【4/11発売】auのGalaxy S24/Ultraが最大22,000円割引 | auオンラインショップ

【注目】楽天モバイル クーポン配布中!最大32,000円相当の還元も!

当サイトiPhone大陸の記事はPRを含みます。

格安SIM

月額0円の格安SIMがあるって本当!?おすすめ4選とほぼ0円運用の格安SIMも紹介!

月額0円の格安SIMおすすめ4選!ほぼ0円運用の格安SIMも紹介!

月額0円格安SIMの代名詞として人気を博していた楽天モバイルですが突然、0円プランの廃止を発表しました。

「今まで楽天モバイルで0円運用をしていたけど、どこに乗り換えよう」

「今まで楽天モバイルは使っていないけど、これを機に月額0円の格安SIMを探してみよっかな」

というあなたに向けて本記事では月額0円の格安SIM特集をしていきたいと思います。1円スマホ1円iPhoneを購入して月額0円の格安SIMを使うのもありでしょう。

結論から言うと月額0円運用が可能な格安SIMは以下の4つです。

月額0円の格安SIM4選

LINEMOと楽天モバイルは0円プランはありませんが、キャンペーンの適用で数ヶ月実質無料で利用できます。

格安SIMで0円運用できるのは、povo 2.0とDTI SIMの2つだけです。

※本記事内の表示価格は全て税込み表示です。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\楽天モバイルでiPhoneが買える!しかも端末代4キャリア最安値/

楽天モバイルのお申し込みはこちらをタップ!

※iPhone15 Proの在庫あり!

 

>>最新の【楽天モバイル クーポン】はこちら
>>【楽天モバイルの評判】はこちら

※2024年5月18日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトを確認してください。

auお得注意報!

Galaxy S23 FE機種変更おトク割

auオンラインショップで使えるキャンペーン au Online Shop SIM乗りかえ特典

5G機種変更おトク割 Google Pixel 8aへの機種変更がいきなりおトク!

auオンラインショップ SPECIAL SALE

au Xperia 1 VI機種変更おトク割

auではiPhone15シリーズやGalaxy S24/S24 Ultra、Xperia 1 VI、Pixel 8a、Galaxy A55 5G、Redmi Note 13 Pro、Galaxy Tab S9 FE+ 5Gなどの新型スマートフォンやタブレットが続々登場!

それに伴い、auオンラインショップではお得なキャンペーンを多数実施しています。

新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーへの還元も怠らないのがauの魅力。機種変更なら最大27,500円、他社からの乗り換えなら最大44,000円の還元が受けられちゃいます!

そして、スマホの買い替えで分割払いを検討している方には24回払いの「スマホトクするプログラム」がおすすめ!

機種に応じた残価を最終回分の支払いに設定し、25ヶ月目に端末を返却すると残価がまるっと免除される購入方法です。超カンタンにお伝えすると、実質半額程度の負担で2年ごとに新しいスマホが使える購入サポート。

例えば..

機種/定価 新規契約 乗り換え 機種変更
Galaxy S24
(256GB)
144,800円
実質68,800円~
(初回2,998円+2,991円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
実質74,300円~
(初回3,240円+3,230円×22回)
Galaxy S24 Ultra
(256GB)
224,800円
実質114,800円~
(初回4,998円+4,991円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
実質120,300円~
(初回5,240円+5,230円×22回)
Xperia 1 VI
214,800円(NEW)
実質123,800円~
(初回5,396円+5,382円×22回)
実質112,800円~
(初回4,912円+4,904円×22回)
実質112,800円~
(初回4,912円+4,904円×22回)
iPhone 15
145,640円~
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
iPhone 14
127,900円~
実質33,047円~
(初回1,455円+1,436円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質38,547円~
(1,697円+1,675円×22回)
Pixel 8a
80,000円
実質11,047円~
(初回487円+480円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質5,547円~
(245円+241円×22回)
Galaxy A55 5G
77,000円
実質36,400円~
(初回1,596円+1,582円×22回)
実質25,400円~
(初回1,112円+1,104円×22回)
実質41,900円~
(1,838円+1,821円×22回)
Redmi Note 13 Pro 5G
41,800円
実質15,800円~
(初回708円+686円×22回)
実質4,800円~
(初回224円+208円×22回)
実質21,300円~
(928円+926円×22回)

