格安SIM

iPad・ノートパソコンにおすすめな格安SIM6社!選ぶ際のポイントも解説!

iPad・ノートPC おすすめの格安SIM

iPadやノートパソコンを外出先で利用しようとしたけど、WiFi環境がなくネットにアクセスできない」といった経験はありませんか?

iPadやノートパソコンも、スマホと同じようにネット通信ができれば便利で嬉しいですよね。それが可能になれば、フリーWiFiを探す手間や、ポケット型Wi-Fiと2台持ちする面倒などを払拭できます。

そこで本記事では、iPadやノートパソコンに使えるおすすめの格安SIMをご紹介していきます。

格安SIMを利用する前提としてSIMに対応しているiPadやノートパソコンが必要になります。WiFiモデルのデバイスでは、格安SIMは利用できないので注意しましょう。

おすすめの格安SIM

▼料金重視なら

▼5G・eSIMを使いたいなら

▼動画や音楽をギガフリーで楽しみたい方

公式サイトでお得なキャンペーン実施中!

IIJmioで今すぐ格安SIMをお得に手に入れるにはこちらをタップ!

※おトクすぎて売り切れの機種もあります

データ量1GBまでなら月額0円!!

今すぐ格安SIMを楽天モバイルでお得に手に入れるにはこちらをタップ!

※端末実質0円キャンペーンも実施中

目次

iPad・ノートパソコンにおすすめな格安SIM6社を比較

格安SIM  おすすめ 比較

では早速iPadやノートパソコンにも使えるおすすめの格安SIMを確認していきましょう。

これからお伝えする格安SIMは、いずれも音声通話が付いていないプランになります。(UQモバイル・楽天モバイル除く)

SMS(SMS+データ)SIMまたはデータ(データのみ)SIMを選択することで、月額料金を抑えることができます

以下は格安SIM6社の比較表になります。

格安SIM 比較表
 IIJmioビッグローブモバイルOCNモバイルONEmineo楽天モバイルUQモバイル
契約事務手数料3,300円3,300円3,000円3,300円無料3,300円
SIM発行手数料200円〜433円433.4円440円無料無料
月額料金440円990円〜858円〜880円〜0円〜990円〜
月間データ量2GB〜3GB〜3GB〜1GB〜0GB〜3GB〜
データ繰り越しありありありありなしあり
eSIM対応---対応対応
5G対応
(無料)
--対応
(220円/月)
対応
(無料)
対応
(無料)
低速時最大速度300Kbps200Kbps200Kbps200Kbps1Mbps最大1Mbps
最低利用期間翌月末日までなしなしなしなしなし
解約金なしなしなしなしなしなし

初期費用を抑えられるのは楽天モバイルですが、エントリーパッケージがあればその他の格安SIMも事務手数料が無料になることがあります。しかし格安SIMでキャンペーンを開催していた場合にエントリーパッケージから申込みを行うと、特典を受けられなくなってしまうケースもあるので注意しましょう。

またどの格安SIMでも、余ったデータを翌月末日まで繰り越しができるので、無駄にしてしまうこともありません。

格安SIMにはそれぞれ特徴がありますので、自分の利用用途にあったものを見つけてみてください。

プランの種類

【音声通話SIM】音声通話・SMS・データ通信が可能

【SMS+データ通信SIM】SMS・データ通信が可能

【データ通信専用SIM】データ通信のみできる

*iPadやノートパソコンは音声SIMを挿しても通話はできません

1. IIJmio | eSIMなら2GB 440円〜超格安データプラン

IIJmioはプランの種類が豊富で、使い方にあわせた選び方ができるので、月額料金を節約できます。

以下はIIJmioの月額料金になります。

IIJmio 月額料金
 2ギガ4ギガ8ギガ15ギガ20ギガ
SMS
(SMS+データ)
825円1,045円1,485円1,815円2,035円
データ
(データのみ)
748円968円1,408円1,738円1,958円
eSIM
(データのみ)
440円660円1,100円1,430円1,650円

eSIMに対応したデバイスであれば、2GB 440円〜利用できるので確実に月額料金を抑えることができます。大容量データを使う予定がある方でも、20GB 1,650円と格安で維持が可能です。

