iPhone(アイフォン) Xperia Galaxy Oppo

待った!買ってはいけないスマホランキング | 損する機種の特徴と買って後悔した機種を大暴露

あなたのスマホ歴は何年でしょうか?スマホが当たり前の時代になってから、それなりと言える年月が経過しましたね。少なくとも10年はスマホが主流の時代だったんじゃないでしょうか。私も思い返すと10、11年前くらいからスマホです。割とガラケーで粘ったほうです笑

そんな生活にかかせないスマホですが、あまり詳しくないと失敗したり、選ぶ際に店員さんに言われるがままにチョイスしてみて「なんか違った」ってこともあるかと思います。

そこで、今回は「買ってはいけない!」スマホの特徴を含め、オススメできるスマホの紹介、そして当サイトiPhone大陸の担当者が「実際に購入してみて失敗しちゃった」と思った機種までも紹介・・・!果たして一体何が失敗の原因だったのか?是非、参考にしてみなさんは失敗しないでくださいね!

買ってはいけないスマホの特徴とは?

①バッテリー容量が小さい

バッテリー容量というのはスマホの端末紹介のスペックで基本的に確認することが可能です。
バッテリーはどうしてもその本体の大きさに左右され、大きい端末であればバッテリーも比例して大きくなっていきます。

今の大き目スマホのスペックですと、5,000mAhくらいあるのが一般的です。
また、小さい小型スマホでも3,000mAh~あることが多く、やはりそれくらいないと充分とはいえなくなっています。

バッテリーを消耗する理由は様々ですが、そもそものスペックで左右されたり、OSの違いや使い方でも左右されます。
その中でも「一般的に連絡やちょっとしたゲームや動画を見る人」も平均的に3,000~4,000mAhは必要になります。

つまり、それ以下、とりわけ2,500mAh程度の場合には選ばないほうがいいと言えます。

また、アプリをたくさん使ったりゲームや動画を存分に楽しみたい場合にはやはり4,000mAh前後のバッテリー容量がある端末が安心して使えます・

②能力・性能が低い

スマートフォンにはCPUという処理能力がどんなものかをみることができる項目があります。
たとえばAndroid機種ならば日本ではSnap DragonというCPUを搭載していることがほとんどなのですが、これの型番が新しいものは処理能力が高く、この型番が低い(古い)と処理能力が低くなってくることになります。

この能力は最新モデルなのか・ハイスペックモデルなのか・ミッドレンジなのかなどで変わってきます。

それ以外にも「RAM/ROM」といって、いわゆる「机の大きさと机の上に本を広げてどれだけ作業できるのか」というスペースを表す数値があります。

このRAMが低いと「作業できるスペースが低いから色々同時にできない」ことになりますし
ROMが小さすぎても「作業した内容を保存したりとっておけるスペースが少ない」ことになります。

ハイスペックモデルですと、RAMが12GB、ROMは256GBくらいかそれ以上ある内容が多いですね。
これがミッドレンジになると大体RAMは8GB程度、ROMは128GBくらいがメジャーでしょうか。

このRAM/ROMやCPUが低いとどうなるの?というと

  • スマホの操作がなめらかにいかずカクつく
  • アプリが強制終了されてしまう
  • 動作や表示などに時間がかかってしまう

など、こういった症状が出るわけです。

意外とこれストレスな内容ですよね。

こんなことにならないためにはやはりRAM/ROMはある程度の数値があるものを選びたいところです。
目安としては6GB/64GB以上は絶対あったほうがいいですね。
それ以下になると多分、使い方によってはスムーズにいかなくてイラつく可能性があります。

ただこの数値はAndroidのスマートフォンに関してであり、OSが異なるiPhoneはまたちょっと別になります。

iPhoneのRAMはAndroidより少なくても問題ないのはなぜ?

iPhoneに搭載されているRAMは基本的にはAndroidよりも小さい数値になっています。
それだと「処理能力に問題はないの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんね。
実はiPhoneはAppleがすべてを開発しているため、OSもメモリもなにもかもがAppleのもので出来上がっています。
一方Androidは色々な会社が開発し、ハードとソフトの開発する会社が異なっています。※Google PixelはGoogle社が開発していますが

そのためiPhoneは設計上、ハードもソフトも相互に動作するようになっており、少ないメモリをフルパワーで利用することができます。
一方ハードとソフトが異なるAndroid端末では、iPhoneのようにはいかず、その分メモリを大量にして対応しているというわけです。

iPhoneのRAMは小さいからといって、能力が低いわけではありません。RAMの数値が低くても設計上問題なく能力を発揮できる、ということが回答になります。

③不具合報告が多い

不具合というのはどうしても精密機器だから起きうる話になります。
これまで不具合報告で様々なことが起きています。
たとえばこの記事などでは、どんな不具合が起きて、どんな対処法があったかをみることができますよ!

