格安SIM 楽天モバイル

楽天モバイルでの契約は店舗かWEBどっちがいいの?店舗のメリット・デメリットを解説!!

格安SIMを検討する上で絶対に外せないのが楽天モバイルです。

楽天モバイルであれば1GB以内0円であり、毎月のデータ通信費を抑えたいのであれば最適なSIMと言えるでしょう。

そんな楽天モバイルは格安SIMでは珍しく店舗で契約が可能です。

しかし、店舗契約の場合はポイント還元されるのかな?WEB契約と比べて損はしないかな?と心配ではありませんか?

結論から言うと店舗で契約する場合、メリットはほとんどなく店舗でできることはほぼ全てネットで手続き可能です。

むしろ楽天モバイルを店舗契約する場合、下記6つのデメリットがあります。

楽天モバイルを店舗で契約する場合の6つのデメリット

  • WEB限定のキャンペーンが適用外となり損をする
  • 事前予約が必要
  • 契約内容の変更や他社へMNP(乗り換え)手続きができない
  • スマホの不具合には対応できない
  • 店舗へ行くまでの交通費や時間が掛かる
  • 欲しいスマホ(端末)が在庫切れの可能性がある

この記事を読んで頂ければ楽天モバイルを「店舗」で契約する場合と「WEB」で契約する場合の違いや、「WEB」での契約はどれだけお得かを理解していただけます。

この記事を読んで頂いても楽天モバイルをネットで契約する方法がわからない方は店舗へ行くことをおすすめします。

iPhone13/mini/Pro/Pro Maxの申込みで最大30,000円分ポイント還元

楽天モバイルのお申し込みはこちらをタップ!

※端末実質0円キャンペーンも実施中


この記事を読むとわかること

  • 楽天モバイルの店舗の検索方法
  • 2022年2月24日現在の楽天モバイルの店舗数
  • 楽天モバイルの店舗でできる4つのこと
  • 楽天モバイルの店舗で契約する5つのメリット
  • 楽天モバイルの店舗で契約する6つのデメリット
  • 楽天モバイルの店舗で契約する場合のキャンペーン
  • 楽天モバイルを店舗で契約する場合に必要な5つのもの
  • 楽天モバイルを契約する場合「WEB」がおすすめ

※本記事の情報は2022年2月25日現在の情報を基に記載しています。

目次

楽天モバイルの店舗はどこにあるの?

楽天モバイルの店舗は日本全国の至る所にあります。

楽天モバイルの店舗は楽天モバイル公式HP「ショップ(店舗)を探す」から検索することが可能です。

また、店舗検索方法は以下の3通りあります。

楽天モバイルの店舗を検索する3つの方法

  • 都道府県と市町村を選択し検索する
  • 現在地(住所や建物名)を入力し検索する
  • マップを自由に動かしマップ上に表示されるバルーンを頼りに探す

①の「都道府県と市町村を選択し検索する」を行うとその市町村内にある楽天モバイルショップの一覧が表示されます。

②の「現在地(住所や建物名)を入力し検索する」を行うとその住所や建物を中心にマップが表示されます。

ピンク色のバルーンが楽天モバイルのショップを示しています。バルーン内に数字が表示されている場合はその地域内にあるショップ数を表示しています。

地図を拡大することでショップのより詳細位置が分かるので試してみて下さい。

③の「マップを自由に動かしマップ上に表示されるバルーンを頼りに探す」はgoogle MAPを動かす要領で色々な場所を見ることができます。

2022年2月24日現在の楽天モバイルの店舗数はいくつ?

2022年2月24日現在の楽天モバイルの店舗数は「991店舗」です。ピンクのバルーン内の数字を全て足すと991店舗となります。

記念すべき1,000店舗目はどこになるのか楽しみですよね?笑

2019年9月時点で214店舗2021年5月時点で600店舗以上、2022年2月24日現在で991店舗なので凄い勢いで店舗を拡大していることが分かります。

楽天モバイルの店舗でできる4つのこと

楽天モバイルの店舗でできることは以下の4つです。

楽天モバイルの店舗でできる4つのこと

  • 新規契約と楽天モバイルへMNP(乗り換え)
  • 機種変更
  • 楽天モバイルから「楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI」へのプラン変更
  • SIMカード交換や再発行

