【4/11発売】auのGalaxy S24/Ultraが最大22,000円割引 | auオンラインショップ

【注目】楽天モバイル クーポン配布中!最大32,000円相当の還元も!

当サイトiPhone大陸の記事はPRを含みます。

ROG Phone 7 ROG Phone 7 Ultimate

ROG Phone 7と7 Ultimateの違いを17項目で徹底比較!どっちを買うべき?

2023年7月21日に日本で発売が開始されたROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimate。ASUSが手掛ける最高級のゲーミングスマホです。

そこで気になるのが、ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateの違いですよね。

この記事では、ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateの違いを17項目に分けて徹底比較していきますよ。

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimate、どちらを買おうか迷っているあなた!

本記事を読めばその答えが見えてくるはずです。ぜひ購入前の参考にしてください。

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateの7つの違い

  1. ROG Phone 7の方が30,000円安い(RAM16GB/ROM512GBで比較)
  2. ROG Phone 7の方が7g軽い239g
  3. ROG Phone 7のカラーにはファントムブラックがある
  4. ROG Phone 7 Ultimateのみ「ROG VISION」対応
  5. ROG Phone 7 Ultimateは「AeroActive Cooler 7」付属(ROG Phone 7は別売りでAeroActive Cooler 6)
  6. 冷却性能はAeroActive Cooler 7を装着したROG Phone 7 Ultimateに軍配
  7. ROG Phone 7 UltimateにAeroActive Cooler 7を装着すれば、2.1chサウンド実現(ROG Phone 7は不可)

ゲーミングデバイスが勢ぞろい!!

ASUS Store公式サイトはこちら

※お得なセール・クーポンも多数用意!

【Androidスマホの最新情報】

2024年6月14日更新

auお得注意報!

Galaxy S24機種変更おトク割

auオンラインショップで使えるキャンペーン au Online Shop SIM乗りかえ特典

5G機種変更おトク割 Google Pixel 8aへの機種変更がいきなりおトク!

auオンラインショップ SPECIAL SALE

au Xperia 1 VI機種変更おトク割

auではiPhone15シリーズやGalaxy S24/S24 Ultra、Xperia 1 VI、Pixel 8a、Galaxy A55 5G、Redmi Note 13 Pro、Galaxy Tab S9 FE+ 5Gなどの新型スマートフォンやタブレットが続々登場!

それに伴い、auオンラインショップではお得なキャンペーンを多数実施しています。

新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーへの還元も怠らないのがauの魅力。機種変更なら最大27,500円、他社からの乗り換えなら最大44,000円の還元が受けられちゃいます!

そして、スマホの買い替えで分割払いを検討している方には24回払いの「スマホトクするプログラム」がおすすめ!

機種に応じた残価を最終回分の支払いに設定し、25ヶ月目に端末を返却すると残価がまるっと免除される購入方法です。超カンタンにお伝えすると、実質半額程度の負担で2年ごとに新しいスマホが使える購入サポート。

例えば..

機種/定価 新規契約 乗り換え 機種変更
Galaxy S24
(256GB)
144,800円(NEW)
実質68,800円~
(初回2,998円+2,991円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
Galaxy S24 Ultra
(256GB)
224,800円(NEW)
実質114,800円~
(初回4,998円+4,991円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
Xperia 1 VI
214,800円(NEW)
実質123,800円~
(初回5,396円+5,382円×22回)
実質112,800円~
(初回4,912円+4,904円×22回)
実質112,800円~
(初回4,912円+4,904円×22回)
iPhone 15
145,640円~
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
iPhone 14
127,900円~
実質33,047円~
(初回1,455円+1,436円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質38,547円~
(1,697円+1,675円×22回)
Pixel 8a
80,000円(NEW)
実質11,047円~
(初回487円+480円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質5,547円~
(245円+241円×22回)
Galaxy A55 5G
77,000円(NEW)
実質36,400円~
(初回1,596円+1,582円×22回)
実質25,400円~
(初回1,112円+1,104円×22回)
実質41,900円~
(1,838円+1,821円×22回)
Redmi Note 13 Pro 5G
41,800円(NEW)
実質15,800円~
(初回708円+686円×22回)
実質4,800円~
(初回224円+208円×22回)
実質21,300円~
(928円+926円×22回)

※2024年6月2日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

Galaxy S24(256GB)なら通常価格は144,800円ですが、25ヶ月目に端末を返却すると65,000円が免除されるため、実質負担金は79,800円。

さらに22,000円割引を適用すると実質57,800円、月々2,513円(初回2,514円)で購入できちゃう! お得過ぎませんか!?

iPhone 14やPixel8aなら実質47円~購入できますよ!

