iPhone(アイフォン)

投げ売り!?iPhoneが一括1円・10円で購入できるのはなぜ?キャンペーンや注意点も解説

投げ売り!?iPhoneが一括1円・10円で購入できるのはなぜ?キャンペーンや注意点を解説

「iPhoneが一括1円・10円って本当!?」「一括1円iPhoneはまだあるのかな?」このような疑問を抱えている方が、いまこの記事を見ているのではないでしょうか?

iPhoneってなんとなく高級スマホってイメージがありますよね。それなのに1円!?って思うのは当然の反応です。最近では家電量販店やショッピングモールで「一括1円」や「実質1円」のポップを見かける機会が多くなってきています。

ただiPhoneがそんな価格で買えるはずがない...何か裏があるんじゃないの?騙されてる?こう思うはずです。

そこで今回は一括1円iPhoneの仕組みと実質1円との違いを解説しつつ、ドコモ・au・ソフトバンクの投げ売り情報をまとめて紹介していきます!

また記事の後半では、オンラインで一括1円iPhoneを購入できるキャンペーンも紹介していきます。iPhoneを安く手に入れたい方は必見ですよ!

\ オンラインで1円iPhoneを購入するならココ! /

キャリア機種本体価格
ワイモバイル認定中古品iPhone8(64GB)21,840円→一括1円
楽天モバイルiPhone SE3(第3世代)57,800円→実質0円(2年後返却&ポイント還元含む)
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
楽天モバイルオンラインショップ
UQモバイルオンラインショップ
ワイモバイルオンラインストア

 

一括1円・10円でiPhoneが投げ売りされてるって本当?

iPhone 投げ売り

「iPhoneが一括1円なわけがない」こう思うのは当然です。iPhone SE3(第3世代)なら約5万円、iPhone13なら10万円前後はしますからね。

ただ一括1円iPhoneが投げ売りされているのは本当なんです!

Twitterの書き込みを覗いてみると、「iPhone12が一括1円」「iPhone13miniが実質1円」「iPhone SE3(第3世代)が一括1円」なんて情報はゴロゴロでてきます。iPhone SE3(第3世代)なんて発売と同時に一括1円ですからね...。

主に一括1円キャンペーンを開催しているのは、家電量販店であったりショッピングモールでの出張販売などです。〇〇ショップといわれる単独店舗で開催しているのは稀でしょう。

また一括1円キャンペーンはどこの店舗でも開催しているわけではありません。見つけたあなたはかなりラッキーですよ!

一括1円・10円特典のiPhoneはかなり落ち着いてきている

一括1円・10円iPhoneが賑わっていたのは、2021年の末頃〜2022年5月中旬くらいまででしょうか。Twitterを覗けばみんな「1円!!1円!!」です。笑

しかし6月に入ってからは、かなり落ち着いた様子です。とはいえ店舗によっては、まだ一括1円iPhoneは存在しています。Twitterでの熱が冷めたのか、それとも一括iPhone自体が少なくなってきたのか...どっちの可能性もありそうですね。

一括1円iPhoneのキャンペーンはどこにも告知されていません。そのためキャンペーンを実施している店舗を探し回るか、電話で問い合わせるしかありません。

「それは面倒くさい」「お金を払ってもいいからオンラインで買う」というのなら、それはそれでありでしょう。もし一括iPhoneを発見したら一度スタッフに話を聞いてみるとよいかもしれません。

iPhone12やiPhone13miniは在庫切れで一括1円案件終了!?

一時期iPhone12やiPhone13miniも一括1円や実質1円になっていましたが、人気機種ということもあり、在庫を抱えている店舗はほとんどありません。もし見つけることができたらかなりレアですよ!