2段階認証が必要なアプリを使う予定がある方は、SMS機能も付いているプランを選択するといいでしょう。

IIJmioでは2021年11月30日まで1GB増量キャンペーンを開催中です。3ヶ月間はそれぞれのプランに1GB増量したデータ容量を使うことができるので、非常にお得となっています。

iPadやノートパソコンに限らず、デュアルSIM(SIM2枚挿し)に対応しているiPhoneやAndroidをお持ちであれば、データのみのSIMだけを挿してうまく費用を節約できるかもしれませんね。

公式サイトでお得なキャンペーン実施中!

IIJmioで今すぐ格安SIMをお得に手に入れるにはこちらをタップ!

※おトクすぎて売り切れの機種もあります

2. ビッグローブモバイル | You Tubeが楽しみ放題!エンタメフリーが魅力

ビッグローブモバイルは、iPadやノートパソコンでYou Tubeや音楽ストリーミングサービス、電子書籍などをメインに利用していきたいと考えている方におすすめの格安SIMです。

以下はビッグローブモバイルの月額料金になります。

ビッグローブモバイル 月額料金
 3ギガプラン6ギガプラン12ギガプラン20ギガプラン30ギガプラン
SMS
(SMS+データ)
1,122円1,727円3,102円5,082円7,557円
データ
(データのみ)
990円1,595円2,970円4,950円7,425円

ビッグローブモバイルはIIJmioと比較すると、月額料金は気持ち高くなっていますが、エンタメフリー・オプションが非常に魅了的です。

エンタメフリー・オプションは月額1,078円で付けることができ、対象のサービスを利用した際にデータ量を一切消費しないという優れものです。

ギガカウントフリーになるのは、以下の21種のサービスです。

ギガカウントフリー 対象サービス
動画配信・YouTube
・ABEMA
・U-NEXT
・YouTube Kids
音楽・ラジオ配信・YouTube Music
・Apple Music
・Spotify
・AWA
・Amazon Music
・LINE MUSIC
・radiko
・らじる★らじる
・dヒッツ
・楽天ミュージック
・TOWER RECORDS MUSIC powered by レコチョク
電子書籍配信・dマガジン
・dブック
・楽天マガジン
・楽天Kobo
その他アプリ・Facebook Messenger
・au PAY マーケット

例えば、You TubeやApple Musicの利用がデータの大半を占めるのであれば、「3ギガプラン+エンタメフリー・オプション」月額2,068円で維持が可能になります。

12ギガ以上のプランを選択するのであれば、確実に月額料金を節約できます。

ただYou Tubeへの動画のアップロードやApple Musicでの動画再生など、カウントフリーでも一部サービスはギガを消費することもあるので注意しましょう。

ビッグローブモバイル

3. OCNモバイルONE | ドコモ回線の格安SIM

OCNモバイルONEは選べるプランは少ないですが、IIJmio同様に比較的月額料金が安く設定されています。

OCNモバイルONEはドコモ回線で提供している格安SIMであり、他のドコモ回線を利用している格安SIMよりも、通信品質がいいと評価を受けているキャリアです。

以下はOCNモバイルONEの月額料金になります。

OCNモバイルONE 月額料金
 3GBコース6GBコース10GBコース
SMS
(SMS+データ)
990円1,320円1,760円
データ
(データのみ)
858円1,188円1,628円

10GBコースでも2,000円を切る価格設定になっているので、非常に安くお得といえます。SMS SIMとデータ SIMの価格差もそこまでないので、迷ったらSMS機能が付いているプランでいいかもしれません。

また自宅のネット回線がOCN光であれば、月額料金から毎月220円の割引が入るので、最安3GB 638円〜利用できます。

光回線とセットで考えている方は、より費用を抑えることが可能な格安SIMでしょう。

スマホセットがお得すぎて品切れ端末続出中!