※2024年6月17日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

Galaxy S24(256GB)なら通常価格は144,800円ですが、25ヶ月目に端末を返却すると65,000円が免除されるため、実質負担金は79,800円。

さらに22,000円割引を適用すると実質57,800円、月々2,513円(初回2,514円)で購入できちゃう! お得過ぎませんか!?

iPhone 14やPixel8aなら実質47円~購入できますよ!

そのほかauオンラインショップではSIM単体契約で10,000円相当還元も行っています。

もしあなたがスマホや携帯会社の切り替えを検討していたり、auでの機種変更を考えているなら、一度auオンラインショップを覗いてみてくださいね。

機種変更なら午前11時45分までの注文完了で当日の18時~22時に商品を届けてくれます(地域限定)

\オンライン購入アドバイザーに無料相談しながら手続きできる!/
auオンラインショップ公式 : https://www.au.com/mobile/onlineshop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

auオンラインショップはこちらをタップ!

※au Online Shop お得割実施中

>>最新の【au キャンペーン】はこちら
>>auショップ 待ち時間対策はこちら

格安SIMを月額0円で運用できるおすすめ4選

月額0円で運用できるおすすめの格安SIMは、以下の4つです。

おすすめ

上記4つのおすすめ格安SIMのプランについて詳しく解説していきますね。

LINEMO|キャンペーンでプランが数ヶ月実質無料

LINEMOはキャンペーンの適用で、プランを数ヶ月実質無料で運用できます。

LINEMOを数ヶ月0円運用できるキャンペーンは、以下のとおりです。

キャンペーン名 内容
ミニプラン基本料最大3カ月間実質無料キャンペーン 最大3ヶ月間分のPayPayポイントが還元される
スマホプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン 10,000円相当のPayPayポイントプレゼント
LINEMOおかえりだモンキャンペーン ・ミニプランは2,000円相当の還元
・スマホプランは4,000円相当の還元

LINEMOは3GB月額990円(税込)・20GB月額2,728円(税込)の、2つのプランがあります。

プラチナバンド対応のソフトバンク回線を使っているため、安定した高速通信で利用できるのがメリットです。

キャンペーンを適用すればPayPayポイントの還元で数ヶ月間は実質0円で運用できるので、ぜひ契約を検討してみてください。

LINEMO公式 : https://www.linemo.jp/

最大10,000PayPayポイント還元中!

今すぐLINEMOをお得に申し込むにはコチラをタップ!

※月々990円~LINEのトークや通話などはギガフリーで使える!

LINEMO
LINEMO

>>最新の【LINEMO キャンペーン】はこちら
>>【LINEMOの評判】はこちら

楽天モバイル|キャンペーンで数ヶ月実質無料

楽天モバイル Rakuten最強プラン

楽天モバイルも、キャンペーンで数ヶ月実質無料で利用できる格安SIMです。

楽天モバイルを実質0円運用できるキャンペーンは以下のとおりです。

キャンペーン名 内容
Rakuten最強プランはじめてお申し込み特典 乗り換えで6,000ポイント
楽天モバイル×楽天カード 14,000ポイント

楽天モバイルでは上記の他にも端末セットキャンペーンがあり、Androidは最大12,000ポイント・iPhoneは最大22,000ポイントが還元されます。

楽天モバイルは使ったデータ容量分だけ支払うプランを提供しており、20GB以降は月額3,278円(税込)でデータ容量無制限です。

またRakuten Linkを使って通話をすれば、どれだけ長時間通話しても通話料は無料です。

コスパに優れた楽天モバイルを、キャンペーンを利用してお得に契約しましょう。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\楽天モバイルでiPhoneが買える!しかも端末代4キャリア最安値/

楽天モバイルのお申し込みはこちらをタップ!