ただ、不具合は多少どの機種にあっても多いか・少ないか、という点で異なります。
不具合が頻発しているような場合にはやっぱりちょっと避けて選んだ方がいいケースもありますね。

不具合については、公式ホームぺージだけでなく、TwitterなどのSNSで報告をみることができます。
ただそれなりにメジャーな端末だとすぐわかるのですが、マイナーすぎる端末だと報告自体あまり見かけないことも。

もし「聞いたこともないようなメーカー」から購入する場合、事前に不具合があるかどうかも分からない可能性がありますよ。

そういった点はまさに自己責任・・・という感じになっちゃうので、購入はできるだけメジャーなメーカーがオススメです。
不具合があったとしても、メジャーなメーカーであれば対処もきちんとされるケースが多いです。

④口コミが悪い

口コミは価格.comなどでスマホの端末そのもののレビューを多くの人がしてくれています。
購入した端末のデザインはどうだったか、バッテリーの持ちはどうだったか、カメラはどうか、音量は・・・
など様々な項目で一人一人が感じたことを書いてくれているのでとても参考になります。以下の記事でも紹介していますが、口コミを参考にして考えてみた内容になっています。

レビューがほとんど悪いものしかないのならやっぱり避けたほうがいいなと思います。
勿論、感じ方も使い方も人によって異なりますし、必ずしもその人たちが「善意」をもって書いているかは別なのですが
それでもやっぱり口コミはある程度参考にしたほうがいいかなと思います。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

【ここを抑えておけばOK】外れないスマホの選び方は

①メジャーなメーカーを選ぶ

メジャーなメーカー?と気になるかもしれませんが、日本のスマホシェア率は以下の通りです。※2021年4~9月の集計

1位:アップル(112万台/シェア41.9%)
2位:シャープ(50万台/シェア18.7%)
3位:OPPO(49.8 万台/18.6%)
4位:シャオミ(19万台、7.1%)
5位:サムスン(16.6万台、6.2%)

参考:MM総研調べ、ケータイ Watchより参照

一方、世界のスマホシェア率は以下の通りです。※2021年第4四半期の集計

1位:サムスン
2位:Apple
3位:小米科技(シャオミ)
4位:vivo

参考:CNET Japanより参照

Appleは世界でも日本でも上位ですよね。iPhone使っている人は多いですからね~
ただ、世界全体の5位のvivoは聞いたことがない人も多いでしょうね。日本でも見ませんよね。
逆にAQUOSなどを発売しているSHARPも、XpeiraのSONYも世界全体ではランクインしません。

日本においては「日本製」なイメージが強く人気がありますが、世界でみればそうでもないわけですね。

この両方にランクインしているメーカーであれば、割と使いやすい/はずれは少ない。と思っていいのかもしれません。

②自分の使いたい用途をハッキリさせて選ぶ

あなたは自分のスマホの使い方を考えたことはありますか?
私は「ゲームもするしSNSも見る」タイプの使い方です。

なので、できるだけ処理能力があるものが好きですね。
逆に「カメラはそこまで求めない」ため、カメラ機能の充実度よりは処理能力の高さのほうを重視します。

他にどんな人がいるのか?というと
「連絡するためのものだからLINEやSNSができれば問題なし」
という人や
「動画撮影したのをYoutubeにアップしたいからカメラ機能が充実していて編集しやすいもの」
という人などもいるんです。

このように使い方次第でスマホに求めるものが異なります。
自分がどのようにスマホを使いたいのか?をきちんと考えてみると、自ずと選ぶ機種というのは決まってくるものです。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