そのほかauオンラインショップではSIM単体契約で10,000円相当還元も行っています。

もしあなたがスマホや携帯会社の切り替えを検討していたり、auでの機種変更を考えているなら、一度auオンラインショップを覗いてみてくださいね。

機種変更なら午前11時45分までの注文完了で当日の18時~22時に商品を届けてくれます(地域限定)

\オンライン購入アドバイザーに無料相談しながら手続きできる!/
auオンラインショップ公式 : https://www.au.com/mobile/onlineshop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

auオンラインショップはこちらをタップ!

※au Online Shop お得割実施中

>>最新の【au キャンペーン】はこちら
>>auショップ 待ち時間対策はこちら

 

【結論】ROG Phone 7と7 Ultimateどっちを買うべき?

【結論】ROG Phone 7と7 Ultimateどっちを買うべき?

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateのどちらがおすすめかは、あなたの考え方によります。

ROG Phone 7、ROG Phone 7 Ultimateそれぞれどんな方におすすめなのか、紹介していきますね。

ROG Phone 7がおすすめな方

ROG Phone 7

ROG Phone 7がおすすめな方は以下の通りです。

ROG Phone 7がおすすめな方

  • 少しでも軽いスマホがいい
  • スマホのカラーは黒系がいい
  • 重たいゲームはそれほどしない
  • AeroActive Coolerは装着したくない
  • できるだけ安いスマホが欲しい

ROG Phone 7は239gと重たい部類のスマホです。しかし、ROG Phone 7 Ultimateは更に重く246gです。
なるべく軽いスマホがいいのであれば、比較的軽いROG Phone 7の方がいいでしょう。

また、ROG Phone 7はストームホワイトとファントムブラックの2色展開。
ROG Phone 7 Ultimateはストームホワイトの1色展開です。あなたがもし黒系が好きなのであれば、ROG Phone 7のファントムブラックがおすすめですよ。

ROG Phone 7、ROG Phone 7 Ultimateは共に快適にゲームをするのに最適なスマホとなっています。
重たいゲームを長時間プレイするのであれば、ROG Phone 7 Ultimateの方がオススメですが、少しプレイする程度ならROG Phone 7で十分すぎる性能です。
「ゲームはそこそこ」という使い方ならROG Phone 7で全く問題ないので安心してくださいね。

ROG Phone 7 Ultimateの方がよりゲームに向いているのは「AeroActive Cooler 7」を装着するからです。
もしあなたがAeroActive Coolerを何らかの理由でつけたくないのであれば、ROG Phone 7の方がオススメ。(装着するのが面倒、見た目的につけたくない、、、等)

ROG Phone 7 UltimateにはAeroActive Cooler 7が付属されていますが、ROG Phone 7は付属されていません。逆にその分、安い価格設定であることもポイントです。

RAM/ROM同容量で比較すると、30,000円もROG Phone 7の方が安いですよ。
ROG Phone 7の「RAM12GB/ROM256GB」とROG Phone 7 Ultimateを比較した場合、50,000円の差となります。
あなたの大事なお金を大切に使う意味でも、AeroActive Coolerに魅力を感じないのであれば、ROG Phone 7を選ぶ方が賢い選択かもしれませんね。

ゲーミングデバイスが勢ぞろい!!

ASUS Store公式サイトはこちら

※お得なセール・クーポンも多数用意!

ROG Phone 7 Ultimateがおすすめな方

ROG Phone 7 Ultimate

ROG Phone 7 Ultimateがおすすめな方は以下の通りです。

ROG Phone 7 Ultimateがおすすめな方

  • 「ROG VISION」を気に入っている
  • 重いゲームをたくさんする
  • 最高のサウンドでゲームや動画、音楽を楽しみたい
  • AeroActive Cooler 7を使いたい
  • スマホは価格より性能重視

ROG Phone 7 Ultimate本体背面には「ROG VISION」という、スマホの状態を示す表示ディスプレイがあります。
このROG VISIONはガジェット感があり、かっこいいです。ROG Phone 7にはROG VISIONがないので気に入ったのであれば、ROG Phone 7 Ultimateがおすすめですよ。

ASUSのROG Phoneシリーズを購入する方の多くは、ゲーム用途ではないでしょうか?
あなたもがっつりゲームをするつもりで、スマホを購入するのであればROG Phone 7 Ultimateが最適なスマホと言っても過言ではないです。

ROG Phone 7 Ultimateなら、付属のAeroActive Cooler 7を装着すれば重いゲームをしても抜群の冷却機能で、スマホのパフォーマンスを常に最大限引き出すことが可能。
更に、AeroActive Cooler 7には、13mm×38mmサイズの大型サブウーファーが搭載されているので2.1chサウンドも楽しめます。

重いゲームや動画視聴、音楽を聴くデバイスとしてもROG Phone 7 Ultimateはおすすめですよ。

ゲーミングデバイスが勢ぞろい!!