※iPhone15 Proの在庫あり!

 

>>最新の【楽天モバイル クーポン】はこちら
>>【楽天モバイルの評判】はこちら

povo 2.0|基本料金0円

povo ロゴ

povo2.0は基本使用料無料で契約できる、au回線を使った格安SIMです。

必要なときに必要なデータ容量をトッピングすればいいので、使わないときは無料で維持できます。

povo2.0のプラン料金は以下のとおりです。

トッピング 料金
データ使い放題 330円/回
データ追加1GB 390円/回
データ追加3GB 990円/回
データ追加20GB 2,700円/回
データ追加60GB 6,490円/回
データ追加150GB 12,980円/回

auと同じ高品質な回線を利用できるので、通信速度や安定性に問題ありません。

povo2.0は普段は自宅のWi-Fiでネットを使っている方や、毎月のデータ使用量にバラつきがある方におすすめです。

povo公式 : 音声プラン(https://povo.jp/)
povo公式 : データ専用プラン(https://povo.jp/)


>>最新の【povo キャンペーン】はこちら
>>【povoの評判】はこちら

DTI SIM|3GBが半年間無料

DTI SIM

DTI SIMは、プロバイダーとして20年の実績を持つドコモ回線を使った格安SIMです。

毎月3GBを半年間無料で利用できるお試しプランがあり、通信品質を確かめることができます。

DTI SIMの料金プランは以下のとおりです。

データ容量 月額料金
1GB 1,320円
3GB 1,639円
5GB 2,112円
10GB 3,080円
毎日1.4ギガ使い切り 3,190円

お試しプランは毎月3GBを半年間無料で利用でき、7ヶ月目以降は月額924円(税込)で利用できます。

通常プランより安く利用できるので、初めてDTI SIMを契約する方はお試しプランを契約しましょう。

しかし、お試しプランはデータ回線のみの利用であり、通話はできないの注意しましょう。

DTI SIMの詳細はコチラ

【音声通話SIM】月額0円ではないけど安いおすすめ格安SIM4選

月額0円での運用はできませんが、プラン料金が非常に安い格安SIMを4社紹介します。

  • mineo
  • HISモバイル
  • 日本通信SIM
  • リンクスメイト

どの格安SIMもネットと通話を利用できて月額500円前後、500円以下で利用できます。

毎月の通信費をとにかく抑えたい方は、上記4社から選びましょう。

mineo|月額250円(税込)でネットが使い放題

mineo マイそく

mineoが提供している「マイそく」プランは、最安月額250円(税込)でネットが使い放題のプランです。

「マイそく」のプラン料金は以下のとおり。

プラン 月額料金
スーパーライト
(最大32kbps)
250円
ライト
(最大300kbps)
660円
スタンダード
(最大1.5Mbps)
990円
プレミアム
(最大3Mbps)
2,200円

マイそくは通信速度が制限される代わりに、格安料金でネットが使い放題になります。

平日12時台は最大32kbpsされるため、お昼にネットを使う方は要注意です。

普段はWi-Fiを利用しスマホではメールや電話がほとんどの方は、mineoの「マイそく」プランを契約しましょう。

マイそくの詳細はコチラ

HIS Mobile|月額最安290円で利用可能

HISモバイルは月額最安290円(税込)で利用できる、株式会社エイチ・アイ・エスが運営している格安SIMです。

HISモバイルのプラン料金は以下のとおりです。

データ容量 月額料金
1GB 550円
(100MB未満の月は290円)
3GB 770円
7GB 990円
20GB 2,190円
5分かけ放題付き

HISモバイルは通話料9円/30秒で利用でき、データ容量のプラン料金も安いので通信費の節約ができます。

毎月のデータ使用量が100MB以内なら、月額290円(税込)で利用可能。

契約期間に縛りがなく解約金は無料、MNP転出手数料も無料なので契約しやすいでしょう。

人気の新機種続々取り扱い!

今すぐスマホをHISモバイルでお得に手に入れるにはこちらをタップ!

