pencil(第3世代)の仕様について予想されていることは2つです。

  • ペン先に磁石が付いており、描きたいものによってペン先の形や太さを変えることができる
  • ペン先にセンサーがついており、物体の表面をサンプリングし色を検出できる

ペン先の交換が容易にできるという仕様をリークしたのは、有名リーカーのMajin Buで、X(旧Twitter)以下のポストと共に写真を添付しました。

Based on what my source reported
the new Apple Pencil 3 will come with interchangeable magnetic tips

(訳:私が得た情報によると、新しいApple Pencil 3には交換可能な磁気チップが付属します)

Apple Pencil 3の磁気つきペン先

出典:X

一方で、海外メディアPatently Appleは、AppleはApple Pencilについて新しい特許を取得した中に、「表面の色や質感を検出できる周囲光センサー、発光体、光検出器が組み込まれている」と投稿しました。この特許が Apple Pencil 3では採用されるという見方があるのです。

しかし、この2つの機能どちらも採用されるとは考えにくい気がします。Majin Buがリークした画像にはセンサーらしいものが見えないからです。

まだまだApple Pencil(第3世代)の全貌は見えませんが、完成されたと思われた Apple Pencil(第2世代)から大きく変化することが予想されます。次世代の Apple Pencilがどのような進化を遂げるか、iPad mini(第7世代)でも使えるか、最新情報を注視したいところです。

 

iPad mini(第7世代) を待つべき?iPad mini(第6世代)を買うべき?

ここまでiPad mini(第7世代)の最新情報をまとめてきました。現状わかっている情報から結論を言ってしまうと、iPad mini(第7世代)を待つよりはiPad mini(第6世代)を買った方が良いでしょう。

その理由はiPad mini(第7世代)はiPad mini(第6世代)からのマイナーアップデートに止まると見られているからです。

まとめ

  • 価格
    iPad mini(第7世代)の販売価格はiPad mini(第6世代)と同じだと予想されている
    為替が変わらなければ78,800円〜となりそう
  • 予約開始日・発売日
    2024年9月に発表され、約10日後に発売されると予想されている
  • デザイン・カラー
    iPad mini(第6世代)と変わらず、ベゼルレスのフラットディスプレイで、側面がフラットなデザインが継続すると予想されている
    カラーは全く違うものになる予想がされている
  • ディスプレイ
    iPad mini(第6世代)と同じ8.3インチのLiquid Retinaディスプレイを搭載(有機ELの採用はその次のモデルとなる見込み)する予想
    Pro Motionディスプレイではなくリフレッシュレートは60Hzとなる予想
    ディスプレイの構造を変えることで、ゼリースクロール現象を目立たなくするものの、根本的な解決にはならない見込み
  • カメラ
    アウトカメラ・インカメラのレンズがそれぞれスペックアップする見込み
    Photonic EngineやProResビデオにより、より綺麗な写真にしてくれたり、劣化の少ないビデオ撮影ができたりする見込み
  • CPU
    M16 BionicチップかM1チップが搭載される予想だが、A16 Bionicではないかという意見の方が多くなっている
    AntutuベンチマークスコアはiPad mini(第6世代)の約125万点からA16 Bionicなら145万点前後、M1なら170万点前後までスペックアップする見込み
  • メモリ・ストレージ
    メモリは6GB、ストレージは64GB/256GBのラインナップとなる予想
  • 生体認証
    Touch IDである予想の方が強い
    Appleは将来的にはFace IDに一本化するつもりのようなので、iPad mini(第7世代)から採用される可能性は0ではない
  • バッテリー容量・充電端子
    バッテリー容量はiPad mini(第6世代)と大きく変わらない見込み
    USB Type-Cであることは間違いない、規格の予想が難しいがUSB 3.1 Gen 2に落ち着くのではないか
    背面素材をガラスにして、MagSafeに対応させる実験はしているようだが、iPad mini(第7世代)から採用されるとは考えにくい
  • 5G通信方式
    国内キャリアの5G通信のうち主要転用5G通信・Sub6通信には対応、ミリ波通信には非対応と予想
  •  Apple Pencil(第3世代)
     Apple Pencil(第3世代)が発売されても、まずはiPad Proのみ対応し、iPad miniシリーズに対応するのはiPad mini(第8世代)からと予想されている

CPUやRAM性能の向上はほぼ確実で、カメラ性能の向上も有力ですが、これ以外のスペック上昇が現時点では期待できません。

iPad miniで動画編集をしたい、本格的なゲームをしたいという方は、A16Bionicになった恩恵を十分に受けられるはずなので、iPad mini(第7世代)を検討しても良いでしょう。

しかし、iPad miniを欲しいと考えている多くの人に当てはまる、電子書籍の閲覧やノートがわりに使うといった使い方がメインであれば、 Apple Pencil(第2世代)に対応している、iPad mini(第6世代)で十分に思えます。

iPad mini(第7世代)がいつ発売されるかもわからない状況なので、iPad miniを欲しいと思うのであれば、iPad mini(第6世代)をいますぐ買ってしまうということも1つの考え方です。

iPad mini(第7世代)の全貌は明らかにされていません。iPad miniが欲しい方は最新情報を逃さないようにしましょう。

もちろん、このページでも最新情報は常に更新していきます。

auオンラインショップ公式 : https://www.au.com/mobile/onlineshop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

auオンラインショップでお得にiPadシリーズを手に入れるにはコチラをタップ!