ASUS Store公式サイトはこちら

※お得なセール・クーポンも多数用意!

 

ROG Phone 7と7 Ultimateの違いをスペック一覧表で比較

ROG Phone 7 Ultimate スペック一覧表

「ROG Phone 7」と「ROG Phone 7 Ultimate」のスペックの違いを、一覧表で確認していきましょう。

項目 ROG Phone 7 ROG Phone 7 Ultimate
発売日 2023年7月21日 2023年7月21日
予約開始日 2023年7月19日 2023年7月19日
価格 RAM12GB/ROM256GB : 129,800円
RAM16GB/ROM512GB : 149,800円
RAM16GB/ROM512GB : 179,800円
サイズ 高さ173mm×幅77mm×厚み10.3mm 高さ173mm×幅77mm×厚み10.3mm
重量 239g 246g
カラー ストームホワイト
ファントムブラック
ストームホワイト
ROG VISION 非対応 対応
アウトカメラ 【広角カメラ】
5,000万画素/F値1.9
ソニー製IMX766イメージセンサー
(センサーサイズ1/1.56)
【超広角カメラ】
1,300万画素/F値2.2
【マクロカメラ】
500万画素/F値2.0
【広角カメラ】
5,000万画素/F値1.9
ソニー製IMX766イメージセンサー
(センサーサイズ1/1.56)
【超広角カメラ】
1,300万画素/F値2.2
【マクロカメラ】
500万画素/F値2.0
インカメラ 3,200万画素/F値2.4 3,200万画素/F値2.4
CPU Snapdragon 8 Gen 2 Snapdragon 8 Gen 2
冷却性能 GameCool 7
AeroActive Cooler 6(別売)
GameCool 7
AeroActive Portal機能
AeroActive Cooler 7(付属)
RAM/ROM 12GB/256GB
16GB/512GB
16GB/512GB
SDカード 非対応 非対応
ディスプレイ性能 6.78型 ワイドAMOLEDディスプレイ
Corning Gorilla Glass Victus
6.78型 ワイドAMOLEDディスプレイ
Corning Gorilla Glass Victus
リフレッシュレート 165Hz 165Hz
タッチサンプリングレート 720Hz 720Hz
最大輝度 1500nit 1500nit
バッテリー容量 6000mAh 6000mAh
急速充電 65W急速充電
(100%充電まで約44分)
65W急速充電
(100%充電まで約44分)
ワイヤレス充電 非対応 非対応
オーディオ 12mm×16mmのデュアルスピーカー 12mm×16mmのデュアルスピーカー
AeroActive Cooler 7使用で2.1chサウンド
(13mm×38mmサイズの大型サブウーファー搭載)
防水・防塵 IP54 IP54
イヤホンジャック 対応 対応
生体認証 指紋認証/顔認証 指紋認証/顔認証
5Gミリ波 非対応(Sub-6は対応) 非対応(Sub-6は対応)
おサイフケータイ 非対応 非対応
SIM nanoSIM×2
(eSIM非対応)
nanoSIM×2
(eSIM非対応)

参考:ROG Phone 7 スペック | ASUS公式ROG Phone 7 Ultimate スペック | ASUS公式
赤文字は優れているスペック

スペック一覧表だけ見ても、何となくの違いしか分からないですよね。

「ROG Phone 7」と「ROG Phone 7 Ultimate」のスペックを17項目に分けて、詳しく解説していきますよ。

ゲーミングデバイスが勢ぞろい!!

ASUS Store公式サイトはこちら

※お得なセール・クーポンも多数用意!

 

ROG Phone 7と7 Ultimateの日本発売日・予約開始日・価格の違いを比較

ROG Phone 7 Ultimate

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateの日本発売日・予約開始日・価格の違いは以下の通りです。

項目 ROG Phone 7 ROG Phone 7 Ultimate
発売日 2023年7月21日 2023年7月21日
予約開始日 2023年7月19日 2023年7月19日
価格 RAM12GB/ROM256GB : 129,800円
RAM16GB/ROM512GB : 149,800円
RAM16GB/ROM512GB : 179,800円

ROG Phone 7、ROG Phone 7 Ultimate共に日本での発売日は2023年7月21日で、予約開始日は2023年7月19日です

ROG Phone 7の価格は「RAM12GB/ROM256GB」タイプが129,800円
「RAM16GB/ROM512GB 」タイプは149,800円となります。

ROG Phone 7 Ultimateは「RAM16GB/ROM512GB 」タイプの一択で179,800円です。

RAM容量、ROM容量が同じROG Phone 7の「RAM16GB/ROM512GB 」タイプとROG Phone 7 Ultimateの価格差は30,000円となります。

