【4/11発売】auのGalaxy S24/Ultraが最大22,000円割引 | auオンラインショップ

【注目】楽天モバイル クーポン配布中!最大32,000円相当の還元も!

当サイトiPhone大陸の記事はPRを含みます。

News

Appleの折り畳みスマホは2021年発売か、Galaxy Foldよりもタブレット寄りに?

Samsungが4月26日に発売する予定だった折りたたみスマートフォンGalaxy Foldはディスプレイの問題によって9月まで発売が延期されています。

また、2019年の半ばに発売とされていたHuaweiのMate Xも9月に発売が延期されました。

Mate Xの延期理由はGalaxy Foldの問題を受けて追加テストを行うためと発表されています。

このように、折り畳みスマホは技術的な問題があり、SamsungもHuawei苦戦している様子です。

そんな中、Appleが申請した特許からAppleも折り畳みスマホの開発をしていることが明らかになりました。

auお得注意報!

Galaxy S23 FE機種変更おトク割

auオンラインショップで使えるキャンペーン au Online Shop SIM乗りかえ特典

5G機種変更おトク割 Xperia 10 VIへの機種変更がいきなりおトク!

auオンラインショップ SPECIAL SALE

au Xperia 1 VI機種変更おトク割

auではiPhone15シリーズやGalaxy S24/S24 Ultra、Xperia 1 VI、Pixel 8a、Galaxy A55 5G、Redmi Note 13 Pro、Galaxy Tab S9 FE+ 5Gなどの新型スマートフォンやタブレットが続々登場!

それに伴い、auオンラインショップではお得なキャンペーンを多数実施しています。

新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーへの還元も怠らないのがauの魅力。機種変更なら最大27,500円、他社からの乗り換えなら最大44,000円の還元が受けられちゃいます!

そして、スマホの買い替えで分割払いを検討している方には24回払いの「スマホトクするプログラム」がおすすめ!

機種に応じた残価を最終回分の支払いに設定し、25ヶ月目に端末を返却すると残価がまるっと免除される購入方法です。超カンタンにお伝えすると、実質半額程度の負担で2年ごとに新しいスマホが使える購入サポート。

例えば..

機種/定価 新規契約 乗り換え 機種変更
Galaxy S24
(256GB)
144,800円
実質68,800円~
(初回2,998円+2,991円×22回)
実質57,800円~
(初回2,514円+2,513円×22回)
実質74,300円~
(初回3,240円+3,230円×22回)
Galaxy S24 Ultra
(256GB)
224,800円
実質114,800円~
(初回4,998円+4,991円×22回)
実質103,800円~
(初回4,514円+4,513円×22回)
実質120,300円~
(初回5,240円+5,230円×22回)
Xperia 1 VI
214,800円(NEW)
実質123,800円~
(初回5,396円+5,382円×22回)
実質112,800円~
(初回4,912円+4,904円×22回)
実質112,800円~
(初回4,912円+4,904円×22回)
iPhone 15
145,640円~
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
実質32,740円~
(初回1,434円+1,423円×22回)
iPhone 14
127,900円~
実質33,047円~
(初回1,455円+1,436円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質38,547円~
(1,697円+1,675円×22回)
Pixel 8a
80,000円
実質11,047円~
(初回487円+480円×22回)
実質47円~
(初回3円+2円×22回)
実質16,547円~
(729円+719円×22回)
Galaxy A55 5G
77,000円
実質36,400円~
(初回1,596円+1,582円×22回)
実質25,400円~
(初回1,112円+1,104円×22回)
実質41,900円~
(1,838円+1,821円×22回)
Redmi Note 13 Pro 5G
41,800円
実質15,800円~
(初回708円+686円×22回)
実質4,800円~
(初回224円+208円×22回)
実質21,300円~
(928円+926円×22回)

※2024年7月1日時点の情報です。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

Galaxy S24(256GB)なら通常価格は144,800円ですが、25ヶ月目に端末を返却すると65,000円が免除されるため、実質負担金は79,800円。

さらに22,000円割引を適用すると実質57,800円、月々2,513円(初回2,514円)で購入できちゃう! お得過ぎませんか!?

iPhone 14やPixel8aなら実質47円~購入できますよ!