SIMと同時契約で¥110~/月 ※24回払い

最新の【HISモバイル キャンペーン】はこちら

日本通信|1GBが月額290円で利用できる

日本通信SIMはドコモ回線を使っており、日本通信株式会社が運営している格安SIMです。

最安で1GBを月額290円(税込)で利用でき、通話料は専用アプリ不要で11円/30秒と他社より安く利用できます。

また「合理的みんなのプラン」は10GBで月額1,390円で、70分の無料通話付きです。

日本通信SIMは基本月額料金が安く通話料も半額なので、データ使用量が1GBに収まる方におすすめです。

日本通信SIMはコチラ

【データ通信専用SIM】ほぼ月額0円の格安SIMおすすめ4選

100円台から200円台で運用可能なデータ通信専用SIMの価格でランキングを作成しました。

データ通信専用SIMにおいて月額ほぼ0円(数百円)で運用できる格安SIMランキングは以下の通りです。

データ通信専用SIM 価格ランキング

  • IIJmio|月額165円~
  • HIS Mobile|月額198円~
  • b-mobile|月額209円~
  • LinksMate|月額165円~

では上記4つのデータ通信専用SIMについて詳しく解説していきますね。

IIJmio|月額165円~

2021.11.18_IIJmio

データ通信専用SIMの月額ほぼ0円(数百円)格安SIMランキング2位は「IIJmio」です。

IIJmioのデータプラン ゼロはeSIMのみ対応で回線の維持だけなら月額165円でできるデータ通信専用SIMです。

必要に応じデータ通信容量を追加購入していく形になります。

では早速プランを見てみましょう。

月額料金

165 円/月

追加データ量 1GB

330 円

追加データ量 2GB〜10GB

495 円 

回線

ドコモ

プロファイル再発行手数料

0 円 

初期費用 3,300円

IIJmioのデータプラン ゼロはデータ通信しない月は月額165円で回線の維持が可能です。

データ通信をする場合は必要に応じデータ容量を追加して使用することになります。

追加データ容量の価格は最初の1GBは330円でその後の2~10GBは1GB当たり495円できます。

では追加容量ごとの合計価格を表にまとめたのでご覧ください。

データ容量 合計金額
(基本料金+データ容量料金)
基本料金
(0GB)
165円
1GB 495円
2GB 990円
3GB 1,485円
4GB 1,980円
5GB 2,475円
6GB 2,970円
7GB 3,465円
8GB 3,960円
9GB 4,455円
10GB 4,950円

月額料金165円は業界最安値級です。

基本的にはデータ容量を追加することがなく、回線の維持だけであればIIJmioのデータプラン ゼロも候補の一つとなるでしょう。

回線だけ維持しデータ通信がプランに含まれていないとなるとpovo 2.0とどちらにしようか迷いますよね?

IIJmioのデータプラン ゼロとpovo 2.0の基本仕様を比較しましたのでご覧ください。

項目 IIJmio povo 2.0
基本料金

165 円

0円
容量追加

330 円(1GB)
495円(2~3GB)

1GB:390円/7日
3GB:990円/30日
回線

ドコモ

au
条件 無し 180日以内に有料トッピング

上表の通り基本料金だけ見るとpovo 2.0の方が優勢かと感じますがpovo 2.0は180日以内に有料トッピングをする必要があります。

どちらがより安いのか3パターンに分けて1年間の料金を計算してみましょう。

IIJmioのデータプラン ゼロ VS povo 2.0

  • 6か月間容量追加無し(povo 2.0は有料トッピングを180日に1回する必要があるため1GB容量追加2回)
  • 毎月1GB容量追加
  • 2か月に1回1GB容量追加

パターン①:12か月間容量追加無し(povo 2.0は有料トッピングを180日に1回する必要があるため1GB容量追加2回)

IIJmio
1年間の料金=165円(基本料金)×12=1,980円

povo 2.0】
1年間の料金=0円(基本料金)×12+390円(1GB)×2=780円

povo 2.0の方が年間1,200円安い!