後述するROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateのスペックの違いを加味して、どちらを購入するのか決めてくださいね。

 

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

ROG Phone 7と7 Ultimateのサイズ・重量の違いを比較

ROG Phone 7 Ultimate

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateのサイズ・重量の違いは以下の通りです。

項目 ROG Phone 7 ROG Phone 7 Ultimate
高さ 173mm 173mm ±0mm
77mm 77mm ±0mm
厚み 10.3mm 10.3mm ±0mm
重量 239g 246g +7g

※差=「ROG Phone 7 Ultimate」-「ROG Phone 7」

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateの大きさは共に高さ173mm×幅77mm×厚み10.3mmで全く同じです。

重量はROG Phone 7 Ultimateの方が7g重く、246gとなります

共に6.78型の大型画面のスマホとは言え、239gと246gはかなり重い部類のスマホ。少しでも軽いスマホがいいのであれば、ROG Phone 7の方がいいでしょう。

 

ROG Phone 7と7 Ultimateのデザイン・カラーバリエーションの違いを比較

ROG Phone 7 カラー

※ROG Phone 7

ROG Phone 7 Ultimate

※ROG Phone 7 Ultimate

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateのデザイン・カラーバリエーションの違いは以下の通りです。

項目 ROG Phone 7 ROG Phone 7 Ultimate
カラー ストームホワイト
ファントムブラック
ストームホワイト
ROG VISION 非対応 対応

ROG Phone 7のカラーはストームホワイトとファントムブラックの2色展開
ROG Phone 7 Ultimateのカラーはストームホワイトの1色のみです。

ROG Phone 7 Ultimate ROG VISION

ROG Phone 7 Ultimateの本体背面には、上画像の通り「ROG VISION」があります。ROG Phone 7にはこの「ROG VISION」がありません。

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateのデザインの大きな違いはこの「ROG VISION」の有無でしょう。

では、このROG VISIONは何ができるのでしょうか。

ROG Phone 7 Ultimate ROG VISION 表示

ROG VISIONは上の画像の通り、以下の6つの中の何れかを表示可能です。

ROG VISION

  • 画面オン
  • 充電状況
  • Xモード
  • 周辺機器の接続
  • 着信
  • ゲームプレイ中

Xモードってよく分からないですよね?調べてみたら、ASUS公式HP内で以下のように説明されています。

「Xモード」とはゲームプレイ時の専用の特殊モードです。
「Xモード」を有効にすると、ハードウェア処理の最適化を行います。
またバックグラウンドの全てのメモリを一度解放し、メモリをゲームに割り当て、ゲームデータの処理性能を最適化します。

引用:[ROG Phone] 「Xモード」とは何ですか? | ASUS公式HP

さすが、ASUSのゲーミングスマホなだけあって、凝ったデザインに仕上がっていますね。

ポイント

「ROG VISION」があるのは、ROG Phone 7 Ultimateだけ!

 

ROG Phone 7と7 Ultimateのアウトカメラ性能の違いを比較

ROG Phone 7 Ultimate カメラ

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateのアウトカメラ性能の違いは以下の通りです。

項目 ROG Phone 7 ROG Phone 7 Ultimate
アウトカメラ 【広角カメラ】
5,000万画素/F値1.9
ソニー製IMX766イメージセンサー
(センサーサイズ1/1.56)
【超広角カメラ】
1,300万画素/F値2.2
【マクロカメラ】
500万画素/F値2.0
【広角カメラ】
5,000万画素/F値1.9
ソニー製IMX766イメージセンサー
(センサーサイズ1/1.56)
【超広角カメラ】
1,300万画素/F値2.2
【マクロカメラ】
500万画素/F値2.0

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateのアウトカメラ性能は同じです。

広角カメラ、超広角カメラ、マクロカメラのトリプルカメラ構成。
画素数はぞれぞれ、5,000万画素、1,300万画素、500万画素となっています。

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateのアウトカメラは特に広角カメラに力を入れており、5,000万画素の高画素でソニー製IMX766イメージセンサーを採用。
センサーサイズは1/1.56と大きめで、ノイズが少なく感度の良い写真が撮れるでしょう。

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateは共にゲーミングスマホでありながら、カメラ性能も高いので安心してくださいね。

一つ欠点をあげるとしたら、望遠カメラは非搭載です。遠くの被写体を撮影するのは決して得意ではないので注意しましょう。

 

ROG Phone 7と7 Ultimateのインカメラ性能の違いを比較

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateのインカメラ性能の違いは以下の通りです。

項目 ROG Phone 7 ROG Phone 7 Ultimate
インカメラ 3,200万画素/F値2.4 3,200万画素/F値2.4

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateのインカメラは3,200万画素です。
インカメラは1,000万画素代のスマホが多い中、かなり高画素であることがポイント。