今すぐ格安SIMをOCNモバイルoneでお得に手に入れるにはコチラをタップ!

※12/9まで限定スマホセール実施中

4. mineo | 3キャリアの回線から選べる

mineoはドコモ・au・ソフトバンク回線から自分の好きな回線を選ぶことができるキャリアとなっています。キャリアごとにSMS機能の料金が異なる点も確認していきましょう。

以下はmineoの月額料金になります。

mineo 月額料金
 1GB5GB10GB20GB
データ
(回線プランによる料金の変動はなし)
880円1,265円1,705円1,925円

基本はSMS機能が付いていないデータ通信のみのプランになっており、必要に応じてSMS機能を追加するイメージです。

SMS機能の月額料金は、ドコモ回線のDプランは132円、ソフトバンク回線のSプランは198円、au回線のAプランは無料となっています。

またmineoは5Gにも対応していますが、利用する際は毎月220円の料金が発生します。オプションを追加していくと月額料金は高くなってしまうので、できるだけ料金をかけたくないという方は、IIJmioがおすすめです。

ただmineoの魅力は全国のmineoユーザーとギガをシェアできる「フリータンク」機能があることです。

余ってしまったデータはフリータンクに貯めておき、必要になった際に使うことができます。ほかの格安SIMにはないサービスで、多くのユーザーから高い評価を受けています。

mineo レビュー

出典 : mineo公式サイト

さらにオプションの「パケット放題 Plus」385円/月を付けることで最大1.5Mbpsでデータ使い放題になるサービスもあるので、必要に応じて利用してみるといいでしょう。ネット閲覧や動画視聴を長時間する方には便利なオプションです。

このようにオプションやサービスが充実している格安SIMを使いたいという方は、mineoをおすすめします。

お得すぎるスマホライフを!

mineoに今すぐ申し込むにはこちらをタップ!

※3/31まで期間限定キャンペーン中!

mineo(マイネオ)

5. 楽天モバイル | 0円〜の段階性プランが魅力

段階性のみのワンプランが魅力的な楽天モバイルもおすすめです。

iPadやノートパソコンをWiFi環境下以外でどの程度使うのかによって、データ利用量も変わってきますし月額料金も変動します。1GBまでに収まる方は確実に楽天モバイルがお得だといえるでしょう。

以下は楽天モバイルの月額料金になります。

楽天モバイル 月額料金
 1GBまで3GBまで20GBまで無制限
音声
(音声+SMS+データ)
0円1,078円2,178円3,278円

他の格安SIM(MVNO)のように音声通話機能が付いていないプランは用意されていません。しかし、そういった中でも料金は安めに設定されているので、iPadやノートパソコンでの利用に限らずスマホでもお得に使える楽天モバイルは、非常に優秀ではないでしょうか。

ただ楽天モバイルは楽天回線とau回線で通信を切り替えながら快適に利用できるようになっていますが、楽天エリアはまだまだ拡大途中です。楽天エリア内であればデータ無制限で使えますが、au回線に繋がっている時は5GBまでと制限があることがややネックになります。

楽天モバイルのエリアマップで、楽天エリア内となっている方はおすすめのキャリアなので使ってみるといいでしょう。

初期費用もかからず、最低利用期間や解約金もないのでまずは気軽に試してみてください。

データ量1GBまでなら月額0円!!

今すぐ格安SIMを楽天モバイルでお得に手に入れるにはこちらをタップ!

