docomo(ドコモ)

home 5Gとドコモ光はどちらがおすすめ?料金や性能を徹底比較

【必見】新型iPhone 13 特集

ねえねえ、home 5Gとドコモ光どっちを契約したらいいかな?
どちらも素晴らしいネット環境だからなやんじゃうよね。

home 5Gとドコモ光のどちらが良いのかこの記事徹底比較します。

自分に合うものを見つけてから契約してね

home 5Gは2021年8月に開始された5G対応のホームルーターで、工事不要で高速インターネットが楽しめるとかなり注目されています。コンセントを挿すだけで設置が完了するので、利用開始までほとんど時間がかからず、とても便利ですよね。

端末を受けった後すぐに利用を開始できるので、急いでWi-Fi環境を整えたいという方におすすめです。

とはいえ、Wi-Fi環境を整えたいと考えた時に、home 5Gとドコモ光のどちらが良いのかと悩む方が多くいます。両者ともドコモが提供しているWi-Fiサービスになりますが、違いがよくわからず決められないという方も少なくないでしょう。

そこで今回は、home 5Gの特徴やドコモ光との比較、home 5Gのメリットやデメリットについてご紹介します。契約前に詳細を確認し、自分の条件と合致するものを適切に選択してくださいね。

本記事でわかること

  • home 5Gについて
  • home 5Gの特徴
  • ドコモ光との比較
  • home 5Gのメリット
  • home 5Gのデメリット
  • よくある質問

オンラインショップの購入なら15,000pt

home 5Gをおトクに手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら事務手数料無料(店頭は3,300円余計にかかります)

目次

home 5Gは工事不要のホームルーター

home 5Gは工事不要のホームルーター

home 5Gは工事不要のホームルーターです。スマホやパソコンで高速Wi-Fiの利用が可能になるので速度制限の心配も必要ありません。

工事ができない、もしくは工事をしたくない方にとってはありがたいですよね。Wi-Fi環境を整えたいと考えている方は、home 5Gも合わせて検討するのが良いでしょう。

コンセントを挿すだけの簡単設置

home 5Gはコンセントを挿すだけで設置が完了します。工事の必要がないので、日程を調整したり工事費用がかかったりという心配もありません。

固定回線の場合、工事の日程調整に1~2ヶ月ほどかかるのが一般的なので、すぐにWi-Fiを準備したい方にとっては不便ですよね。

その点、home 5Gの場合はコンセントに挿すだけで準備が完了するので利用を開始できるまでの時間がかなり短く済みます。環境をすぐに整えられるので、単身赴任などの一時的な一人暮らしの際にも大活躍しますね。

高速通信が可能

home 5Gの最大受信速度は4.2Gbpsになります。ホームルーターの中で最速なのはもちろんですが、固定回線と比較しても全く負けていないでしょう。また、Wi-Fi6とドコモ5Gも利用可能です。

Wi-Fi6の通信速度は1201Mbps。2.4GHz帯と5GHz帯それぞれのSSIDの設定が可能なので、5GHz帯に対応していないデバイスを2.4GHz帯に繋ぎ、パソコンやスマートフォンを5GHz帯に接続することも可能です。

数値に関してはあくまでもベストエフォートになりますが、ここまでの数値を誇るホームルーターは他にはありません。工事の必要がないWi-Fiを探しているという方は、候補の1つに入れておきましょう。

端末価格は実質無料

home 5Gの端末価格は実質無料になります。本体価格は39,600円となっていますが、36ヵ月利用する場合、ユーザーの負担はありません。端末代金を36ヶ月で分割し、その金額を毎月割り引いて相殺しているため、ユーザに負担が一切ないという仕組みです。

そのため、36ヶ月未満で解約をしてしまうと、端末代金の残債が請求されてしまいます。36ヶ月しっかり契約するユーザーに関しては端末代金が発生しないということを理解しておきましょう。

月額4,950円でギガ放題

home 5Gは月額4,950円でデータ量が使い放題になります。スマホでデータを追加する場合、1GBあたり1000円が必要になるので、スマホのデータチャージよりもお得だと言えますね。回線速度が速いので、動画の視聴やSNSの利用に関しては問題ないでしょう。

また、データ制限がないので、大容量のデータ通信を行う場合でも安心です。動画の編集やオンラインゲームなどでも問題はないでしょう。

5Gだけでなく4GLTEも使える

5Gの利用が可能ではあるものの、実際に5Gに対応しているエリアはまだ多くありません。そのため、home 5Gは5G以外に4GLTEのエリアにもしっかり対応しています。