インカメラを使った自撮りや集合写真もキレイに撮影可能なのは、高評価と言えるでしょう。

 

ROG Phone 7と7 UltimateのCPU・Antutuベンチマークの違いを比較

ROG Phone 7 Ultimate CPU

ROG Phone 7とROG Phone 7 UltimateのCPUの違いは以下の通りです。

項目 ROG Phone 7 ROG Phone 7 Ultimate
CPU Snapdragon 8 Gen 2 Snapdragon 8 Gen 2

ROG Phone 7とROG Phone 7 UltimateのCPUはゲーミングスマホの名に恥じない、ハイスペックな「Snapdragon 8 Gen 2」を搭載しています。

どんな重いゲームでも、サクサクプレイできること間違いないでしょう。

でも、正直どの程度のCPU性能なのかはよく分からないですよね。

そこで、CPU性能を数値化できる「Auntutuベンチマークスコア」を参考にしていきましょう。

Antutuベンチマークの2つのスコア

  • 総合スコア:総合的な性能スコア
  • CPUスコア:スマートフォン全体の処理能力スコア
総合スコア モデル 体感
総合スコア 50万点以上
GPUスコア 18万点以上
フラグシップ ヌルヌルサクサクで超快適
総合スコア 35万〜50万点
GPUスコア 14~18万点
ハイエンド 重いゲームでも快適に利用できる
総合スコア 25万〜35万点
GPUスコア 7~14万点
ミドルハイ たまにゲームをするくらいで日常使いには十分
総合スコア 15万点〜25万点
GPUスコア 3~7万点
ミドル 一般的な使い方であれば快適
総合スコア 15万点以下
GPUスコア 3万点以下
エントリー テキストベースのやり取りやWeb検索などの利用がメイン

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateは発売されたばかりであり、Antutuベンチマークスコアの情報はまだ出そろっていません。

ROG Phone 7とROG Phone 7 UltimateのCPUは「Snapdragon 8 Gen 2」で、RAM容量は12GBと16GBです。
ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateと同じCPUとRAM容量である「RedMagic 8 Pro」の数値を参考にすると、以下のようになります。

スコア RedMagic 8 Pro
総合スコア 約140万点
GPUスコア 約57万点

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateと同等スペックであるRedMagic 8 Proの総合スコアは約140万点、GPUスコアは約57万点です。

総合スコア50万点以上、GPUスコア18万点以上でフラグシップ級に分類される中、共に約3倍の数値を叩き出しています。

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateは圧倒的なCPU性能を持つハイスペックスマホを言っていいでしょう。

 

ROG Phone 7と7 Ultimateの冷却性能の違いを比較

ROG Phone 7 Ultimate 冷却性能

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateの冷却性能の違いは以下の通りです。

項目 ROG Phone 7 ROG Phone 7 Ultimate
冷却性能 GameCool 7
AeroActive Cooler 6(別売 )
GameCool 7
AeroActive Portal機能
AeroActive Cooler 7(付属)

ゲーミングスマホであるROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateは冷却性能も優れており、共にGameCool 7に対応。

GameCool 7は、負荷に応じた3段階の冷却システムで、2段階まではROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimate共に以下の通り、同じシステムです。

  1. SoCに短時間または瞬間的に高い負荷がかかった場合には、SoCに塗布してある窒化ホウ素 熱伝導グリスが即座に熱を奪い、熱によるクロック低下を抑制する。
  2. 高負荷状態が続く場合、熱を強力に移動および拡散する大型のベイパーチャンバーと高熱伝導のグラファイトシートで継続的な放熱する。

3段階目の冷却システムはROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateで異なり、以下のようになります。

【ROG Phone 7】

AeroActive Cooler 6(別売)を装着。AIを使用したアクティブ冷却システムで、電気的に冷却を行うペルチェ素子を使用してシステムオンチップ (SoC) の真上から強力に冷却する。

【ROG Phone 7 Ultimate】

AeroActive Cooler 7(付属)を装着。AIとペルチェ素子を使用した外付けのアクティブ冷却システムで、電気的に冷却を行うペルチェ素子を使用してSoCの真上から強力に冷却。また、AeroActive Portalにより、自動で開閉し内部を強制冷却可能

大きな違いは装着するAeroActive Coolerの型式、別売か付属か、AeroActive Portalの有無です。

ROG Phone 7 UltimateはAeroActive Cooler 7が付属であり、AeroActive Portalも対応

ROG Phone 7はROG Phone 7 の1世代前のAeroActive Cooler 6が装着可能で、しかも別売り(ASUS Store:12,480円)。また、AeroActive Portalには対応していません

ROG Phone 7 Ultimate AeroActive Portal

ROG Phone 7 Ultimateのみ対応のAeroActive Portalって何?という疑問がわきますよね。上画像を使って、AeroActive Portalを簡単に説明します。

AeroActive Portalとは?