そのほかauオンラインショップではSIM単体契約で10,000円相当(不課税)のau PAY残高還元も行っています。

もしあなたがスマホや携帯会社の切り替えを検討していたり、auでの機種変更を考えているなら、一度auオンラインショップを覗いてみてくださいね。

機種変更なら午前11時45分までの注文完了で当日の18時~22時に商品を届けてくれます(地域限定)

\オンライン購入アドバイザーに無料相談しながら手続きできる!/
auオンラインショップ公式 : https://www.au.com/mobile/onlineshop/

街のお店より1万円以上お得なことも!

auオンラインショップはこちらをタップ!

※au Online Shop お得割実施中

>>最新の【au キャンペーン】はこちら
>>auショップ 待ち時間対策はこちら

Appleが折りたたみスマホを開発中?

Appleが申請した特許を見ると以下のような画像が記載されています↓

左の画像を見る限りは少なくともAppleが折りたたみスマホを開発しようとしていることがわかります。

ただ、UBSの調査部門によればそれはスマートフォンではなく、折り畳み式のタブレットの可能性が高いと言います。

つまりは、折り畳みiPhoneではなく、折り畳みiPadになる可能性が高いということですね。

確かに右の画像はタブレットのよう見えなくもありません。

特許は別々のものなので左の画像がスマホの特許で右の画像がタブレットのものということは十分にあり得ます。

それに加えてUBSの調査部門がタブレット最初に発売される可能性が高いと分かっていることから、現時点では筆者もタブレットが折りたたみ式として最初に発売されるデバイスになるのではないかと考えています。

SamsungやHuaweiの折りたたみスマホも実際はスマホというよりタブレットという大きさです。

それを見たAppleがiPadとして折りたたみ式デバイスを開発している可能性は大いにあります。

また、折りたたむ部分が2点あるような特許も出願されているんですよね。

特許は出願されても使われないものが大半なので一つのアイディアとして出願しただけの可能性はありますが、SamsungやHuaweiがまだ開発していないタイプの折りたたみデバイスなので興味が沸きます↓

Appleの折りたたみ式デバイスは2021年発売される可能性が高いと言われています。

SasmungやHuaweiの折りたたみスマホは2019年の9月発売ということなのでそれから2年遅れの発売になり、Appleは遅れをとることになるでしょう。

ただ、折り畳みスマホ自体がそれほど流行るとは思えないので、急ぐ必要もないとは思います。

折りたたみ式スマホに関する購入意向

UBSの調査はまだあります。

続く調査によると、スマートフォンユーザーの58%はAppleの折りたたみ式デバイスが購入意向に影響を及ぼさないと回答しました。

つまり、スマホユーザーの58%はAppleの折りたたみでデバイスが発売されても買わないということです。

それに対して、折り畳み式デバイスに関心があると回答した34%のうち、72%のユーザーがAppleの折りたたみ式デバイスの購入意欲が高いと回答しました。

これは折りたたみデバイスに興味を示しているユーザーであればAppleの折りたたみデバイスを購入する可能性が高いということです。

折りたたみスマートフォンまだ新しく価格も高いため、一般のユーザーの購買意欲をあまり獲得できていないのが現状でしょう。

Galaxy Foldは20万円、Huawei Mate Xはそれ以上の価格になると言われています。

それに加えて、故障の問題も発生してしまったので壊れるリスクを冒してまで20万円の折りたたみスマホを買おうと思う人は少ないでしょう。

価格に関するUBSの調査ではAppleユーザーは折りたたみスマホに興味があると言います。

しかし、彼らは通常のスマートフォンに600ドル(6万円)かそれ以上を払うような層のユーザーであり、もしAppleの折りたたみデバイスが20万円もするようであれば購入にいたる可能性は低いと考えられます。

つまり、折り畳みスマートフォンに興味のあるユーザーでも値段が高ければ購入するかどうかは別問題ということですね。

折りたたみスマホが成功するかどうかはどれだけ価格を抑えられるかということがポイントになってくるでしょう。

折りたたみタブレットはAppleだけではない?

折りたたみ式のタブレットを開発しているのはAppleだけではありません。

マイクロソフトも同じようデバイスを開発し、特許を出願しています。

マイクロソフトはスマホやタブレットという市場では強くないですが、SurfaceBookは有名ですよね。

SurfaceBookはキーボードを外すことによってタブレットにもなるようなラップトップパソコンなので、折り畳みのデバイスを投入するとしたらSurfaceBookのシリーズとして発売されるというのが一番濃厚な説です。

正直、スマホよりもタブレットとかラップトップPCとかのほうが折りたたみ式にする意味がありそうですね。

レノボも折り畳み式のラップトップを開発しています。

レノボのPCで有名なThinkPadをごん存知でしょうか?