これを買えば問題なし!評判の良い人気おすすめスマホランキング【iPhone/Android】

1位:iPhone13

ドコモ(docomo)でiPhone (アイフォン)に機種変更するならどれがいいかの記事より、機種の内容を紹介します。

 iPhone 13
本体価格128GB : 98,800円
256GB : 110,800円
512GB : 134,800円
カラーミッドナイト/スターライト/(PRODUCT)RED/ピンク/ブルー/グリーン(新色)
サイズ(縦×横×厚さ)146.7×71.5mm×7.65mm
重量173g
ストレージ128GB/256GB/512GB
ディスプレイ6.1インチ Super Retina XDRディスプレイ
カメラメイン : デュアル12PM(広角/超広角) F値 1.6(広角)/2.4(超広角)
フロント : 12PM F値2.2
CPUA15 Bionic
バッテリービデオ再生 : 最大19時間
ビデオ再生(ストリーミング) : 最大15時間
オーディオ再生 : 最大75時間
急速充電30分で最大50%充電(20Wのアダプタを使用した場合)
ワイヤレス充電/MagSafe対応/対応
生体認証顔認証(Face ID)
5G対応

iPhone13は2021年に発売されたiPhoneです。

カメラ機能が充実したシリーズになっています。iPhone13では以下のような撮影が可能です。

  • シマネティックモード
  • 4Kビデオ撮影
  • ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影
  • ナイトモード

シネマティックモードはやはり特徴的で、被写体がフレームに入ったことを感知して自動的にフォーカスをあわせてくれるので、特に映像にこだわりたい人には楽しめる機能になっていますね!ナイトモードの集光率も毎回よくなっており、ナイトモードを搭載したiPhone11と比較するとかなり明るく撮影できるようになっているのも分かります。

カメラも勿論よいのですが、A15Bionicになったことで能力も高くなっています。ゲームやその他の処理機能も向上していることや、5Gにも対応していることから考えても総合的に「持っていて使いやすくなおかつ楽しめる」端末として1位かなと考えています!

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

2位:iPhone SE3

楽天モバイル iPhone SE(第3世代)

 iPhone SE(第3世代)
本体価格64GB : 57,800円
128GB : 63,800円
256GB : 76,800円
カラーミッドナイト/スターライト/(PRODUCT)RED
サイズ(縦×横×厚さ)138.4×67.3×7.3mm
重量144g
ストレージ64GB/128GB/256GB
ディスプレイ4.7インチ Retina HDディスプレイ
カメラメイン : シングル12PM F値1.8
フロント : 7PM F値2.2
CPUA15 Bionic
バッテリービデオ再生 : 最大15時間
ビデオ再生(ストリーミング) : 最大10時間
オーディオ再生 : 最大50時間
急速充電30分で最大50%充電(20Wのアダプタを使用した場合)
ワイヤレス充電/MagSafe対応/非対応
生体認証指紋認証(Touch ID)
5G対応

スペックの高いiPhoneよりも、コスパのいいiPhoneで使いやすいもの・・・となればやはりiPhoneSEシリーズでしょう!

iPhone8を踏襲した形となり、現在販売しているiPhoneで唯一の指紋認証を搭載したiPhoneです。

iPhoneの最新シリーズはすべて顔認証となっており、その点がどうしてもマイナスpointと感じる人が多くその中での指紋認証を搭載したSEは、マスクをしていても使いやすい端末としてやっぱり人気があります。

マスクをしていても顔認証ができるようにアップデートされたといってもiPhone12以降になっているので、11を利用している人は不便さを感じたままだと思いますね。

更に最新iPhone13と同様A15Bionicとなっており、処理能力も高いiPhoneなので、ディスプレイ部分が狭い(ベゼル部分が大きい)こととシングルカメラ以外は
本当にかなり最高な出来だと思いますよ。

ただし「スマホにすさまじいカメラ能力もいらないし、ベゼル部分が大きくても気にならない」
という方もかなり多いでしょう。そういう意味で「ちょうどいい」のがこのiPhoneSEだと思います。

また能力は高いのに価格は安い!というとことからもiPhoneSEがオススメ。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