上記4つの楽天モバイルの店舗でできることを詳しく説明していきますね。

①新規契約と楽天モバイルへMNP(乗り換え)

楽天モバイルの店舗でできることの1つ目は「新規契約と楽天モバイルへMNP(乗り換え)」です。

新規契約とは現状携帯電話番号を持っていない方新たに2回線目以降を契約する方が該当します。

新規契約の場合は下記3つの必要書類(情報)を持っていくだけでいいので簡単なので安心して下さい。

新規契約時に必要な3つの書類(情報)

  • 本人確認書類
  • 楽天会員ユーザIDとパスワード
  • クレジットカードか銀行口座情報

本人確認書類は運転免許証マイナンバーカードでOKです。

楽天会員である必要がありますが、もしあなたが楽天非会員であるならば来店前に会員登録だけ済ませておきましょう。

来店時に登録でも問題ありませんが、あらかじめ登録しておくことでスムーズに契約が可能となります。

楽天モバイルの月々の利用料金はクレジットカード銀行口座からの引き落としとなります。

但し、契約時にスマホ(端末)も同時に購入する場合クレジットカード払い限定となるので注意して下さいね。

MNP(他社から乗り換え)の場合は上記3つの必要なものに加え「MNP予約番号」が必要となります。

あなたが現在お使いの通信事業者にてMNP転出届けを出すことで「MNP予約番号」が発行されます。

②機種変更

楽天モバイルの店舗でできることの2つ目は「機種変更」です。

あなたが現在楽天モバイルで契約していてそのまま楽天モバイルを継続する上で、スマホの機種変更がしたい場合は楽天モバイルの店舗で対応可能です。

ただし、家電量販店内の楽天モバイルでは機種変更ができません。機種変更したい場合は機種変更に対応した店舗型の楽天モバイルへ行きましょう。

機種変更ができる楽天モバイルの店舗を検索する方法は以下の通りです。

step
1
楽天モバイル公式HP「ショップ(店舗)を探す」にアクセスする

step
2
マップ下にある「サービスで絞り込む」をタップする

step
3
「機種変更」にチェックを入れ「検索する」をタップする

step
4
マップの検索窓に住所や建物名を入れ(画像は「東京駅」と入力)検索ボタンをタップすると機種変更できる楽天モバイルのショップが表示される

③楽天モバイルから「楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI」へのプラン変更

楽天モバイルの店舗でできることの3つ目は「楽天モバイルから「楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI」へのプラン変更」です。

旧プランの「楽天モバイル」から新プランの「楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI」へのプラン変更が可能です。

プラン変更するためには下記4つの必要書類が必要です。

簡単な流れ

  • 本人確認書類
  • 楽天会員ユーザIDとパスワード
  • MNP予約番号
  • 現在ご利用中のスマホ

現在ご利用中のスマホをそのまま使用し、プラン変更する場合はそのスマホが「楽天回線に対応しているかどうか」確認する必要があります。

確認方法は楽天モバイル公式HP「ご利用製品の対応状況確認」で確認して下さいね。

もしあなたのスマホが楽天回線に対応していない場合は「SIMロック解除」してからであればプラン変更できるので安心して下さい。

また、プラン変更と同時に機種変更する場合は上記4つの必要書類を持っていくだけプラン変更可能と機種変更が可能です。

注意ポイント

あなたが現在ご利用中のスマホをそのまま使用しプラン変更する場合は「楽天回線に対応しているかどうか」の確認が必要!

非対応の場合は「SIMロック解除」をしてからプラン変更しよう!

④SIMカード交換や再発行

楽天モバイルの店舗でできることの3つ目は「SIMカード交換や再発行」です。

SIMカード交換や再発行は手数料無料でできますが、このサービスは対応店舗と非対応店舗があります。

「SIMカード交換や再発行」対応店舗を検索する方法は「②機種変更」で説明した手順で「SIMサイズ変更」にチェックを入れて検索することでマップ上に表示されます。

念のため、簡単に手順を説明しますね。

「SIMカード交換や再発行」対応店舗の検索方法

  • 楽天モバイル公式HP「ショップ(店舗)を探す」にアクセスする
  • マップ下にある「サービスで絞り込む」をタップする
  • 「SIMサイズ変更」にチェックを入れ「検索する」をタップする
  • マップの検索窓に住所や建物名を入れ(画像は「東京駅」と入力)検索ボタンをタップすると機種変更できる楽天モバイルのショップが表示される