※端末実質0円キャンペーンも実施中

6. UQモバイル | ターボ機能でデータを節約

UQモバイルはauのサブブランド的な立ち位置で、大手キャリアと同品質な通信が利用できるのが最大の強みです。

以下はUQモバイルの月額料金です。

UQモバイル 月額料金
 くりこしプランS +5G
[3GB]
くりこしプランM +5G
[15GB]
くりこしプランL +5G
[25GB]
音声
(音声+SMS+データ)
1,628円2,728円3,828円

*「データ高速プラン」「データ無制限プラン」は、2021年3月31日をもって新規申し込みを終了しています。

楽天モバイル同様に音声通話機能がないプランは用意されていません。月額料金もデータのみSIMを扱っている格安SIM(MVNO)と比較してしまうと、やや高いと感じてしまうかもしれませんが、安定した通信環境を求めている方には満足できるキャリアとなっています。

自宅のネット回線もしくはでんきをauのものでセットでまとめれば、毎月「自宅セット割」の割引を受けることも可能。その場合、くりこしプランS +5Gは990円、くりこしプランM +5Gは2,090円、くりこしプランL +5Gは2,970円と格安で維持することが可能になります。

またUQモバイルは高速通信と低速通信を切り替えることができる「ターボ機能」が存在します。

低速通信時では最大通信速度は300Kbpsとなりますがデータ容量を消費することなく使うことができます。逆に高速通信時の最大通信速度は、225Mbpsとなっていますがデータ容量を消費して使うことになります。

UQモバイル ターボ機能

▲ターボ機能

例えば、テキスト作業やネット閲覧などのあまりデータを消費しない作業をする際は「低速通信」に、動画やゲームなど大容量データを扱うアプリをする際は「高速通信」と切り替えて、消費データを節約することが可能です。

iPadやノートパソコンを利用する中で通信速度が速い格安SIMを探しているなら、UQモバイルを申し込んでみるといいでしょう。

UQモバイルで人気機種が期間限定値下げ中!

UQモバイルで今すぐお得に格安SIMを手に入れるにはこちらをタップ!

※6/10よりiPhone 12の取り扱い開始!

iPad・ノートパソコンで格安SIMを使う際の5つのポイント

iPad・ノートPCで格安SIMを使う際のポイント

ここまでiPadやノートパソコンにおすすめの格安SIMをご紹介してきましたが、ここでは使う際に抑えておきたい5つのポイントをお伝えしていきます。

このポイントを抑えておくことで、iPadやノートパソコンをスムーズにネット接続できるようになります。

手元にSIMカードが届いたけど、使えないということがないようにしていきましょう。

ポイント

  • SIM対応の端末を選ぶ
  • 動作確認されているか確認する
  • SIMカードのサイズを確認する
  • 利用用途にあったデータ容量・格安SIMを選ぶ
  • データ通信専用のSIMを選ぶ

ポイント1. SIM対応の端末を選ぶ | iPadはセルラーモデル・ノートパソコンはLTE対応モデル

冒頭にもお伝えしましたが、iPadやノートパソコンにSIMを挿入して利用するには、SIMに対応したデバイスが必要になります。

iPadの場合、WiFi接続のみに対応した「WiFiモデル」とWiFiとモバイルデータに対応した「セルラーモデル」の2つが存在します。購入する際は、必ずセルラーモデルを選ぶようにしましょう。

ノートパソコンも同様に、WiFiや有線LANに対応したモデルと、SIMカードを挿入できるモデルが存在します。SIMカードが挿入できるモデルは、「LTE対応モデル」といわれることもあります。

ノートパソコンに関しては、まだまだLTE対応のモデルは少ないですが、有名所でいうと「Surface」がSIMカードを挿せる人気のパソコンとなっています。

ポイント2. 動作確認がされている端末か確認する | iPad mini6も動作確認済み

SIMカードが挿入できるデバイスとわかれば、次に動作確認が取れているかを確認しましょう。

格安SIMの各通信事業者では、ホームページに動作確認済端末として、問題なく利用できるか記載をしています。

以下は例として、mineoでのiPad mini6の動作確認状況です。

mineo iPad 動作確認

▲iPad mini6 (mineoでの動作確認)