3位:Galaxy S22

Galaxy S22/S22 Ultraをレビュー!メリット・デメリットも紹介!進化した実力は?より内容を紹介しています。

 GalaxyS22
サイズ146x70.6x7.6mm
重さ167g
CPUSnapdragon8Gen1
RAM/ROM8GB/256GB
ディスプレイ6.1インチFullHD+/DynamicAMOLED有機EL
リフレッシュレート120Hz
アウトカメラ広角:50MP,f/1.8,24mm,OIS
超広角:12MP,f/2.2,120°,
望遠:10MP,f/2.4,70mm,光学3倍ズーム,OIS
インカメラ10MP,f/2.2,26mm
SDカード×
バッテリー3,700mAh
生体認証顔認証・ディスプレイ内指紋認証
防水・防塵IP5/8、IP6X
NFC
イヤホンジャック×

世界的にも日本でもシェア率の高いSamsungのGalaxyから、ハイスペックモデルをオススメします。

Galaxy S22の良いところというのは以下の通り。

  • CPU性能が高く快適に使える
  • 本体が小型化し手に馴染む
  • 高画質で手ブレの少ない撮影ができる
  • 高リフレッシュレートで滑らかな操作感
  • 顔と指紋認証を搭載しているのでシーン別で使い分けができる

といったメリットがあります。やはりハイエンドモデルというのは使いやすく、満足度が高い端末に仕上がっています。

Galaxy S22であれば、ゲームもカメラもSNSも通信も、ストレスなく使える事間違いナシですよ!

4位:OPPO Reno5A

【レビュー】OPPO Reno5 Aを使ってみた!全体的バランスの良い「最良」スタンダードモデル!ワイモバイルで購入せよ!より内容を紹介しています。

機種名OPPO Reno5 A(オッポ リノファイブ エー)
メーカーOPPO(オッポ)
型番
ドコモ-
au-
ソフトバンク-
SIMフリー-
サイズ(縦x横x厚さ)162×75×8.2mm
重さ182g
ディスプレイ約6.5インチ TFT 1677万色
解像度:2400×1080(フルHD+)
CPUSnapdragon™ 765G
オクタコア(2.4GHz+2.2GHz+1.8GHz)
RAM/ROM6GB/128GB
バッテリー4000mAh
急速充電USB Type-C
PD(9V/2A)・QC(9V/2A)対応
ワイヤレス充電非対応
アウトカメラクアッドレンズ(4眼)
メイン:約6400万画素 F値1.7
超広角:約800万画素 F値2.2
モノクロ:約200万画素 F値2.4
マクロ:約200万画素 F値2.4
インカメラ約1600万画素 F値2.0
生体認証指紋/顔認証
防水・防塵IPX8/IP6X
おサイフケータイ対応
リフレッシュレート90Hz
カラーシルバーブラック/アイスブルー
イヤホンジャック3.5mmイヤホンジャック搭載

4眼レンズを搭載した5G端末となっています。
「今の時代」の必要とされる内容が入っていると思えますね!

おサイフケータイにも対応していますし、eSIMにも対応!(デュアルSIMならいう事なしですが、DSDS=デュアルSIMスタンバイには対応しません)
ゲームも楽しめる90Hzのリフレッシュレートも搭載、と、価格帯から考えてもとてもコスパがいい機種です。

スタンダートモデルというのはミッドレンジよりちょっと上、ハイスペックモデルには劣るけど使い勝手のいい機種のことですかね。OPPO Reno5Aはやはりその枠にはいるかと思います。価格も安く、非常にお得に使えるスマホとして是非にも紹介したい機種だったのでこちらでオススメしておきます。

おトク注意報!

緊急値下げ!!機種代金から21,940円割引!!

6/1 YM OPPO Reno5 A CP

OPPO Reno5 Aが3,980円で購入できるチャンス♪

公式:ワイモバイルオンラインストア|Oppo Reno5 A 特化情報
※オンラインショップなら事務手数料が無料!

ワイモバイルで超PayPay祭りが開催!もしかしたら高額端末が全額戻ってくるかも・・・?