この説明でよく分からない場合は「②機種変更」にて画像付きで詳しく説明しているのでご確認ください。

楽天モバイルの店舗で契約する5つのメリット

楽天モバイルの店舗で契約する5つのメリットは以下の通りです。

楽天モバイルの店舗で契約する5つのメリット

  • その場でSIMカードの受け取りが可能(即日開通)
  • 不明点をスタッフに質問することが可能
  • スマホ(端末)を触って確認することが可能
  • スタッフが代わりに手続きをしてくれる
  • 18歳未満でも申し込みが可能

上記楽天モバイルの店舗で契約する5つのメリットを詳しく説明していきますね。

①その場でSIMカードの受け取りが可能(即日開通)

楽天モバイルの店舗で契約するメリットの1つ目は「その場でSIMカードの受け取りが可能(即日開通)」なことです。

店舗で契約する場合は契約後すぐに楽天モバイルのSIMでデータ通信や通話が可能となります。

WEBで申し込みをした場合は開通まで3日から1週間程度かかります。

あなたがもし「どうしても今日から楽天モバイルを使いたい!」というのであれば店舗にて契約をすることで可能となります。

逆に「3日から1週間程度なら待ってもいいよー。」というのであればWEBで問題ないですね。

②不明点をスタッフに質問することが可能

楽天モバイルの店舗で契約するメリットの2つ目は「不明点をスタッフに質問することが可能」なことです。

あなたがもし初めてスマホを購入する場合や初めてMNPをする場合、ネットに慣れていない等であれば、WEB上で契約することは難しそうに感じませんか?

そうであるならば楽天モバイルの店舗であれば分からないことは何でもスタッフに直接聞いて解決することができます。

もしWEB上で自分で契約までできるのであれば、その方が簡単でおすすめではありますが不安であるならば店舗での契約をおすすめします。

③スマホ(端末)を触って確認することが可能

楽天モバイルの店舗で契約するメリットの3つ目は「スマホ(端末)を触って確認することが可能」なことです。

WEB上では絶対できないことは、「スマホを実際に触ること」です。

事前に手に取ったことのあるスマホなら問題ないですが、触ったこともないスマホの場合、一度触ってみたいとは思いませんか?

あなたの手にフィットするのか、重すぎないか、大きすぎないか、ディスプレイが小さすぎないか、片手で操作できるのか等不安なことは多いと思います。

そんな不安は「スマホを実際に触ること」で全て解決できます。

大きさや重さを触って確認できることは店舗の大きなメリットではないでしょうか?

WEBで契約する予定であっても一度触ってみたい。という利用方法もいいかもしれませんね。

④スタッフが代わりに手続きをしてくれる

楽天モバイルの店舗で契約するメリットの4つ目は「スタッフが代わりに手続きをしてくれる」ことです。

あなたがもし今まで3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の店舗で契約していた場合やネットに不慣れな方の場合、あなた一人でWEB上で契約を進めることは不安ではありませんか?

楽天モバイルの店舗であればキャリアの店舗と同様にスタッフが手続きをしてくれます。

格安SIMは店舗がないことが多い中、楽天モバイルは店舗がありスタッフが手続きをしてくれるのでありがたいですよね。

⑤18歳未満でも申し込みが可能

楽天モバイルの店舗で契約するメリットの5つ目は「18歳未満でも申し込みが可能」なことです。

店舗での契約の場合、18歳未満の方であっても「利用者」として登録することが可能です。

ただし、一つ条件があります。それは「親権者と一緒に来て手続きをすること」です。

あなたがもし18歳未満であり「利用者」として楽天モバイルで契約したいのであれば、親権者と同行し店舗で契約しましょう。

WEBでの契約の場合、18歳未満の方を「利用者」として登録することはできないので注意して下さいね。

楽天モバイルの店舗で契約する場合のキャンペーンは?