オンラインショップでも在庫がないくらいですから、見つかる可能性はかなり低いでしょう。

現在一括で購入できるとしたらiPhone SE3(第3世代)くらいかもしれません。

 

なぜiPhoneが一括1円・10円で購入できるの?どんな仕組み?

iPhone 一括1円の仕組み

でもなぜiPhoneが一括1円や10円で購入できるのか?気になりますよね。総務省によるお達しで2万円を超える値引きはできなくなっています。

実は一括iPhoneには、以下のようなカラクリがあるのです。

一括1円になるワケ

  • 回線契約と同時に端末を購入 → 上限2万円
  • 端末に対する値引き → 上限なし

要するに値引きの上限が設けられているのは回線契約が絡む部分で、端末からの割引に上限はないのです

例としてauのiPhone12を取り上げてみましょう。

上記の画像でいう、「割引特典」の22,000円割引の部分が回線契約に対する割引で、「対象機種限定特典」の43,334円割引の部分が端末代金からの割引にあたります。

かなりグレーな部分であるでしょうが、このように一括1円iPhoneというのは存在しています。

 

iPhoneの一括1円と実質1円の違いは?

iPhone 一括1円と実質1円の違い

1円iPhoneといっても大きく2種類の購入方法があります。もし家電量販店やショッピングモールなどで1円iPhoneをみつけたら、「一括」「実質」の記載に注目してみてください。

「一括1円」と「実質1円」では内容が異なってきます。

一括1円iPhone | 手元に端末が残る

「一括1円」とは、最初に機種代金の1円を支払い自分のものにできる購入方法です

最初に1円を支払っているので、それ以外に機種代金で発生するものはありません。

実質1円iPhone | 端末の返却が必要(レンタル)

「実質1円」とは、機種購入して2年後にiPhoneを返却して実質1円にする購入方法です。返却することで残価の支払いが不要になり、実質の負担額が1円になるというもの。返却しなかった場合は、残価をさらに分割で支払っていく必要があります。

上記auのiPhone12(64GB)を例に上げると、43,080円が残価なので返却しない場合はこの分の支払いも発生します。返却して初めて実質1円になるので、「レンタル1円」ともいわれます。

もし家電量販店等で1円スマホを探すのであれば、この違いを理解しておくことで、自分の使い方にあわせたお得な契約ができるでしょう!

 

店舗の一括1円・10円iPhoneの投げ売り情報まとめ【ドコモ・au・ソフトバンク】

携帯キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)

ここからはTwitterの書き込みをもとに、一括1円iPhoneの投げ売り情報をまとめて紹介していきます。

ドコモでiPhone SE3(第3世代)が一括1円

ドコモではiPhone SE3(第3世代)が一括1円で購入できるという情報が見つかりました。

本体価格の内訳は以下の通りです。

内訳

iPhone SE3(第3世代) 64GB→65,230円

端末購入割引→22,000円割引

機種購入特典→43,229円割引

65,230円 - 65,229円 = 1円

いつでもカエドキプログラムの条件は組み込まれていないので、購入したiPhoneは返却する必要がありません。

他社からの乗り換えであれば、単純に一括1円で購入できるということです。

ただし回線契約がない場合は、端末購入割引の22,000円は適用されないので、22,001円になります。また過去に本キャンペーンでiPhoneを購入している方は1円の対象外です。

ドコモでiPhone13miniが実質23円(レンタル)

さらにドコモではiPhone13mini(128GB)のキャンペーンも開催しているようです。

本体価格の内訳は、以下の通りです。

内訳

iPhone13mini 128GB→98,208円

23ヶ月目に返却(いつでもカエドキプログラム)→48,840円免除

MNP限定割引→22,000円割引

店舗独自割引→27,345円割引

98,208円 - 98,185円 = 実質23円

iPhone13miniのキャンペーンに関しては、いつでもカエドキプログラムでの購入が条件に入っています。

いつでもカエドキプログラムとは、ドコモの残価設定型の購入サポートです。最終回(24回目)に残価を設定し、残りの本体代金を分割で支払っていく仕組みです。

例えば今回のiPhone13miniの場合は最終回の支払い時に端末を返却すれば、48,840円の支払いが不要になります。また返却することは必須ではありませんが、その場合は48,840円を再度分割で支払っていく必要があるため実質23円にはなりません。

毎月1円ずつ機種代金を支払っていくレンタルのパターンですね。

7/28からiPhoneSE(第3世代)が大幅値上げ!今すぐ急げ!ahamoの方も機種変更可

ドコモオンラインショップはこちらをタップ!