パターン②:毎月1GB容量追加

IIJmio
1年間の料金=165円(基本料金)×12+330円(1GB)×12=5,940円

povo 2.0】
1年間の料金=0円(基本料金)×12+390円(1GB)×12=4,680円

povo 2.0の方が年間1,260円安い!

パターン③:2か月に1回1GB容量追加

IIJmio
1年間の料金=165円(基本料金)×12+330円(1GB)×6=3,960円

povo 2.0】
1年間の料金=0円(基本料金)×12+390円(1GB)×6=2,340円

povo 2.0の方が年間1,620円安い!

計算結果から、金額面でいえばpovo 2.0の方が安いことが分かりました。

しかしpovo 2.0の1GBトッピングの有効期限は7日間です。

もし30日間少しずつ常に使いたいのであればIIJmioの方が安くなる可能性もあるので注意して下さい。

また、povo 2.0はau回線でIIJmio データプラン ゼロはドコモ回線です。

もしあなたがドコモ回線の方がいいのであればIIJmioを選ぶこともおすすめできるでしょう。

IIJmio公式 : https://www.iijmio.jp/

公式サイトでお得なキャンペーン実施中!

IIJmioで今すぐスマホをお得に手に入れるにはこちらをタップ!

※おトクすぎて売り切れの機種もあります

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)

>>最新の【IIJmio キャンペーン】はこちら
>>【IIJmioの評判】はこちら

HIS Mobile|月額198円~

データ通信専用SIMの月額ほぼ0円(数百円)格安SIMランキング3位は「HIS Mobile」です。

HIS Mobileのビタッ!プランはデータ通信専用SIMであり100MBで月額198円です。

このプランは使用データ量に応じ自動的に段階的に価格が上昇していくタイプのSIMです。

ではさっそくHIS Mobileのビタッ!プランを見てみましょう。

項目 ビタッ!プラン
データ通信 100MB 198円
2GB 770円
5GB 1,320円
10GB 2,310円
15GB 3,300円
30GB 5,775円
SMS利用
(ドコモ回線のみ)
154円
容量追加(30GB超) 330円/1GB
回線 ドコモ、ソフトバンク

上表の通り、月に100MBまでのデータ使用量であれば198円ですが100MBを超え2GB以下となると月額770円になります。

せっかくなるべく安いSIMを探したのに100MBを超えてしまって770円も請求されたらショックですよね?

そんな場合は下の画像のようにスマホの設定で「1か月のデータ通信量上限」を100MBより少なく設定しておくことをオススメします。

1か月のデータ通信量上限を設定しておくことでそのデータ通信容量より多く使用することを未然に防ぐことが出来ます。

よって確実に100MB以下となり月額197円で運用可能となるのです。

ポイント

HIS Mobileのビタッ!プランは月に100MB以下のデータ通信であれば、198円でデータ通信専用SIMの運用が可能!

注意

HIS Mobileのビタッ!プランはデータ使用量に応じ自動的に価格も段階的に上昇していきます。
100MBを超え2GB以下の場合は価格が770円になるので要注意です。
確実に100MB以下にしたいのであればスマホの設定で「1か月のデータ通信量上限」を設定することをオススメします。

人気の新機種続々取り扱い!

今すぐスマホをHISモバイルでお得に手に入れるにはこちらをタップ!

SIMと同時契約で¥110~/月 ※24回払い

最新の【HISモバイル キャンペーン】はこちら

b-mobile|月額209円~

データ通信専用SIMの月額ほぼ0円(数百円)格安SIMランキング4位は「b-mobile」です。

b-mobileの190 Pad SIMはデータ通信専用SIMであり100MBで月額209円です。

このプランは使用データ量に応じ自動的に段階的に価格が上昇していく価格設定のSIMです。

ではさっそくb-mobileの190 Pad SIMを見てみましょう。

項目 190 Pad SIM 
データ通信 100MB 209円
1GB 528円
3GB 935円
6GB 1,595円
10GB 2,409円
15GB 3,608円
回線 ドコモ、ソフトバンク

上表の通り、月に100MBまでのデータ使用量であれば209円ですが100MBを超え1GB以下となると月額528円になります。

せっかくなるべく安いSIMを探したのに100MBを超えてしまって528円も請求されたらショックですよね?