楽天モバイルの店舗で契約する場合のキャンペーンは2022年2月25日現在で最大25,000ポイント貰えるキャンペーンはWEBと同様に対象です。

新規申し込みで誰でも5,000ポイント、スマホ(端末)をセット購入で最大20,000ポイント貰えます。

また、このポイントですが楽天会員のランクによって上乗せされます。この上乗せはWEB限定なので注意して下さい。

楽天会員のランクによるポイントの上乗せ

  • ゴールド会員様限定:申し込みで1,200円相当上乗せし、最大26,200ポイント
  • プラチナ会員様限定:申し込みで1,400円相当上乗せし、最大26,400ポイント
  • ダイヤモンド会員様限定:申し込みで1,600円相当上乗せし、最大26,600ポイント

 

画像はダイヤモンド会員様限定のイベントページです。先ほども記載しましたがこの上乗せはWEB限定のキャンペーンなので注意して下さいね。

その他にもWEB限定のキャンペーンがあり、店舗の契約では適用されないキャンペーンもあるので注意しましょう。

2022年2月25日現在でWEB限定の主要なキャンペーンは「対象apple製品+楽天回線申し込みで20,000ポイント」です。

対象はiPhone13/13 mini/13 Pro/13 Pro Max、iPhone12/12 mini/12 Pro/12 Pro Maxとなっています。

つまりiPhone13シリーズかiPhone12シリーズを購入する場合WEB限定で20,000ポイント付いてきます。

もしあなたが上記スマホを購入する予定であるならば、WEBの方が20,000ポイント分おトクなので注意して下さいね。

楽天モバイルの店舗で契約する6つのデメリット

楽天モバイルの店舗で契約する6つのデメリットは以下の通りです。

楽天モバイルの店舗で契約する6つのデメリット

  • WEB限定のキャンペーンが適用外となり損をする
  • 事前予約が必要
  • 契約内容の変更や他社へMNP(乗り換え)手続きができない
  • スマホの不具合には対応できない
  • 店舗へ行くまでの交通費や時間が掛かる
  • 欲しいスマホ(端末)が在庫切れの可能性がある

上記楽天モバイルの店舗で契約する6つのデメリットを詳しく解説していきますね。

iPhone13/mini/Pro/Pro Maxの申込みで最大30,000円分ポイント還元

楽天モバイルのお申し込みはこちらをタップ!

※端末実質0円キャンペーンも実施中


①WEB限定のキャンペーンが適用外となり損をする

楽天モバイルの店舗で契約するデメリットの1つ目は「WEB限定のキャンペーンが適用外となり損をする」ことです。

先ほども少し記載しましたがWEB限定のキャンペーンがいくつかあり、店舗契約の場合キャンペーン適用外となり損をしてしまします。

これが少額ならあまり気になりませんが20,000ポイント分違うとどうでしょうか?

ものすごく損をした気がしませんか?実際に2022年2月25日現在でWEB限定のキャンペーンで上画像のように「対象apple製品+楽天回線申し込みで20,000ポイント」というものがあります。

対象はiPhone13/13 mini/13 Pro/13 Pro Max、iPhone12/12 mini/12 Pro/12 Pro Maxとなっています。

つまりiPhone13シリーズかiPhone12シリーズを購入する場合WEB限定で20,000ポイント貰えます。

もしあなたが上記スマホを購入する予定であるならば、WEBの方が20,000ポイント分おトクです。

店舗の場合は20,000ポイント分貰えなくて損をすることになるのがデメリットです。

②事前予約が必要

楽天モバイルの店舗で契約するデメリットの2つ目は「事前予約が必要」なことです。

店舗で契約をする場合はその店舗の営業時間内で事前に予約をとりわざわざ店舗まで行く必要がありますよね?

しかも予約しておいても待ち時間が無いとは限りません。

スタッフの来客対応技術が低い場合や前のお客様の話が長引いた場合はその分あなたが待たされる可能性があります。

WEBであれば24時間365日いつでもどこでも契約が可能です。WEBでの手続きに不安がない方はWEBでの契約をおすすめします。

③契約内容の変更や他社へMNP(乗り換え)手続きができない

楽天モバイルの店舗で契約するデメリットの3つ目は「契約内容の変更や他社へMNP(乗り換え)手続きができない」ことです。

WEB上でできて楽天モバイルの店舗ではできないことがあります。その一つが契約内容の変更や他社へのMNPです。

契約内容の変更や他社へのMNPは「my 楽天モバイル」からできますので、WEBでの手続きをお願いします。

④スマホの不具合には対応できない

楽天モバイルの店舗で契約するデメリットの4つ目は「スマホの不具合には対応できない」ことです。

楽天モバイルの実店舗の場合、スマホが不具合により故障してしまった場合に持ち込んでも対応することはできません。

楽天モバイルのサービスである「スマホ交換保証プラス」に加入している場合でも実店舗では対応してもらえませんの注意して下さい。

もし故障してしまった場合は「my 楽天モバイル」の「故障・紛失受付ページ」あら申請できるので確認してみて下さい。

⑤店舗へ行くまでの交通費や時間が掛かる

楽天モバイルの店舗で契約するデメリットの5つ目は「店舗へ行くまでの交通費や時間が掛かる」ことです。

楽天モバイルの店舗で契約する場合は当たり前ですが、店舗まで行く必要がありその分時間や交通費等が必要ですよね?