※2021年11月26日から機種変更はスマホ・タブレットのモバイル回線のみとなりました

auでiPhone SE3(第3世代)が一括1円

auではiPhone SE3(第3世代)が一括1円で購入できるという情報が見つかりました。

本体価格の内訳は以下の通りです。

内訳

iPhone SE3(第3世代) 64GB→65,335円

割引特典→22,000円割引

対象機種限定特典→43,334円割引

65,335円 - 65,334円 = 1円

スマホトクするプログラムの条件は組み込まれていないので、購入したiPhoneは返却する必要がありません。

他社からの乗り換えであれば、単純に一括1円で購入できるということです。

ただし回線契約がない場合は、割引特典の22,000円は適用されないので、22,001円になります。また過去に本キャンペーンでiPhoneを購入している方は1円の対象外です。

auでiPhone12が実質1円(レンタル)

さらにauではiPhone12(64GB)のキャンペーンも開催しているようです。

本体価格の内訳は、以下の通りです。

内訳

iPhone12 64GB→94,485円

23ヶ月目に返却(スマホトクするプログラム)→43,080円免除

店舗独自値引き→16,500円割引

5G MNPおトク割 → 5,500円割引

対象機種限定特典→29,404円割引

94,485円 - 94,484円 = 実質1円

iPhone12のキャンペーンに関しては、スマホトクするプログラムでの購入が条件に入っています。

スマホトクするプログラムとは、auの残価設定型の購入サポートです。最終回(24回目)に残価を設定し、残りの本体代金を分割で支払っていく仕組みです。

今回のiPhone12の場合は最終回の支払い時に端末を返却すれば、43,080円の支払いが不要になります。また返却することは必須ではありませんが、その場合は43,080円を再度分割で支払っていく必要があるため実質1円にはなりません。

ドコモのiPhone13miniと同じレンタルパターンですね。

街のお店より1万円以上お得なことも!ahamoの方も機種変更可!

auオンラインショップでお得にスマホを手に入れるにはコチラをタップ!

※24時間自宅からスマホ・PCだけで完結!

ソフトバンクでiPhone SE3(第3世代)が一括1円

ソフトバンクではiPhone SE3(第3世代)が一括1円で購入できるという情報が見つかりました。

本体価格の内訳は以下の通りです。

内訳

iPhone SE3(第3世代) 64GB→67,680円

乗り換え特典→22,000円割引

対象機種限定特典→45,679円割引

67,680円 - 67,679円 = 1円

新トクするサポートの条件は組み込まれていないので、購入したiPhoneは返却する必要がありません。

他社からの乗り換えであれば、単純に一括1円で購入できるということです。

ただし回線契約がない場合は、乗り換え特典の22,000円割引は適用されないので、22,001円になります。また過去に本キャンペーンでiPhoneを購入している方は1円の対象外です。

街のお店より1万円以上お得なことも!ahamoの方も機種変更可!

ソフトバンクオンラインショップでお得にスマホを手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら頭金・事務手数料が無料!

ワイモバイルでiPhone SE2(第2世代)が一括1円

なんと大手キャリアのみならず、サブブランドであるワイモバイルでも一括1円iPhoneを販売しているではありませんか!なかなか攻めてきますね。

内訳

iPhone SE3(第3世代) 64GB→57,600円

乗り換え特典→21,600円割引

対象機種限定特典→35,999円割引

57,600円 - 57,599円 = 1円

iPhone SE3(第3世代)の型落ちにはなりますが、ワイモバイルでも一括1円で購入可能です。単純に最初に1円を支払えばiPhoneをGETできるキャンペーンなので、返却の必要はありません。

ただし回線契約がない場合は、乗り換え特典の21,600円割引は適用されないので、21,601円になります。

オンラインストアなら機種代金が最大21,600円値引き!

今すぐiPhoneをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,300円する事務手数料が無料!

 

SIMのみ契約でも最大10,000円相当のPayPayポイントがもらえる!

YM ヤフー店 訴求

店舗と違って事務手数料がタダ!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※SIMのみ契約の方はこちらがお得!

 

iPhone本体のみの購入でも一括1円になる?

iPhone本体のみでも一括1円になる?

一括1円iPhoneがほしいけど、携帯キャリアは変えたくないという方もいるでしょう。

しかし一括1円というのは乗り換えありきの価格なので、本体のみの場合は難しいでしょう。

各店舗では乗り換え特典として22,000円の割引を適用してくれます。そのため回線契約が伴わない場合は、機種限定割引のみの適用になります。結果、本体のみだと22,001円になることがほとんどです。

とはいえ何万何十万もするiPhoneが20,001円で購入できるのですから、それでもかなり安いですよね。

ただ本体のみの購入は店舗側にメリットがなく、在庫がないと断られてしまうことも...。キャリアにこだわりがないのなら、乗り換えたほうがスムーズにiPhoneを購入できるかもしれません。

 

一括1円・10円iPhoneを購入する際の3つの注意点

もし一括1円・10円のiPhoneを購入する機会があれば、以下の点に注意してください。

注意

  • 対象プランが決められていることがある
  • オプションへの加入が必須な場合がある
  • 本体のみの購入は一括1円にならない

購入するキャリアによっては、対象プランが決められている場合があります。ドコモやauはプランの指定がなく、ソフトバンクはプラン指定がある印象です。

例えばソフトバンクのiPhone SE3(第3世代)の場合、メリハリ無制限もしくはスマホデビュープランが対象で、ミニフィット+は対象外となっています。

また購入する店舗によっては、機種代金を一括1円にする代わりにオプションへの加入を求められる場合があります。毎月の通信料にプラスしてオプション料もかかってきてしまうので、細かい条件等はスタッフに確認してみてくださいね。

 

オンラインで一括1円iPhoneを購入する方法とキャンペーン

店舗以外で一括1円iPhoneを探している方は、以下キャンペーンを参考にしてみてください。

iPhoneのキャンペーン

  • ワイモバイルのタイムセールを狙う | 認定中古品iPhoneが1円
  • 楽天モバイルの発売記念キャンペーンを狙う | iPhone SE3(第3世代)が実質0円〜

ワイモバイルのタイムセールを狙う | 認定中古品iPhoneが1円

ワイモバイル タイムセール 1円iPhone

ワイモバイルオンラインストアでは毎日21時〜9時までの間タイムセールを開催中です。タイムセール時はPayPayポイントの還元率がアップしたり、対象機種が大幅値引きされたりします。

そして認定中古品のiPhone8(64GB)が一括1円の対象になっています。認定中古品iPhoneは、ソフトバンクが販売したiPhoneをリユースした商品です。ソフトバンクが厳選した端末しか取り扱っていないので、安心して使うことができます。

認定中古品iPhone8(64GB)の通常価格は21,840円ですが、タイムセール時なら一括1円で入手できます。最新機種にこだわりがなく、中古品に抵抗がない方はワイモバイルの認定中古品を検討してみてください。

同じくワイモバイルオンラインストアのヤフー店でも認定中古品iPhoneが一括1円で購入できますよ!

オンラインストアなら機種代金が最大21,600円値引き!

今すぐiPhoneをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,300円する事務手数料が無料!

 

SIMのみ契約でも最大10,000円相当のPayPayポイントがもらえる!

YM ヤフー店 訴求

店舗と違って事務手数料がタダ!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※SIMのみ契約の方はこちらがお得!