mineoではドコモ・au・ソフトバンク回線を取り扱っていますが、全ての回線でデータ通信ができると確認されています。

このように正常に動作できる端末かということをあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

また、中には動作確認端末として記載されていないデバイスもありますが、実際にSIMカードを挿して使えたという報告があがっているものも多数あります。

使えないこともないかもしれませんが、その場合は自己責任で行うようにしましょう。

ポイント3. SIMカードのサイズを確認する | iPadはeSIMに対応したモデルもあり

格安SIMを申し込む際には、デバイスに対応しているSIMカードのサイズを必ず確認しましょう。

SIMカードは主に、3つのサイズが存在します。

SIMサイズ

標準SIM・microSIM・nanoSIMがあり、現在販売されているiPadやノートパソコンのほとんどがnanoSIMを採用していますが、中にはmicroSIMや古いモデルだと標準SIMを採用しているものもあります。

SIMカードを用意してもサイズがあわないとなれば、デバイスに挿し込むことができずSIM交換を依頼する手間がでてきてしまいます。SIM交換には費用が発生することもあるので、申込み前に確認をするようにしましょう。

マルチSIMが届いた際は、サイズを間違えないように切り離してくださいね。

またeSIMを利用したい場合は、eSIM対応のiPadを用意しましょう。

eSIM対応 iPad

  • 11インチiPad Pro(第1世代以降)
  • 12.9インチiPad Pro(第3世代以降)
  • iPad Air(第3世代と第4世代)
  • iPad(第7世代以降)
  • iPad mini(第5世代と第6世代)

ポイント4. 利用用途にあったデータ容量や格安SIMを選ぶ

iPadやノートパソコンをどのように使っていくかで、選ぶ格安SIMやプランも決まってくるでしょう。

大容量データを使う際は自宅のWiFi環境下で、外出先では資料作成や調べ物をする程度というのであれば、小容量のプランで十分かもしれません。逆に外出先でも長時間の動画視聴やゲームなどをする方は、大容量プランを扱っている格安SIMから選んでみるといいでしょう。

またYou Tubeや音楽ストリーミングサービスをよく利用するという方は、ビッグローブモバイルのエンタメフリー・オプションをうまく活用してみてください。

ポイント5. データ通信専用のSIMを選ぶ

格安SIMの通信事業者によっては「音声」「データ」「SMS」とプランの種類が細かくわかれて用意されていることがあります。

SIMの種類

音声通話SIM : 音声通話・SMS・データ通信ができる

SMS+データ通信SIM : SMS・データ通信ができる

データ通信専用SIM : データ通信のみできる

プランの種類によっても、月額料金は異なります。対応している機能が多ければ多いほど、月額料金は高くなる傾向にあります。

そのため、iPadやノートパソコンでは通話機能を搭載していないので、わざわざ音声通話SIMを選択する必要はありません。データ通信ができるSIMを選択すれば、月額料金を抑えることができます。

また利用するアプリによっては、SMSによる2段階認証が必要となるケースがあるので、そういったサービスを利用する予定がある方は、「SMS+データ通信」ができる格安SIMを選びましょう

iPad・ノートパソコンで格安SIMを使うメリット・デメリット

iPad・ノートPCで格安SIMを使う際のメリット・デメリット

iPadやノートパソコンを格安SIM以外で使うには、「ポケット型Wi-Fiに接続する」「フリーWiFiを利用する」「スマホのテザリングを使う」などといった方法があるでしょう。

しかしここでは、格安SIMを使うことを強くおすすめします。

ここではその理由について、iPadやノートパソコンを格安SIMで使うメリット・デメリットと絡めながらお伝えしていきます。

メリット

iPadやノートパソコンで格安SIMを使うメリットは、以下の通りです。

ココがおすすめ

  • デバイスを起動してすぐにネットに繋がる
  • WiFiスポットを探す手間がない
  • ポケット型Wi-Fiと2台持ちする必要がなくなる
  • スマホからテザリングする必要がなくなる
  • セキュリティ面で安全に利用できる

やはり1番大きなメリットとしては、iPadやノートパソコンを起動した瞬間にネット接続ができるといった点でしょう。

今まで都度スマホのテザリング設定をしたり、WiFiスポットを探していた方なら、より魅力であると感じるはずです。ポケット型Wi-Fiで接続をしていたのであれば、2台持ちをする必要がなくなり、充電も余分にする必要がなくなります。