普段ショップで契約しているのであれば当たり前に感じるかもしれませんが、WEBで行えば自宅でいつでもスマホ1つで契約ができます。

店舗での契約の場合は事前予約をし決められた時間に交通費をかけ店舗行き契約します。

混雑していることも多くあり、せっかくの休日が半日つぶれることも珍しくありません。

あなたの時間やお金を無駄にしないためにもWEBでの契約をおすすめします。

⑥欲しいスマホ(端末)が在庫切れの可能性がある

楽天モバイルの店舗で契約するデメリットの6つ目は「欲しいスマホ(端末)が在庫切れの可能性がある」ことです。

店舗の場合は当たり前ですが、その店舗に在庫として持っているスマホ(端末)しか購入することができません。

取り寄せや入荷待ちをすることも可能ですが、店舗のメリットである「即日開通で新しいスマホも即日使用可能」というのが生かせません。

その点、WEBであれば在庫もが多いので欠品している可能性は店舗より大幅に少ないです。

もし欲しいスマホが決まっているのであれば確実に在庫のあるWEBでの契約の方が良いのではないでしょうか。

楽天モバイルを店舗で契約する場合に必要な5つのもの

楽天モバイルを店舗で契約する場合に必要な5つのものは以下の通りです。

楽天モバイルを店舗で契約する場合に必要な5つのもの

  • 本人確認書類
  • 楽天会員ユーザIDとパスワード
  • クレジットカード or 銀行口座情報
  • MNP予約番号(他社から乗り換えの方のみ)
  • 旧楽天モバイルからのプラン変更(移行)用QRコード(旧プランの楽天モバイルから変更の方のみ)

上記楽天モバイルを店舗で契約する場合に必要な5つのものについて詳しく説明していきますね。

①本人確認書類

楽天モバイルを店舗で契約する場合に必要なものの1つ目は「本人確認書類」です。

本人確認書類は運転免許証マイナンバーカードでOKです。

どちらも持っていない方は楽天モバイル公式HP「本人確認書類」内のいずれかの書類を準備して下さい。

②楽天会員ユーザIDとパスワード

楽天モバイルを店舗で契約する場合に必要なものの2つ目は「楽天会員ユーザIDとパスワード」です。

楽天モバイルを契約する場合、楽天会員である必要があります。

あなたがもし楽天非会員であるならば来店前に会員登録だけ済ませておきましょう。

来店時に登録でも問題ありませんが、あらかじめ登録しておくことでスムーズに契約が可能となります。

③クレジットカード or 銀行口座情報

楽天モバイルを店舗で契約する場合に必要なものの3つ目は「クレジットカード or 銀行口座情報」です。

楽天モバイルの月々の利用料金はクレジットカードか銀行口座からの引き落としとなります。

ただし、契約時にスマホ(端末)も同時に購入する場合はクレジットカード払い限定となるので注して下さいね。

④MNP予約番号(他社から乗り換えの方のみ)

楽天モバイルを店舗で契約する場合に必要なものの4つ目は「MNP予約番号」です。

これは他社からの乗り換えで電話番号を引き継ぐ場合のみ必要なものとなります。

あなたが現在お使いの通信事業者にてMNP転出届けを出すことで「MNP予約番号」が発行されます。

⑤旧楽天モバイルからのプラン変更(移行)用QRコード(旧プランの楽天モバイルから変更の方のみ)

楽天モバイルを店舗で契約する場合に必要なものの5つ目は「旧楽天モバイルからのプラン変更(移行)用QRコード(旧プランの楽天モバイルから変更の方のみ)」です。

これ「楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)」から現在の「楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI」にプラン変更する方のみ必要な情報となります。

楽天モバイルを契約する場合「店舗」か「WEB」どちらがおすすめ?