楽天モバイルの発売記念キャンペーンを狙う | iPhone SE3(第3世代)が実質0円〜

楽天モバイル iPhoneSE3 実質0円〜

楽天モバイルではiPhone SE3(第3世代)の発売を記念して、最大30,000円相当のポイント還元キャンペーンを開催しています。

最大30,000円相当のポイント還元の内訳は、以下の通りです。

RM iPhoneSE3 ポイント還元

また楽天モバイルには、iPhoneアップグレードプログラムという機種購入サポートがあります。iPhoneアップグレードプログラムは機種代金を48回分割にし、24回目の支払いが終わったタイミングで端末を返却すると、残り24回分の支払いが免除になるというものです。

楽天モバイルのiPhone SE3(第3世代)64GBは、通常本体価格が57,800円です。そして2年後に端末を返却した場合は、実質27,800円になります。そこに30,000円相当のポイント還元を含めれば本体の実質負担額は0円です!むしろ機種代金以上の還元が受けられます。

このように機種からの直接的な割引ではありませんが、機種代金の負担を減らしてiPhoneを入手することもできます。

店舗ではなくオンラインストアショップを活用して、確実に安くiPhoneを入手するのもありですよ!気になる方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

7/8からiPhone大幅値上げ今のうちに急げ!

今すぐiPhoneを楽天モバイルでお得に手に入れるにはこちらをタップ!

※端末実質0円キャンペーンも実施中

【店舗限定】スマホ乗り換え.comでiPhoneが月々1円・実質48円で購入可能!

2022年7月、アップルストアおよび各キャリアでiPhoneの値上げが実施されました。
しかしスマホ乗り換え.comなら、実質48円で購入できることも!このチャンスを見逃さないようにしましょう。

iPhoneのキャンペーンは来店が必須なので、気になる方は一度電話で問い合わせてみてくださいね。その際は「スマ割キャンペーン」について聞きたいと伝えればOKです!

スマホ乗り換え.comでは、店舗限定で大幅な割引キャンペーンを開催中です。大好評なキャンペーンなので、ほしい機種がなくなる前にGETしましょう!

対象機種は都度変わり、iPhoneが実質48円(月々1円)で購入できる場合もあります。以下は、過去のiPhoneキャンペーンの一例です。

過去のiPhoneキャンペーン一例

  • 2022年6月18日〜19日 : iPhoneSE3(第3世代)が実質48円(月々1円)
  • 2022年5月21日〜22日 : iPhone SE3(第3世代)が実質48円(月々1円)
  • 2022年3月29日〜31日 : iPhone SE3(第3世代)が一括9,800円

時期により割引額は変動します。2022年8月の対象機種と本体価格は、以下の通り。

対象機種 通常本体価格 割引後本体価格 開催期間 条件
iPhoneSE3(64GB) 73,440円 実質9,840円(205円×48回)
割引総額-63,600円
(内訳 : MNP/新規/機種変更/端末単体で41,616円割引 + 新規/MNPならさらに21,984円割引)
8月12日まで ・乗り換え(MNP)または5〜22以下の新規契約
・メリハリ無制限またはスマホデビュープランに加入
※iPhoneSE3はメリハリ無制限のみ
※スマホデビュープランは、22歳以下の新規契約かガラケーからの乗り換えで加入できます。
・お一人1台まで
店舗への来店で手続きをする(iPhoneSE3のみ)Androidはオンライン申込可能


 
 