AeroActive Portalとは、ROG Phone 7 Ultimateで使えるようになった新機能。

  1. 左の写真のようにAeroActive Cooler 7をROG Phone 7 Ultimateを装着します
  2. 中央写真のように普段閉じているAeroActive Portal(赤丸部)が、Socの冷却が必要な場合のみ自動で開きます
  3. 右写真のようにAeroActive Cooler 7から強制空冷されSocの温度上昇を防ぎ、パフォーマンスを維持します

AeroActive Cooler 7とAeroActive Portalに対応しているROG Phone 7 Ultimateの方が、冷却性能は高いと言えるでしょう。

ポイント

重いゲームを長時間するなら、ROG Phone 7 Ultimate+AeroActive Cooler 7がおすすめ!

ゲーミングデバイスが勢ぞろい!!

ASUS Store公式サイトはこちら

※お得なセール・クーポンも多数用意!

 

ROG Phone 7と7 UltimateのRAM・ROM・SDカードの違いを比較

ROG Phone 7とROG Phone 7 UltimateのRAM・ROM・SDカードの違いは以下の通りです。

項目 ROG Phone 7 ROG Phone 7 Ultimate
RAM/ROM 12GB/256GB
16GB/512GB
16GB/512GB
SDカード 非対応 非対応

ROG Phone 7は「RAM12GB/ROM256GB」と「RAM16GB/ROM512GB」の2種類あります。

ROG Phone 7 Ultimateは「RAM16GB/ROM512GB」のみです。

注意して頂きたいのは、ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimate共にSDカード非対応という点。

本体ストレージがいっぱいになった際に、外部ストレージで保存することはできないのは残念ポイントですね。

SDカードが使いえないので、ROM容量は注意して選んでくださいね。

仮にストレージがいっぱいになってしまった場合は、クラウドに保存、HDDに保存等を検討しましょう。

注意

ROG Phone 7、ROG Phone 7 Ultimate共にSDカード非対応。ROM容量は余裕を持って選びましょう。

 

ROG Phone 7と7 Ultimateのディスプレイの違いを比較

ROG Phone 7 Ultimate デイスプレイ

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateのディスプレイの違いは以下の通りです。

項目 ROG Phone 7 ROG Phone 7 Ultimate
ディスプレイ性能 6.78型 ワイドAMOLEDディスプレイ
Corning Gorilla Glass Victus
6.78型 ワイドAMOLEDディスプレイ
Corning Gorilla Glass Victus
リフレッシュレート 165Hz 165Hz
タッチサンプリングレート 720Hz 720Hz
最大輝度 1500nit 1500nit

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateのディスプレイに違いはありません

共にゲーミングスマホと謳われるだけあり、ゲームをするのに必要なスペックは十二分に備えています。

6.78型の大型ディスプレイに、衝撃に強い「Corning Gorilla Glass Victus」を採用。

映像の滑らかさに直結するリフレッシュレートは165Hzで美しい映像を表現可能。タッチサンプリングレートは720Hzと高レスポンス。

また、最大輝度は1500nitあり、屋外でも問題なく明るく画面が見えるでしょう。

ROG Phone 7、ROG Phone 7 Ultimateなら、簡単に最高のゲーム環境を整えることができますよ。

リフレッシュレートとは?

リフレッシュレートとは「1秒間にスマホの画面を何回更新できるか」を表す指標。
リフレッシュレート90Hzであれば1秒間に90回画面を更新、165Hzであれば1秒間に165回画面を更新できることになります。
つまり、リフレッシュレートの数字が大きいほど、より滑らかな映像を表示することが可能となるのです。

タッチサンプリングレートとは?

タッチサンプリングレートとは「1秒間にスマホの画面を何回タップできるか」を表す指標。
タッチサンプリングレート120Hzであれば1秒間に120回画面をタップ、720Hzであれば1秒間に720回画面をタップできることになります。
つまり、タッチサンプリングレートの数字が大きいほど、より高速タップに反応することが可能となるのです。

 

ROG Phone 7と7 Ultimateのバッテリー容量・急速充電・ワイヤレス充電の違いを比較

ROG Phone 7 Ultimate バッテリー

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateのバッテリー容量・急速充電・ワイヤレス充電の違いは以下の通りです。

項目 ROG Phone 7 ROG Phone 7 Ultimate
バッテリー容量 6000mAh 6000mAh
急速充電 65W急速充電
(100%充電まで約44分)
65W急速充電
(100%充電まで約44分)
ワイヤレス充電 非対応 非対応