楽天モバイルを契約する場合「店舗」か「WEB」で比較した場合、圧倒的に「WEB」での契約をおすすめします。

楽天モバイルの店舗で契約する場合とWEBで契約する場合での比較表を作成しましたのでご覧ください。

比較項目店舗WEB
契約から開通までの時間即日対応スマホセット:約1週間
SIMカードのみ:約3日
スタッフに相談電話やチャットは可能
スマホを触って確認×
18歳未満の利用者登録×
MNP(他社から乗り換え)
MNP(他社への乗り換え)×
プラン変更×
故障端末の修理受付×
解約×
キャンペーン内容
スマホセットで選べる機種数
事前予約必要不要
契約可能な時間店舗営業時間内24時間365日
待ち時間ある場合もある無し
契約できる場所店舗のみネット環境があればどこでも可能

上の表を見てわかる通り、ほぼ全ての項目で店舗よりWEBで契約する方がメリットが多いです。

店舗での契約の魅力は「即日対応」「スタッフに相談可能」「スマホを触って確認できる」のみと言っても過言ではありません。

スマホを触って確認できるのも店舗のメリットですが、WEBに比べ機種数の取り揃えが圧倒的に少ないデメリットもあります。

欲しい機種を取り扱っていない可能性もありますので注意して下さい。

逆にWEBで契約するメリットは多くあります。例えば、Webの方がキャンペーン内容が豪華で割引率も高く、自宅で好きな時にスマホ一つでストレスなく契約できます。

店舗でスマホを購入する場合、店舗にある端末の中で選択することになり選択肢の幅が狭いです。 よってWEBでの契約をおすすめします。

どうしても即日対応を希望する方のみ店舗での契約がいいでしょう。

iPhone13/mini/Pro/Pro Maxの申込みで最大30,000円分ポイント還元

楽天モバイルのお申し込みはこちらをタップ!

※端末実質0円キャンペーンも実施中


楽天モバイル 店舗に関するよくある質問

楽天モバイル 店舗に関するよくある質問をまとめましたのでご覧ください。

Q:楽天モバイルの店舗のスマホ(端末)在庫確認方法は?

楽天モバイルの店舗のスマホ(端末)在庫確認方法は店舗に直接電話して聞く方法しかありません。

楽天モバイルの店舗の電話番号確認方法は楽天モバイル公式HP「ショップ(店舗)」内で店舗を検索(検索方法の詳細は本ページ内の「楽天モバイルの店舗はどこにあるの?」をご覧ください)し店舗をタップして下さい。

すると画像の通りショップの電話番号が表示されます。

Q:楽天モバイルの料金はどういうプランなの?

楽天モバイルの料金プランは「すべての人に最適なワンプラン」の通り、1つのプランしかありません。

このプランはデータ使用量に応じ段階的に上がっていくプランとなっています。具体的には以下の通りです。

楽天モバイル料金プラン

月に1GBまでの使用量:0円

月に1GBから3GBの使用量:1,078円

月に3GBから20GBの使用量:2,178円

月に20GB以上の使用量:3,278円

1GBまでの使用量であれば0円は驚愕ですよね!他社とは完全に差別化されています!

ほぼ家での使用(Wi-Fi環境)であったり、Wi-Fi環境以外は動画を見ない、アプリのインストールや更新はしないなど、気を付ければ月に1GB以下に抑えることは可能です。

あなたも0円で楽天モバイルを運用しましょう。

Q:楽天モバイルはiPhoneに対応している?

楽天モバイルはiPhoneに対応しています。下記記事にて詳しく解説していますので気になる方はご覧ください。

Q:楽天モバイルが使えるエリアは実際どうなの?

楽天モバイルが使えるエリアは2022年2月25日現在「人口カバー率」が96%に達しています。

人口カバー率とは「約500m区画において、50%以上の場所で通信可能なエリアを基に算出」した数字です。

よって厳密にいうと日本全国の96%の地点で使用可能なわけではないので注意して下さい。

とは言っても人口カバー率が96%に達しているということはかなり評価して良い数字です。

建物内や地下などは電波が届きにくいなど、まだまだ課題はありますが一定の評価はできます。

私も実際に楽天モバイルのSIMを使用していますが、概ね通信状況は満足しています。

ただし、楽天Linkの電話は正直に言うと微妙です。電波が少し弱いところの場合、LINE電話の方がマシなレベルです。

あなたがもし楽天Linkでの通話を頻繁に使用する予定であるならば注意しましょう。

楽天モバイルのエリアについての詳細は下記記事にてより詳しく解説しています。気になる方はご覧ください。

Q:楽天モバイルに問い合わせをしたい場合はどこに電話すればいいの?