Xperia 10 IV 74,880円 実質37,464円(1円×24回)+(1,560円×24回)
※24回目の支払いが終わった時に端末を返却すれば実質24円
割引総額-37,416円
(内訳 : MNP/新規/機種変更/端末単体で15,432円割引 + 新規/MNPならさらに21,984円割引)
2022年8月31日まで
Google Pixel 6a 67,680円 実質33,864円(1円×24回)+(1,560円×24回)
※24回目の支払いが終わった時に端末を返却すれば実質24円
割引総額-33,816円
(内訳 : MNP/新規/機種変更/端末単体で11,832円割引 + 新規/MNPならさらに21,984円割引)
BALMUDA Phone 143,280円 一括1円
割引総額-143,279円
(内訳 : MNP/新規/機種変更/端末単体で121,279円割引 + 新規/MNPならさらに22,000円割引)
OPPO A55s 5G 27,360円 一括1円
割引総額-27,359円
(内訳 : MNP/新規/機種変更/端末単体で5,359円割引 + 新規/MNPならさらに22,000円割引)
arrows We 27,360円 一括1円
割引総額-27,359円
(内訳 : MNP/新規/機種変更/端末単体で5,359円割引 + 新規/MNPならさらに22,000円割引)

新型のiPhone SE3(第3世代)や、約14万近くするBALMUDA Phoneなどが対象になっています。スマホの新調を考えている方もそうでない方も、この本体価格なら手にしておいて損はありません。

またスマホ乗り換え.comでは、不要になった端末の買取も行っています。契約後に送られてくる買取用のQRコードを読み取り必須事項を入力したら、あとは端末を送るだけです!送付キットも後日送られてくるので準備する必要はなし、さらに集荷もきてくれるので自宅にいながら買取手続きができます。

査定が完了すると査定金額の案内メールが届くので、納得すれば1週間程度で口座に振り込まれます。不要な端末の処理に困っている方は、この機会に買取に出してみてはいかがでしょうか?

なおスマホ乗り換え.comの店舗は、池袋、難波、博多の3店舗です。iPhoneSE3の購入のみ店舗への来店が必須です。Androidスマホは郵送での対応が可能!

また土日・月末は予約でいっぱいになる可能性が高いので、余裕を持って平日の早い段階での申し込みがおすすめです!

この機会を見逃さないようにしましょう!

新規・MNPで機種代が最大22,000円割引

スマホ乗り換え.comで今すぐお得にスマホを手に入れるにはこちらをタップ!

※新規でも割引があるのはスマホ乗り換え.comだけ!

まとめ

今回は一括1円iPhoneの情報と割引の仕組みについてをまとめてみました。

一括1円iPhoneは主に、家電量販店やショッピングモールなどの出張販売で開催しています。もし"1円”という表記を見つけたら、店員さんに話を聞いてみるとよいでしょう。

ただ対象プランであったりオプションの加入であったりと、1円になる条件があるので、きちんと内容を理解した上で購入するようにしてくださいね。

オンラインで一括1円・実質0円iPhoneを購入するなら、ワイモバイルと楽天モバイルで取り扱っています。

キャリア機種本体価格
ワイモバイル認定中古品iPhone8(64GB)21,840円→一括1円
楽天モバイルiPhone SE3(第3世代)57,800円→実質0円(2年後返却&ポイント還元含む)

特におすすめなのは、楽天モバイルのiPhone SE3(第3世代)です。実質0円ではありますが、新品かつ最新機種でありながらこの価格で購入できるのはかなりお得ですよ!通常57,800円もしますからね。

楽天モバイルなら通信料も安く抑えられるので、ダブルで節約できます!楽天モバイルでは発売記念のキャンペーンとして特典が付与されるので、安くGETできるうちに申込みしてくださいね!このチャンスを見逃してしまうと単純に57,800円相当分、損してしまいますよ。

楽天モバイル公式サイトは以下からどうぞ!

7/8からiPhone大幅値上げ今のうちに急げ!

今すぐスマホを楽天モバイルでお得に手に入れるにはこちらをタップ!

※端末実質0円キャンペーンも実施中

オンラインストアなら機種代金が最大21,600円値引き!

今すぐスマホをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,300円する事務手数料が無料!

 

SIMのみ契約でも最大10,000円相当のPayPayポイントがもらえる!

YM ヤフー店 訴求

店舗と違って事務手数料がタダ!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※SIMのみ契約の方はこちらがお得!

-iPhone(アイフォン)

Copyright© iPhone大陸 , 2022 All Rights Reserved.