続きを見る

5位:Xperia1 Ⅳ

最新のXperia1IVの発売日はいつ?スペック・価格情報まとめよりスペックを紹介しています。

 Xperia 1 IV
サイズ約71mmx約165mm×約8.2mm
重量187g
ディスプレイ約6.5インチ4K/21:9 ワイドディスプレイ
CPUSnapdragon 8 Gen 1
RAM/ROM12GB/256GB
バッテリー5,000mAh
アウトカメラ

クアッドカメラ
・12MP超広角レンズ16mm F値2.2
・12MP広角レンズ24mm F値1.7
・12MP光学望遠ズーム85-125mm F値2.3-2.8
・3D iToFセンサー

インカメラIMX12MP
生体認証指紋
防水・防塵IPX5/IPX8・IP6X
カラーブラック・アイスホワイト・パープル※1

Xperia 1 IVでは上下のベゼルが狭小化、スリムボディをフラットなフレームで囲んだ、スタイリッシュなデザインとなりました。

高耐久ガラスCorning® Gorilla® Glass Victus®を採用していますので、よりタフネスな仕上がりとなっています。

世界初の光学望遠ズームはどの焦点距離でも、高解像度かつ繊細な写真や動画が撮影できるようになりました。

全てのリアカメラに120fps高速読み出しに対応したイメージセンサー搭載しているので、高精度なAF/トラッキング性能や4K 120fps撮影が可能です。

まさにカメラに注力した機種になっていますよね。

カメラを楽しみたい人、ゲームを楽しみたい人、スタイリッシュなデザインが好きな人などにオススメです。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

【新しいスマホを買う前にチェック】本当に変え時?

①バッテリーの持ちが気になる場合

今使っているスマホ、2年未満くらいだけどバッテリーの持ちが気になるな・・・
という場合もあるでしょう。
そもそものバッテリー容量が小さい場合には、モバイルバッテリーを使うのも良いでしょう。

もともとあまりバッテリー容量を気にせず購入してしまった、という人などはこういった対応で対処できます。
たとえば小さいバッテリー容量でも、5,000mAhのモバイルバッテリーを使うことで、その分実質の容量を大きく使えるというわけです。

それに、もし何か有事の際にもモバイルバッテリーは役立ちますよ。

ただし、バッテリーの機能自体が著しく悪い場合にはやはりバッテリーを交換するか、機種変更するのが良いでしょう。

②アップデートは最新になっているか

スマホはソフトウェアを更新しています。
ソフトウェアの更新で、不具合の解消などが提供されています。

ただ、あまり詳しくないからといってアップデートをしないでいる人もいたりしますね。
そうなると、不具合はそのままになってしまったり、動作が不安定になるケースが起こります。

まずは自分のスマホのソフトウェアがきちんとアップデートされているのか?をチェックしてみてください。

ただし使っているスマホが古いと、ソフトウェアの更新対象外になることもありますよ。そこまで来たらもう、変え時です笑

③余計なキャッシュを削除しているか

スマホの動作がモサモサになってきたな、とか、カクついているからダメなのかな?
と思っている人で、意外とあるのがアプリをちゃんと終了していなかったり、余計なキャッシュがそのままというケースです。
そのままにしておくと、スマホもずっと両手に荷物を持たされて疲弊している状況なわけです。

そうなるともともと持っている能力を発揮できなくなることがあります。
これらを解消するためには、余計なキャッシュデータを削除したり、アプリをきちんと終了する必要がありますよ。

これらはアプリで解消が可能です。
クリーナーアプリで検索するとでてきますが、インストールしてそれを使うことで、本来持っている処理能力を使うことが可能です。

またアプリではなくても再起動することでも動作の問題が解決することもあります。

④初期不良などは無償修理対象になる

スマホ、買ったばかりなのに何かしら不具合が起きている。という場合には、初期不良の可能性があります。

たとえば

  • 異常なバッテリーの減り方をしている
  • 画面にタッチしても反応してくれない
  • 通信がとにかくすぐ切れる
  • 画面がチラつく

などです。これらの不具合は、自然故障や初期不良の可能性がありますよ。
早めに購入した先やキャリア、メーカーに問い合わせてみましょう。

無償で修理してもらえたり、交換になる可能性があります。

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

iPhone大陸の編集部3人が買って「後悔した」スマホを暴露・・・!

sonokuroの買って後悔した2機種はコレ・・・

私の買って後悔した機種というのは思い返すと2つあるんですよね・・・2つで済んでいるからまだ痛手は少ないほうかもしれません笑

ただ、何が後悔ポイントだったのか、みなさんにもシェアすることで今後のスマホ購入の際の手がかりになれば幸いです(´;ω;`)

Xperia SO04E

2013年夏モデルのスマートフォンでドコモで購入しました。もう9年前の話ですから、そもそものスペックとしては低くて当たり前なのですが、当時のスマホとしてはそれなりに良い機種でしたね。