ThinkPadはよくビジネスシーンなどで使われる軽量ラップトップですが、その折りたたみ版がすでに開発されています。

以下がその試作機の画像ですね↓

PCというよりはタブレットですね。

折りたたみデバイスが発展することによってラップトップPCとタブレットの境目がなくなっていくかもしれません。

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

Apple折り畳みスマホまとめ

  • 折りたたみタブレットかも
  • 2021年発売?
  • 価格を下げることが重要か
  • タブレットやラップトップのほうが折りたたみには適しているかも

こんな感じですね。

価格が下がらなくてもPCやタブレットならある程度高額でも受け入れられるので、個人的には折りたたみタブレットやラップトップというのはかなり流行る気がしますね。

スマホを機種変更するならオンラインショップがおすすめ

そして最後にちょっとおとくな情報をお伝えしましょう。

スマホを購入する方、まだ店舗で浪費してるんですか?

今は各キャリアショップで並ばずに予約、購入する時代です。

しかもドコモ、au、ソフトバンク、どこでも使えます。

その方法は各キャリアのオンラインショップを利用します。

ドコモ

ドコモオンラインショップ

au

au Online Shop

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップ

オンラインショップとは各キャリアが直営しているインターネットにて

機種変更ができる便利なサービスです。

このサービスを利用すると店舗へ行かずとも自宅で機種変更をすることが可能です。

ECショップなので24時間日本全国どこからでも使えます

キャリアショップや量販店では必須だった頭金が

オンラインショップだとなんと0円、無料なんです。

しかも余計なオプション加入もないですよ。

また余計な営業を受ける事もないです

時間はかからないし頭金がかからない分端末代金が安いのは分った。

でも初期設定や電話帳の移行が不安だからキャリアショップの方がいいなぁ~

なんて思う人もいるでしょう。

そんな人のおすすめなのが各キャリアショップ受取りです。

オンラインショップでは受取り場所をあなたの都合の良い

キャリアショップに設定する事ができます。

料金プランや端末で不安なら全キャリア

事前にチャットで質問する事もできます。

まだ使った事ない人は是非使ってみて下さいね。

ドコモ

*ドコモオンラインショップだとドコモショップや家電量販店では3,8500円かかる事務手数料が無料なので
さらにおすすめです。

ドコモオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ドコモオンラインショップで機種変更して100%開通させるための全手順!メリット・デメリットも解説

au



auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

 

楽天モバイルお得情報!

要チェック!

RM 3.2(2)

iPhoneを購入するなら楽天モバイルがおすすめ!

キャリア最安値&最大32,000円相当の還元が受けられ、最新iPhoneでも実質半額以下で購入できちゃいます!

  • 一括払いまたは24回払い
    →最大20,000円値引き+最大12,000ポイント還元
  • 48回払い
    →最大12,000ポイント還元

例えば、他社では約145,000円~150,000円するiPhone 15(128GB)が、楽天モバイルなら131,800円で購入可能。32,000円相当の還元を加味すると、実質99,800円で購入できます。

いま使っているキャリアで機種変更するよりも断然安くなります! 浮いたお金でケースや画面保護フィルムを揃えることも可能。本体容量をワンランクアップしても良いでしょう。

分割払いにしたい方は48回払いの楽天モバイル買い替え超トクプログラムを使って2年後に端末を返却すれば、本体代金の約半分の支払いが免除になります。

iPhone 15(128GB)ならポイント還元も加味すると実質53,880円で入手できちゃうんです!

ぜひ、この機会に楽天モバイル公式サイトを覗いてみてください。

楽天モバイル公式 : https://network.mobile.rakuten.co.jp/

最大32,000円相当還元!

楽天モバイルでお得にiPhone15/15 Proを購入する

※楽天ポイントもザクザクたまる!

>>最新の【楽天モバイルクーポン】はこちら

  • この記事を書いた人
iPhone大陸

iPhone大陸運営事務局

格安SIMの「ロケットモバイル」を提供する株式会社IoTコンサルティングが運営しています。「IoT」という手段を通して、世の中を効率化し、生産性を上げていくことをミッションに抱えています。年々高騰するスマートフォンや頻繁に変化する格安SIMを後悔せず選べるように「iPhone大陸」を運営しております。

-News

© Copyright - 株式会社 IoTコンサルティング All Rights Reserved.