そんな場合は下の画像のようにスマホの設定で「1か月のデータ通信量上限」を100MBより少なく設定しておくことをオススメします。

1か月のデータ通信量上限を設定しておくことでそのデータ通信容量より多く使用することを未然に防ぐことが出来ます。

よって確実に100MB以下となり月額209円で運用可能となるのです。

ポイント

b-mobileの190 Pad SIMは月に100MB以下のデータ通信であれば、209円でデータ通信専用SIMの運用が可能!

注意

b-mobileの190 Pad SIMはデータ使用量に応じ自動的に価格も段階的に上昇していく。
100MBを超え1GB以下の場合は価格が528円になるので要注意。
確実に100MB以下にしたいのであればスマホの設定で「1か月のデータ通信量上限」を設定することをオススメします。

LinksMate|月額165円~

データ通信専用SIMの月額ほぼ0円(数百円)格安SIMランキング1位は「LinksMate」です。

LinksMate(リンクスメイト)は100MBのデータ通信プランが月額165円です。

また、他社のSIMには無いほど細かくデータ通信容量のプランが区切られており、あなたに最適なプランを選択することが可能となっています。

ではさっそくLinksMateのデータ通信専用のプランを見てみましょう。

項目 データ通信のみ
データ通信 100MB 165円
200MB 275円
300MB 308円
400MB 330円
500MB 363円
1GB 385円
2GB 418円
3GB 550円
4GB 726円
5GB 858円
6GB 990円
7GB 1,111円
8GB 1,254円
9GB 1,353円
10GB 1,518円
 回線 ドコモ
事務手数料 0円(送料1,100円)

データ通信量のプランは実際には12GB、14GB、16GB、18GB、20GB、、、と細かくプランがあり最大は1TB(1000GB)まであります。

データ通信専用SIMではプランの充実、価格ともにとても優れたSIMです。

回線維持だけのための場合でも少量使う場合でもLinksMateは最もオススメの格安SIMと言えるでしょう。

ポイント

データ通信専用SIMで100MB/165円は最安値!
その他のプランも細かく設定がありどれもデータ容量と価格においてオススメのSIM!

Links Mate公式サイトはコチラ

 

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

格安SIM 月額0円に関するよくある質問

格安SIM 月額0円に関するよくある質問をまとめましたのでご覧ください。

Q:月額0円のSIMでカーナビに使える?

月額0円のSIMではカーナビに使うのは難しいでしょう。

グーグルマップやYahoo!カーナビなどのアプリを使いスマホをカーナビとして使用する場合は最低500kbps以上は必要です。

500kbps未満の場合は地図表示や現在位置の遅延が生じ、カーナビとして機能しない可能性が高いでしょう。

本記事でも紹介しましたが月額0円のSIMは「楽天モバイル」「povo 2.0」「donedone」があります。

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMITⅥ」であれば1GBまで0円且つ十分な通信速度がありますが2022年6月30日をもって新プランへの移行となり0円運用は不可能になります。

残りの「povo 2.0」「donedone」で考えた場合、双方ともに通信速度は最大128kbpsです。

カーナビのSIMとして使えるものではないので月額0円のSIMでカーナビの運用は難しいと言えるでしょう。

別の方法として、カーナビ用のスマホをメインSIMのテザリングで運用する方法をおすすめします。

通信量は移動距離や使用環境にもよりますが1時間に3~6MB程度です。

毎日1時間カーナビを使用したとしても6MB×30日=180MB程度となります。

あなたがもし月に180MB以上データ通信が余っているのであれば実質0円運用が可能となりオススメですよ。

Q:b-mobileの基本料0円SIMはまだある?

b-mobileの基本料0円SIMの利用開始手続きは2019年8月20日にて終了しています。

現在利用中の方は引き続き利用可能なので安心して下さいね。

詳細な情報はb-mobile公式HP「bモバイル 旧パッケージ商品の利用開始手続き終了についてのお知らせ (2019.5.22)」をご覧ください。

Q:So-netの0 SIMはまだ利用できる?