また仕事の大切な資料やデータを取り扱うことがあるのであれば、なおさら格安SIMでの利用をおすすめします。フリーWiFiは誰でもできるというメリットがある反面、セキュリティ面の不安もあります。

しかしiPadやノートパソコンにSIMカードを挿し込んでしまえば、これらのことは全て解決できてしまいますのでメリットはかなり大きいでしょう。

デメリット

iPadやノートパソコンで格安SIMを使うデメリットは、以下の通りです。

ココがダメ

  • 月額料金がかかる
  • 自分でAPN設定する必要がある

格安SIMを契約すれば月額料金が発生するのはしかたがないことです。

ただポケット型Wi-Fiの月額料金と比較すると、安価な価格設定であるといえます。ポケット型Wi-Fiは月額4〜5千円程度かかりますので、データ利用料に応じてプランが選択できる格安SIMは、余計な費用を払うことなく使うことができるでしょう。

また格安SIMを利用する際にはAPN設定が必要になってきますが、これは初回のみです。フリーWiFiのように1回1回接続が必要になるというものではないので、手間を省くことができます。

またフリーWiFiは時間制限を設けていることもあるので、時間に追われることなく作業ができるようになるので、格安SIMを試してみる価値は大いにあるでしょう。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPadは格安SIMで使える?

キャリアで購入したiPadは格安SIMでも使える?

各大手キャリアではiPadを取り扱っています。ドコモやau、ソフトバンクで購入したiPadを、格安SIMで利用したいといった方も中にはいるでしょう。

iPadは利用者が多いこともあり、ほとんどの格安SIMで動作確認が取れている状況です。

ただキャリアで購入したiPadを格安SIMで利用する際には、SIMロックの解除が必要になるケースが多いです。

SIMの回線タイプによっては、SIMロック解除が不要な場合もありますが、色んな格安SIMで利用する可能性があるのであれば、事前にSIMロック解除しておくことをおすすめします。

SIMロック解除とは

キャリアで購入したiPadは、購入したキャリアのSIMしか反応しないようにロックがかけられています。そのロックを解除してあげることで、他社のSIMでも利用できるようになります。

iPadがSIMフリーになっているか確認する方法

もし持っているiPadがSIMフリーになっているか再度確認したい場合は、以下の手順で確認ができます。

SIMロック確認

設定 > 一般 > 情報 > SIMロック

SIMロックの項目に「SIMロックなし」と表示されていれば、SIMロック解除されている状態です。

iPadをSIMロック解除する方法

ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPadのSIMロックを解除するには、以下の3つの方法があります。

SIMロック解除方法

  • 電話窓口(ドコモのみ)
  • ショップ
  • キャリアのマイページ

SIMロック解除には通常3,300円の手数料が発生します。

しかし各キャリアのマイページからであれば、手数料は無料です。

ただ解約済みの場合は、ショップでしかSIMロック解除ができませんので注意しましょう。

中古でiPadを購入する際の注意点

中古iPad 注意点

この記事を読んでいる方の中には、これからiPadを購入する方もいるかもしれません。

iPadを中古で探している方は「せっかくiPadを購入したのに使えない」といったことにならないように、これからお伝えする注意点を事前に確認しておきましょう。

ネットワーク利用制限に注意

中古でiPadを購入する際は、ネットワーク利用制限にかかっている端末ではないことを確認しておいてください。

制限がかかっていると、SIMカードを挿しても電波を受信できないので使うことができません。

判定

◯ : 利用可能(機種代金が完済され問題なく利用できる)

▲ : 利用できなくなる可能性あり(現状利用できていても、分割支払金が滞ってしまったり不正契約があった場合は通信が制限される)

✕ : 利用制限中(分割支払金が滞っていたり不正契約があった場合で、通信が行えない状態)