RAM/ROMは2GB/32GBという低さ笑!今の状況から見たら「なんだその数値」ですけど、当時は普通です。

使っていた当時、実はこのスマホが私の初めてのスマホでした。だから比べようがなくて、ガラケーと違って凄いな~のほほん。って感じで使っていたんです。そして当時は特にスマホに詳しくもないので、店員さんのオススメする機種的な感じと価格面で「これでいっかな~」って選んでました。

しかし「よく固まるから再起動していた」んですよ。やっぱりスペックとして低いからそうなっちゃうのも仕方ない話ではあるんですけどね。

当時、このXpeiraからiPhone6へと乗り換えたタイミングでした。初めてiPhoneを使ってみて感じたのが「全然iPhoneって固まらないんだな!」です笑

それからというもの、iPhoneは固まらない/ストレスが少ない、という理由からず~っとiPhoneです・・・

使って比較してみて分かったことではありましたが、それ以来なんとなくXperiaは固まるイメージがついてしまいました。

しかし、今はスペックも高いものがたくさんありますし、必ずしもそうとは限りません。スマホも進化していますからね!

でも、今でもレビューをするために使う時に、なんとなくXpieraには猜疑心を抱かずにはいられない自分がいるのです・・・よ・・・

一度裏切られた感じがしちゃうとダメですね~w

この失敗はまさに「事前調査を全くせずに選んだ故の失敗」の一言でしょう・・・

iPhone 12 mini

おいおい、iPhoneユーザーのお前が何iPhone12 miniを挙げちゃっているんだよ、って感じですよね分かります。

そうなんです、強烈なiPhone支持者の私でもiPhoneで失敗したのがこの12mini

サイズ感も大好きだし、使いやすくて気に入っていたのですが、私の使い方には合わなかったんです。

私はゲームをするので・・・しかもなんかバッテリーを消耗するゲームをしちゃっておりまして(つぐmeと第5人格。。。)miniは小さめで使いやすい反面、その大きさに比例してバッテリー容量は少なかったんです。2,227mAという容量のようで、やっぱり少ないんです。

ただ、これはゲームとかしない人なら気にならなかったんじゃないかなって思います。

この時、私編集長にこんなことを言っているんですよ・・・(日付見たら2021/07/01でした)

iPhone12miniですが、バッテリーのパフォーマンスが91%までになっており、半年でこれは結構減っているんじゃないかと思いまして Appleのサポートアプリから問い合わせてみました。

Twitterをみるとやっぱり12miniのバッテリーの減りが早い人がチラホラいて、このままいけば、11月くらいにはもうバッテリー交換の%になっている気がします。 1年でそれだと早いですよね?劣化が早いのかな。 消耗しないようにこういう設定がいいですよ的なのは紹介されていますが、基本的に全部やっているので本体の問題なのかなと思っています。

こうもバッテリーが減ると、サイズ感は超好きなんですけど やっぱり12とかにしていたほうがよかったのかな~なんて思います。
一応、対応してくれた人は「調整をしてもなお改善が見られない場合には点検など修理サービスを速やかに提案いたします」というお返事でした。

結果、どうしたかというと、私はこの12miniを下取りに出してiPhone13を購入しました!!!笑

やっぱりバッテリーの減りが早くて嫌で変えちゃったんです。じゃあiPhone13はどうかっていうと、12miniより断然持ちますよ。でもゲームめっちゃすれば減ります!そらな。私のゲームのやり方とゲームのチョイスの問題なんだ・・・きっと・・・

一方、ゲーム用に持っているAndroid機種もあるんです。それは動き的には若干iPhoneよりも劣るしそこまで使いたいワケじゃないけど、バッテリーの持ちが良いんですよ。12miniは動きはよかったけどバッテリーの持ちが悪かった。

まさに「何を目的としてスマホを使うか」を見誤った結果でしたね・・・

編集長(みく)の買って後悔したスマホはGalaxy Note10+

Galaxy Note10+

編集長(みく)が買って後悔したスマホはGalaxy Note10+。

Noteシリーズといえば、Sペンが魅力的ですよね!ちょっとしたメモやスケッチを書く際にとても役立ちます。その他にもカメラ性能がよく、有機ELディスプレイで色の発色もよく、さすがハイエンドモデルといった感じでした。