※24時間自宅からスマホ・PCだけで完結!

>>最新の【au キャンペーン】はこちら
>>auショップ 待ち時間対策はこちら

ドコモ公式 : https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/

街のお店より1万円以上おトクなことも!ahamoの方も機種変更可!

今すぐiPadシリーズをおトクにドコモオンラインショップで手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら事務手数料が無料!

>>最新の【ドコモオンラインショップ クーポン】はこちら

ソフトバンク公式 : https://www.softbank.jp/online-shop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

ソフトバンクオンラインショップでお得にiPadシリーズを手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら頭金・事務手数料が無料!(自宅受取りが対象)


>>最新の【ソフトバンク キャンペーン】はこちら

楽天モバイルお得情報!

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

iPad記事一覧


auで購入できるiPadはなに?料金プラン・月額料金・購入方法をまるっと解説!

iPad au

auで購入できるiPadは?料金プラン・月額料金・購入方法をまるっと解説!

iPad

iPad mini(第7世代)と(第6世代)の違いを9項目で徹底比較!どっちを買うべき?

iPad

iPad mini7(第7世代) の最新情報まとめ!発売日はいつ?予想スペックや価格も紹介

iPhone(アイフォン) iPad

歴代iPhone/iPadのメモリ(RAM)容量一覧!自分で容量を増やしたりメモリ解放することはできる?
Dandyストア 評判

iPhone(アイフォン) iPad Xperia Galaxy SHARP Xiaomi Oppo Pixel ASUS Arrows

Dandyストアはヤバい? 評判・口コミと実際に購入した商品を紹介!

iPad

iPadOS17の新機能と対応機種まとめ!アップデート方法も紹介

iPad 格安SIM

iPadがセット購入できるおすすめ格安SIM3社を紹介!データ通信が使えて安いのはどこだ?
どっちが買いiPad(第10世代) と(第9世代)の違いを徹底解説

iPad

どっちが買い?iPad(第10世代) と(第9世代)の違いを徹底比較

iPad

iPad(第10世代)とiPad Air(第5世代)の違いを11項目で徹底比較!どっちを買うべき?

iPad docomo(ドコモ) au ソフトバンク

iPad(第10世代) の在庫・入荷状況まとめ|キャリアでの購入がオススメ
新型iPad Proのスペック・価格・発売日を徹底解説待つべき買うべき

iPad

新型iPad Pro(第4/6世代)のスペック・価格・発売日を徹底解説|待つべき?買うべき?
iPad(第10世代)は買うべきかスペック・価格・発売日を紹介

iPad

iPad(第10世代)は買うべきか?スペック・価格・発売日を紹介

iPad

歴代iPadの発売日・価格・サポート情報一覧

iPad

iPad Air5とiPad Air4を徹底比較!5G対応/Touch ID搭載、M1チップでコレは最強なのでは・・・
新型iPad Air5(第5世代)

iPad

【4/12最新】iPad Air5(第5世代)の在庫・入荷状況まとめ!在庫切れを確認する方法も解説
iPad Air4 mini6 比較 アイキャッチ

iPad

iPad Air4とiPad mini6の違いを徹底比較!スペック・性能・本体価格等
iPad/mini/Air/Pro本体価格

iPad

【値上げ分更新】iPad(Wi-Fi/セルラー)の本体価格・月額料金まとめ【ドコモ/au/ソフトバンク/アップル】

iPad

iPad mini 第6世代はズボンのポケットに入るのか?試してみた結果・・・
iPadOS 5 不具合まとめ

iPad

iPadOS 15の不具合と対処法まとめ

iPad

iPad mini 6(新型)の在庫情報まとめ!人気すぎて品薄中|旧型のiPad/ Pro/ air/ miniも在庫なし!在庫・予約・入荷状況を紹介【ドコモ/au/ソフトバンク】
iPad mini6予想

iPad

【速報】最新iPad mini6のスペック・予約・発売日・価格情報まとめ

iPad News モバイル保険

iPad(第8世代)やiPad Air(第4世代)にアップルケアは必要ない。おすすめな保険あります。

iPad Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルでもiPadは使える!プラス539円するだけのお得なシェアプランや注意点についても解説!

iPad News

iPad Air(第4世代)のおすすめな色は?人気カラーはなんだ?
no image

iPhone(アイフォン) iPad

AirDrop(エアドロップ)が繋がらない。使い方や受け取り方を確認しよう
  • この記事を書いた人
iPhone大陸

iPhone大陸運営事務局

格安SIMの「ロケットモバイル」を提供する株式会社IoTコンサルティングが運営しています。「IoT」という手段を通して、世の中を効率化し、生産性を上げていくことをミッションに抱えています。年々高騰するスマートフォンや頻繁に変化する格安SIMを後悔せず選べるように「iPhone大陸」を運営しております。

-iPad

© Copyright - 株式会社 IoTコンサルティング All Rights Reserved.