利用制限にかかっているかの確認は、以下のサイトからIMEI(製造番号)を入力することで調べることが可能です。

アクティベーションロックに注意

iPadやiPhoneなどにはアクティベーションロックといって、盗難や紛失をされた時に第三者に使われないようにロックをかける機能があります。これは「iPadを探す」をオンにしていると有効になるものですが、中古販売されているiPadではこの機能がオフになっていることを確認しておいてください。

もしアクティベーションロックがかかってしまった場合は、以前に利用していた方のApple IDとパスワードの入力が求められてしまい使うことができなくなってしまいます。

トラブルを避けるためにも、必ずこの2点は確認しておきましょう。

SIMなしになる?iPad・ノートパソコンにSIMカードを入れて接続する方法

iPad・ノートPC 接続

SIMカードが手元に届いたらiPadやノートパソコンにSIMカードを挿入しましょう。その際はSIMカードの向きに注意して入れてください。

SIMカードを入れたら後は、APN設定をする必要があります。APN設定を行うことで、ネットに接続ができるようになります。

iPadとノートパソコンでAPN設定の手順が変わりますので、それぞれ確認していきましょう。

iPadでAPN設定をする

iPadでAPN設定をする手順は以下の通りになります。

  1. 構成プロファイルインストールする
  2. iPadの「設定」をタップ
  3. 「プロファイルがダウンロードされました」をタップ
  4. プロファイル画面で「インストール」をタップ
  5. 承諾画面で「次へ」をタップ
  6. 警告画面で「インストール」をタップ
  7. 再度「インストール」がでてくるのでタップ
  8. インストール完了画面で「完了」をタップ

iPadでネット接続ができるか確認して完了です。

構成プロファイルは、申し込みをしたSIMカードと一緒に送られてくるスタートガイドにダウンロード方法が記載されているので、そちらを参考にしてください。

ノートパソコンでAPN設定をする

ノートパソコンでAPN設定をする手順は以下の通りになります。

  1. PCの「設定」をクリック
  2. 「ネットワークとインターネット」をクリック
  3. 「携帯電話」をクリック
  4. 「詳細オプション」をクリック
  5. 「インターネットAPNの追加」をクリック
  6. APN設定に必要な情報を入力し「保存」をクリック
  7. 画面を戻り「携帯電話」画面で接続済みとなっていれば完了

ノートパソコンでネットに接続して繋がれば問題ありません。

APN設定に必要な情報は、以下の各キャリアのリンクからも確認ができます。

まとめ : iPad・ノートパソコンでおすすめの格安SIM

格安SIM おすすめ 比較

今回はiPadやノートパソコンでも利用できるおすすめの格安SIMをお伝えしてきました。

格安SIMは非常に種類が多く、どれを選べばいいのか迷う方もいるでしょう。しかし各キャリアごとに特徴があるので、自分の使い方にあわせたプランやサービスを提供している格安SIMを選ぶことがポイントになってきます。

最後に重要視したい項目別に、おすすめの格安SIMをまとめておきます。

おすすめの格安SIM

▼料金重視なら

▼5G・eSIMを使いたいなら

▼動画や音楽をギガフリーで楽しみたい方

iPhoneやiPad、スマホとノートパソコンなどうまく使い分けることができれば、データ容量を節約することができ月額料金の節約にも繋がってきます。

SMS機能付きのプランがいいのか、eSIMや5Gが必要なのかなどご自身の使い方と照らし合わせながら、格安SIMやプランを選んでみてください。

とりあえず費用をかけたくないという方は、楽天モバイルから試してみるといいでしょう。

データ量1GBまでなら月額0円!!

今すぐ格安SIMを楽天モバイルでお得に手に入れるにはこちらをタップ!

※端末実質0円キャンペーンも実施中

公式サイトでお得なキャンペーン実施中!

IIJmioで今すぐ格安SIMをお得に手に入れるにはこちらをタップ!

※おトクすぎて売り切れの機種もあります

-格安SIM

Copyright© iPhone大陸 , 2022 All Rights Reserved.