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateのバッテリー容量・急速充電・ワイヤレス充電に違いはありません

ROG Phone 7、ROG Phone 7 Ultimate共にバッテリー容量は驚異の6000mAh
大容量バッテリーと言うと多くても5000mAhが一般的な中、1000mAhも多い6000mAhなので、電池持ちの心配は全くいらないでしょう。

また、最大65Wの急速充電に対応しているので、100%充電まで約44分と快適に充電可能。
約44分で充電可能なら、朝起きて出かける準備中の充電だけで、十分充電が可能。寝る前に充電をし忘れても、問題無しです。

一つ欠点を挙げるとしたら、ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateはワイヤレス充電には非対応。置くだけで充電できるワイヤレス充電は使えないので注意しましょう。

ポイント

ROG Phone 7、ROG Phone 7 Ultimate共にバッテリー容量6000mAhで電池持ち抜群!
65Wの急速充電にも対応で安心!

 

ROG Phone 7と7 Ultimateのオーディオの違いを比較

ROG Phone 7 Ultimate オーディオ

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateのオーディオの違いは以下の通りです。

項目 ROG Phone 7 ROG Phone 7 Ultimate
オーディオ 12mm×16mmのデュアルスピーカー 12mm×16mmのデュアルスピーカー
AeroActive Cooler 7使用で2.1chサウンド
(13mm×38mmサイズの大型サブウーファー搭載)

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateのオーディオは「まるで持ち歩ける映画館」をコンセプトにしており、スピーカーに非常に拘って設計されています。
前面にある12mm×16mmの2つのスピーカーにより、最大音量が従来よりも50%も増加。低音の出力性能が20%も向上していますよ。

更に、ROG Phone 7 Ultimateは付属のAeroActive Cooler 7を使用することで、2.1chサウンドも実現
13mm×38mmサイズの大型サブウーファーで、低音の出力性能を最大77%も向上します。

AeroActive Cooler 7を装着したROG Phone 7 Ultimateなら、ゲームも動画も映画館並みの臨場感を再現できるでしょう。

「音」にこだわるのであれば、ROG Phone 7 Ultimateがおすすめですよ。

ポイント

ROG Phone 7 Ultimateに付属のAeroActive Cooler 7を装着することで、2.1chサウンドを実現!
ゲームや動画、音楽などの音を楽しみたいなら、ROG Phone 7 Ultimateがおすすめ!

 

ROG Phone 7と7 Ultimateの防水・防塵性能の違いを比較

ROG Phone 7 Ultimate IP54

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateの防水・防塵性能の違いは以下の通りです。

項目 ROG Phone 7 ROG Phone 7 Ultimate
防水・防塵 IP54 IP54

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateの防水・防塵性能は共にIP54です。

防塵性能は7段階中、上から2つ目の評価で粉塵に対する性能はまずまずといったところ。

防水性能は9段階中、上から5つ目の評価。水跳ねや水を少しこぼす程度なら問題ないですが、シャワー程度で機器に影響を及ぼす可能性があります。

正直に言うと、防水性能は少し、心もとないような性能。ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateを使う場合、水には最新の注意を払い使用しましょう。

 

ROG Phone 7と7 Ultimateのイヤホンジャックの違いを比較

ROG Phone 7 Ultimate イヤホンジャック

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateのイヤホンジャックの違いは以下の通りです。

項目 ROG Phone 7 ROG Phone 7 Ultimate
イヤホンジャック 対応 対応

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateにはイヤホンジャックがあります

有線イヤホンも問題なく使用できるの安心してくださいね。

 

ROG Phone 7と7 Ultimateの生体認証の違いを比較

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateの生体認証の違いは以下の通りです。

項目 ROG Phone 7 ROG Phone 7 Ultimate
生体認証 指紋認証/顔認証 指紋認証/顔認証

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateは指紋認証と顔認証の両方に対応しています。

指紋認証と顔認証が使える場合、手袋をしているときは顔認証。マスクをしているときは指紋認証。と使い分けができて便利でいいですよ。

 

ROG Phone 7と7 Ultimateの5G対応状況の違いを比較

5G通信

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateの5G対応状況の違いは以下の通りです。

項目 ROG Phone 7 ROG Phone 7 Ultimate
5Gミリ波 非対応(Sub-6は対応) 非対応(Sub-6は対応)

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateは共にミリ波には非対応。Sub-6には対応です。

超高速データ通信ができるミリ波には共に対応していないのは、少し残念ポイント。しかし、日本でミリ波が利用できるは、ごく一部の地域のみで限定的なのも事実です。
したがって、ミリ波に非対応でもそれ程大きなデメリットにはならないと考えていいでしょう。

もちろん、Wi-Fi環境であれば、データ通信速度にミリ波対応有無は関係ないので安心してくださいね。

ミリ波とは?