楽天モバイルに問い合わせをしたい場合はその目的によって電話先が異なります。

目的別に電話先をまとめましたのでご覧ください。

問い合わせ内容電話番号受付時間通話料
楽天モバイル 料金照会窓口050-5212-69159:00~18:00有料
楽天モバイル利用中・未払い料金に関して050-5434-465324時間有料
新規・MNPの申し込みを検討中0800-805-00909:00~20:00無料
楽天モバイル(MVNO)から乗り換え050-5212-69139:00~20:00有料
申し込み後~初期設定について0800-600-070024時間無料
Apple製品の問い合わせ0800-805-06009:00~20:00無料
SIMの利用停止・利用再開0800-600-050024時間無料
海外からのお問い合わせ050-5434-463324時間有料

Q:楽天モバイルの店舗で契約する場合、手数料はかかる?

楽天モバイルの店舗で契約する場合、WEB契約と同様にほぼ全て手数料は無料です。

手数料一覧を表にまとめましたのでご覧ください。

項目手数料
事務手数料0円
契約事務手数料0円
SIM交換手数料0円
SIM再発行手数料0円
MNP転出手数料0円
5Gオプション料0円
契約解除料(解約金)0円
口座振替手数料100円

また、手数料の発生する「口座振替手数料」はクレジットカード払いであれば関係ない(払う必要ない)手数料なので安心して下さい。

つまり手数料は0円です!他社は事務手数料が3,000円前後発生することが多いので楽天モバイルは良心的ですね。

Q:楽天モバイルの店舗の来店予約はどうやるの?

楽天モバイルの店舗の来店予約の手順は以下の通りです。

楽天モバイルの店舗の来店予約の手順

  • 楽天モバイル公式HP「ショップ(店舗)を探す」にアクセスする
  • あなたの条件に合う店舗を検索する(検索方法の詳細は本ページ内の「楽天モバイルの店舗はどこにあるの?」をご覧ください)
  • ピンク色のバルーンをタップし「来店予約をする」をタップする
  • 案内に従い「ご用件確認」「日時選択」「お客様情報入力」「各種確認」を入力することで予約完了

Q:楽天モバイルの評判はどう?電波悪いとかある?

楽天モバイルの評判については下記記事に詳しく解説しています。興味のある方はご覧ください。

まとめ

楽天モバイルの店舗数は2019年9月時点で214店舗しかなかったのに対し、2022年2月24日現在で991店舗もあります。

主要都市部はもちろん地方都市部においても楽天モバイルの店舗が増えてきていますよね。

しかし、楽天モバイルを契約するのであれば店舗ではなくWEBでの契約をおすすめします。

WEBでの契約をおすすめする理由は以下の4つです。

WEBでの契約をおすすめする4つの理由

  • WEBの方がキャンペーン内容が豪華で割引率が高い場合が多い
  • WEBの場合、24時間365日いつでも待ち時間が無く自宅で好きな時にスマホ一つでストレスなく契約できる
  • スマホを同時に購入する場合、WEB契約であればiPhoneやandroidの選択肢や在庫が豊富
  • 店舗に行くまでの時間がかからないことや交通費が必要なくお得

上記理由から「WEB」での契約をおすすめします。しかし、この記事を読んでもWEBでの契約はできる自信のない方即日対応で楽天モバイルのSIMカードを使用したい方は店舗での契約も視野に入れて検討しましょう。

楽天モバイルの料金は1プランでありあまりギガを使わない方少し使う方大量に使う方にもコスパ最強のSIMです!

この機会に楽天モバイルに乗り換えて、安くて快適なスマホ生活をおくりましょう。

iPhone13/mini/Pro/Pro Maxの申込みで最大30,000円分ポイント還元

楽天モバイルのお申し込みはこちらをタップ!

※端末実質0円キャンペーンも実施中


格安SIM最新記事


格安SIM 楽天モバイル

これで解決!楽天モバイル(楽天Link)の通話が途切れる問題!電話が繋がらない原因と対処法を紹介!