ただ...ただ本体が大きすぎるんです。大きすぎ・重すぎ・角張りすぎ...。もちろん購入時にわかっていたものの、Sペンやその他の魅力といっときの感情で購入してしまったんです。

本体が大きすぎることでのデメリットは、ズボンにおさまりきらない点です。男性ならズボンのポケットにスマホを入れる方が多いと思います。ただポケットにおさまりきらないと安心できないんですよね...笑

Galaxy Note10+を入れたまま椅子に座ると、ツルッと落ちてしまいそうで何度怖い思いをしたことか。

また私はスマホゲームをすることが多いのですが、横持ちした際にとにかく手が痛い!!Galaxy Note10+の四隅は丸みがなく角ばっているので、長時間ゲームをしていると必ずといっていいほど手が痛くなります。またディスプレイもエッジが効いているので、フィルムを張っていると反応しなかったりなんてこともあるんですよね。もっとストレスフリーでゲームを楽しみたい...。

そういったネガティブ要素が重なり、結果半年もしないくらいでGalaxy Note10+を売ってしまいました笑
それ以外は完璧なスマホでしたよ。ただ毎日使うと思ったら耐えきれずに手放していました。

それ以降Noteシリーズに手を出すことはなくなり、いまではGalaxy S22を愛用しています。このサイズ感がちょうどよい!!

なんならiPhone13miniくらいのサイズ感でもよいくらいです。iPhone13miniにGalaxy S22のカメラが搭載されたらいいのにな〜なんて思ったり...笑。

はっちの買って後悔したスマホはGalaxy Z Flip3 5G

はっちが買って後悔したスマホは、Galaxy Z Flip3 5Gです。なぜGalaxy Z Flip3 5Gを買ったかって?ちょっと冒険してみたくなったからです笑

買い換える前はiPhone13もいいなと思っていたのですが、デザインもあまり変わらないし違うスマホも試してみたいなということでGalaxy Z Flip3 5Gを購入しました。

iPhoneとはまた違ったよさもあり、かなり魅力的な1台です。Snapdragon 888 5Gを搭載していることもあり、動作はかなりサクサク。リフレッシュレートも120Hzあるので、スクロールも滑らかでiPhone11Proからの買い替えということもあり快適でした。

ただバッテリーの不安と発熱、そしてGalaxy Z Flip3 5Gならではの折りたたみ機能を使わないという点から買って後悔したと思っています。

Galaxy Z Flip3 5Gのバッテリー容量は3,300mAhと多くはありません。そのため長時間動画を見たりアプリゲームをしていると、すぐに電池がなくなってしまいます。1日外にいる時はバッテリーに不安を抱えながら使うことに...。また動画視聴やゲームをしていると、本体上部がかなり熱を持ちますね。

またGalaxy Z Flip3 5Gだからこそできる折りたたみ機能もほぼ使っていません。最初は使わない時に折りたたんでいたんですが、開く動作が面倒くさくて笑
ずっと開きっぱなしで使っています...。

そして開いた時に気になるのがディスプレイの折り目部分です。最初はあまり気にならなかったのですが、次第に折り目部分の歪み?が大きくなり使っていると気になるように。

私の使い方だとスマホに折りたたみ機能はなくてもよいかなと思いました笑
結局いまはiPhoneを使っています。

まとめ | 買ってはいけないスマホ

買ってはいけないスマホの特徴

  • バッテリー容量が小さいスマホ
  • 能力・性能が低いスマホ
  • 不具合報告が多いスマホ
  • 口コミが悪いスマホ

スマホ選びに失敗したくないのであれば、AppleやSamsung、Xiaomi、OPPO、SHARP、SONYなど、メジャーなスマホを選んでみてくださいね。ただその中でも不具合が多かったり、口コミが悪いスマホが選ばないほうがよいでしょう。

また自分の使い方にあったスマホを選ぶことも重要です。例えばアプリゲームメインでスマホを使うのに、価格だけを重視していてはプレイ中にストレスを感じてしまうでしょう。

今回のランキングで紹介したスマホは性能も口コミもよく、どのようなシーンでも比較的満足できる1台に仕上がっています。

ぜひこの機会に満足できる1台を見つけてみてくださいね!

ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

-iPhone(アイフォン), Xperia, Galaxy, Oppo

Copyright© iPhone大陸 , 2022 All Rights Reserved.