ミリ波とは30GHz~300GHzの周波数帯を指します。ミリ波は超高速・大容量通信、超低遅延、多数同時接続などといった点でSub6よりも圧倒的に優れています。
しかし、Sub6と比較し電波の減衰が大きく、電波範囲は狭い、直進性が高く回り込みができないので障害物に弱いデメリットもあります。

Sub6とは?

Sub6とは6GHz未満の周波数帯を指します。ミリ波に比べると電波の減衰が少なく、広域まで届き、障害物があっても回り込んで届きやすいという特徴があります。
その反面、通信速度と同時接続性能に関してはミリ波より大きく劣ります。

 

ROG Phone 7と7 Ultimateのおサイフケータイ対応の違いを比較

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateのおサイフケータイ対応の違いは以下の通りです。

項目 ROG Phone 7 ROG Phone 7 Ultimate
おサイフケータイ 非対応 非対応

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimate共に、おサイフケータイは非対応です。

もしあなたが、おサイフケータイを使いたいのであれば、ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateでは使えないので注意しましょう。

 

ROG Phone 7と7 Ultimateの対応SIMの違いを比較

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateの対応SIMの違いは以下の通りです。

項目 ROG Phone 7 ROG Phone 7 Ultimate
SIM nanoSIM×2
(eSIM非対応)
nanoSIM×2
(eSIM非対応)

ROG Phone 7とROG Phone 7 UltimateはnanoSIM×2でデュアルSIM運用が可能。

プライベート用と仕事用で分けたり、電話用とデータ通信用などでSIMを分けて運用することも可能なので安心してください。

但し、ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimate共にeSIM非対応。eSIMは使えないので注意が必要です。

 

ROG Phone 7と7 Ultimateの違いまとめ

ROG Phone 7 Ultimate

本記事では、ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateの違いについて、詳しく比較してきました。

再度おさらいで、両機種の違いのみをまとめましたのでご覧ください。

項目 ROG Phone 7 ROG Phone 7 Ultimate
価格 RAM12GB/ROM256GB : 129,800円
RAM16GB/ROM512GB : 149,800円
RAM16GB/ROM512GB : 179,800円
重量 239g 246g
カラー ストームホワイト
ファントムブラック
ストームホワイト
ROG VISION 非対応 対応
冷却性能 GameCool 7
AeroActive Cooler 6(別売)
GameCool 7
AeroActive Portal機能
AeroActive Cooler 7(付属)
RAM/ROM 12GB/256GB
16GB/512GB
16GB/512GB
オーディオ 12mm×16mmのデュアルスピーカー 12mm×16mmのデュアルスピーカー
AeroActive Cooler 7使用で2.1chサウンド
(13mm×38mmサイズの大型サブウーファー搭載)

参考:ROG Phone 7 スペック | ASUS公式ROG Phone 7 Ultimate スペック | ASUS公式
赤文字は優れているスペック

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateの違いは以下の7個です。

ROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateの7つの違い

  1. ROG Phone 7の方が30,000円安い(RAM16GB/ROM512GBで比較)
  2. ROG Phone 7の方が7g軽い239g
  3. ROG Phone 7のカラーにはファントムブラックがある
  4. ROG Phone 7 Ultimateのみ「ROG VISION」対応
  5. ROG Phone 7 Ultimateは「AeroActive Cooler 7」付属(ROG Phone 7は別売りでAeroActive Cooler 6)
  6. 冷却性能はAeroActive Cooler 7を装着したROG Phone 7 Ultimateに軍配
  7. ROG Phone 7 UltimateにAeroActive Cooler 7を装着すれば、2.1chサウンド実現(ROG Phone 7は不可)

ROG Phone 7とROG Phone 7 UltimateはASUSが手掛ける、最高のゲーミングスマホです。

あなたはROG Phone 7とROG Phone 7 Ultimateのどちらが気に入りましたか?

これを機にあなたが気になったスマホを予約・購入してみてはいかがでしょうか。

ゲーミングデバイスが勢ぞろい!!

ASUS Store公式サイトはこちら

※お得なセール・クーポンも多数用意!

楽天モバイルお得情報!

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

  • この記事を書いた人
iPhone大陸

iPhone大陸運営事務局

格安SIMの「ロケットモバイル」を提供する株式会社IoTコンサルティングが運営しています。「IoT」という手段を通して、世の中を効率化し、生産性を上げていくことをミッションに抱えています。年々高騰するスマートフォンや頻繁に変化する格安SIMを後悔せず選べるように「iPhone大陸」を運営しております。

-ROG Phone 7, ROG Phone 7 Ultimate

© Copyright - 株式会社 IoTコンサルティング All Rights Reserved.