So-netの0 SIMは2020年8月31日でサービス提供を終了しているためご利用することはできません。

詳しくはSo-net公式HP「0 SIMサービス提供終了のお知らせ」をご覧ください。

Q:楽天モバイルで0円運用ができるのはいつまで?

楽天モバイルで実質0円運用ができるのは2022年10月末までです。

但し2022年6月30日までにRakuten UN-LIMITⅥを契約している必要があります。

2022年7月1日からはRakuten UN-LIMITⅥのプランが廃止され新プランRakuten UN-LIMITⅦとなり0円運用ができなくなるので注意して下さい。

楽天モバイルの1GB以内月額0円に関する情報は下記記事にて詳しく記載しています。

気になる方は是非ご覧ください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

\楽天モバイルでiPhoneが買える!しかも端末代4キャリア最安値/

楽天モバイルのお申し込みはこちらをタップ!

※iPhone15 Proの在庫あり!

 

>>最新の【楽天モバイル クーポン】はこちら
>>【楽天モバイルの評判】はこちら

まとめ

月額0円運用が可能な格安SIMは以下の4つです。

月額0円の格安SIM4選

2022年6月2日現在で月額0円の格安SIMは、圧倒的にLINEMOがオススメです。

プラチナバンド対応のソフトバンク回線で通信速度は安定しており、LINE使用時はデータ容量を消費しません。

通話料を0円で利用できデータ容量もキャンペーンで数ヶ月間は実質無料。

コスパに優れているので、LINEの使用頻度が高い方はLINEMOを利用しましょう。

楽天モバイルお得情報!

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

格安SIMを目的別に探す
格安SIMの速度ランキング 格安SIM キャッシュバック 格安SIM 最安
口座振替ができる格安SIM デビットカードが使える格安SIM 後悔しない格安SIM
ドコモ回線の格安SIM au回線の格安SIM ソフトバンク回線の格安SIM
eSIM対応の格安SIM 学割がある格安SIM 通話無制限の格安SIM
格安SIM 端末セット 小中学生向けの格安SIM 格安SIM かけ放題 アプリ不要
格安SIM 1GB 格安SIM 3GB 格安SIM 大容量
格安SIM 月額0円 テザリングにおすすめの格安SIM 格安SIM 審査 緩い
ドコモエコノミーの格安SIM 音声通話のみで最安の格安SIM 格安SIM 比較表
実店舗がある格安SIM 事務手数料無料の格安SIM 格安SIM 5G対応状況
格安SIMをiPhoneで使うデメリット 格安SIM iPhone キャンペーン 格安SIM 無制限
格安SIM iPhone14 格安SIM iPhone13 格安SIM iPhone12
格安SIM iPhoneSE3 格安SIM iPhoneSE2 格安SIM iPad セット
格安SIMのApple Watch セルラーモデル対応 格安SIM au回線 格安SIM auから
格安SIM Galaxy S22 格安SIM Galaxy S23 格安SIM AQUOS Sense5G
格安SIM ZenFone9 格安SIM Nothing Phone(1) 格安SIM Xiaomi 12T Pro
格安SIM Xperia 1 V 格安SIM Xperia 5III 格安SIM Pixel 7a
格安SIM Pixel7    
  • この記事を書いた人
iPhone大陸

iPhone大陸運営事務局

格安SIMの「ロケットモバイル」を提供する株式会社IoTコンサルティングが運営しています。「IoT」という手段を通して、世の中を効率化し、生産性を上げていくことをミッションに抱えています。年々高騰するスマートフォンや頻繁に変化する格安SIMを後悔せず選べるように「iPhone大陸」を運営しております。

-格安SIM

© Copyright - 株式会社 IoTコンサルティング All Rights Reserved.