格安SIM Y!mobile(ワイモバイル)

なぜ3Gになる?ワイモバイルで4G LTE回線に繋がらない場合の対処法を解説!
知らなきゃ損!スマホの乗り換え(MNP)キャンペーン!格安SIM9社を徹底比較

docomo(ドコモ) au ソフトバンク 格安SIM UQ mobile(ユーキューモバイル) Y!mobile(ワイモバイル) 楽天モバイル mineo ahamo LINEMO IIJmio OCNモバイルONE イオンモバイル

知らなきゃ損!スマホの乗り換え(MNP)キャンペーン!格安SIM9社を徹底比較
ワイモバイルでYouTubeは快適に利用できる?目安の通信料や速度・おすすめプランも紹介!

格安SIM Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルでYouTubeは快適に利用できる?目安の通信料や速度・おすすめプランも紹介!
ワイモバイルの分割払いと支払回数の確認方法を解説!一括とどっちがお得?

格安SIM Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルの分割払いと支払回数の確認方法を解説!一括とどっちがお得?
ワイモバイルで残りギガ数を確認する方法は?電話・ネット別で解説!

格安SIM Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルで残りギガ数を確認する方法は?電話・ネット別で解説!
ワイモバイルの配送は遅い?届くまでの流れを紹介!

格安SIM Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルの配送は遅い?届くまでの流れを紹介!
ワイモバイルで緊急地震速報・Jアラートを受け取ることはできる?通知がこない時の対処法も紹介!

格安SIM Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルで緊急地震速報・Jアラートを受け取ることはできる?通知がこない時の対処法も紹介!
ワイモバイルで着信転送サービスは使える?設定方法は?

格安SIM Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルで着信転送サービスは使える?設定方法は?
無料!ワイモバイルはソフトバンクWi-Fiスポットが使える!設定方法と利用できない時の対処法

格安SIM Y!mobile(ワイモバイル)

無料!ワイモバイルはソフトバンクWi-Fiスポットが使える!設定方法と利用できない時の対処法

楽天モバイル最新記事


格安SIM 楽天モバイル

これで解決!楽天モバイル(楽天Link)の通話が途切れる問題!電話が繋がらない原因と対処法を紹介!
知らなきゃ損!スマホの乗り換え(MNP)キャンペーン!格安SIM9社を徹底比較

docomo(ドコモ) au ソフトバンク 格安SIM UQ mobile(ユーキューモバイル) Y!mobile(ワイモバイル) 楽天モバイル mineo ahamo LINEMO IIJmio OCNモバイルONE イオンモバイル

知らなきゃ損!スマホの乗り換え(MNP)キャンペーン!格安SIM9社を徹底比較
楽天モバイルからIIJmioに乗り換える手順とデメリット7選

格安SIM 楽天モバイル IIJmio

楽天モバイルからIIJmioに乗り換える手順とデメリット7選

格安SIM LINEMO UQ mobile(ユーキューモバイル) 楽天モバイル Y!mobile(ワイモバイル)

【2022年5月】ゲットしないと大損!格安SIMでキャッシュバックが貰えるのはココだ!

格安SIM 楽天モバイル

【2022年5月】楽天モバイルのおすすめスマホ(機種)ランキング!コスパ最強は・・・

格安SIM 楽天モバイル

【悲報】楽天モバイルが1GB以下0円を終了!いつからRakuten UN-LIMIT VIIへ変更になる?
【1年無料】楽天モバイル×楽天ひかりのセット契約がお得!まとめるメリットや申込方法も解説!

格安SIM 楽天モバイル

【1年無料】楽天モバイル×楽天ひかりのセット契約がお得!まとめるメリットや申込方法も解説!

iPhone(アイフォン) iPhone13 iPhoneSE3 格安SIM 楽天モバイル

楽天モバイル公式と楽天市場店の違いを徹底解説!どっちがおトクにiPhoneを購入できる?

格安SIM 楽天モバイル

楽天モバイルのApple Watchの申し込み方法・ペアリング設定方法・電話番号シェアサービス申し込み方法を解説!これで快適に使える

格安SIM 楽天モバイル

Rakuten BIG sのおすすめケース・ガラスフィルムまとめ

-格安SIM, 楽天モバイル
-

Copyright© iPhone大陸 , 2022 All Rights Reserved.