ドコモはauやソフトバンクなどの大手3キャリアの中でも特にエリアが広いことで知られています。ドコモは人口カバー率99%を誇るため、居住エリアであればドコモの4G LTEが入らない場所はほとんどありません。

エリアが不安という方は、契約前に自分が住んでいるエリアが該当エリアなのかどうかを確認しておきましょう。以下で簡単に確認できるので、事前にチェックしておいてくださいね。

対応エリアを確認する

 

ドコモ光はドコモが提供する固定回線

ドコモ光はドコモが提供する固定回線

ドコモ光はドコモが提供する固定回線です。かなり安定した高速回線が使えるので、ドコモユーザーがWi-Fi環境を検討する際には必ず候補に入るでしょう。

ここではドコモ光の詳細についてをご紹介します。Wi-Fi検討の際の参考にしてくださいね。

安定した高速回線が利用可能

ドコモ光安定した高速回線が利用できます。ホームルーターやポケットWi-Fiの場合、対応エリアであっても入りにくかったり速度が遅くなったりすることがあります。

固定回線の場合は、そういった心配がほとんどありません。仕事でパソコンを使う方や動画編集を行う方、オンラインゲームなどを頻繁に行う方はドコモ光を選択するのが良いでしょう。

端末価格は0円

ドコモ光は端末を利用しないものなので、端末代金は一切発生しません。そのため、端末の利用に費用は発生しませんが、開通工事が必要となった場合、工事費用を請求されてしまう可能性があります。

しかし、自宅に光専用のコンセントが備え付けられている場合は工事も必要なくなるでしょう。作業員の方に自宅を訪れてもらい、線をつなぐだけで開通が完了。費用がほとんどかからずに利用を開始できますね。

月額4,400円〜

一戸建ての場合のドコモ光の月額料金は5,720円ですが、マンションの場合の月額料金は4,400円と、比較的手頃な価格になります。home 5Gの月額料金が4,950円なのでかなり安く利用できますね。

一戸建ての場合はhome 5Gを、マンションタイプの場合はドコモ光の方がお得になります。安定した高速回線が月額4,400円で使えるのはかなり魅力的ですよね。毎月の出費を抑えるためにも、どのタイプが一番お得なのかしっかり確認しておきましょう。

ひかり電話の利用可能

ドコモ光の場合は固定電話の利用が可能ですが、home 5Gの場合、固定電話の利用はできません。固定電話を利用せず、スマホのみで過ごしているという方は問題ありませんが、固定電話の利用を考えている方は要注意です。

固定電話を使い続けたい、もしくは固定電話の利用を開始したいという方はドコモ光を選択しましょう。月額料金や回線速度、工事の有無だけでなく固定電話が必要かどうかも念頭に置いて検討を進めてくださいね。

home 5Gとドコモ光のスペック比較

home 5Gとドコモ光のスペックを比較してみましょう。適切なものを選択するために、性能や料金を細かく比較してから検討してくださいね。

  home5G ドコモ光
最大速度 下り:受信時最大4.2Gbps
上り:最大218Mbps
下り:最大10Gbps
上り:最大1Gbps
契約期間 なし 2年
事務手数料 3,300円
工事 なし 必要
(無料になるケースもあり)
端末・本体価格 39600円
3年間の割引で実質負担は0円
(36ヶ月×1,100円割引)
不要
月額料金 4,950円 一戸建て:5,720円
マンション:4,400円
ひかり電話 × ○月額550円
スマホセット割引 最大1,100円/台

上記のように同じドコモが扱っているサービスでも、内容に大きな違いがあるのがわかりますね。月額料金はもちろん、回線速度や契約期間に至るまで内容が異なります。どちらの方が自分の使い方に合致しているのかチェックしてみましょう。

どちらもドコモスマホとのセット割引が使える

どちらも共通しているのはドコモスマホとのセット割引が利用できるという点です。1台当たり1,100円の割引になるので、同居家族の人数が多ければ多いほどお得に。

ドコモスマホユーザーの同居家族が4人〜5人ほどいると、Wi-Fiの利用料は実質かからないことになります。他社のWi-Fiを契約するよりも圧倒的にお得なので、ドコモユーザーであればhome 5Gかドコモ光を候補に入れておきましょう。

ドコモスマホ未契約でも利用OK

ドコモスマホとのセット割が用意されてはいるものの、ドコモユーザーでなければ契約できないというわけではありません。auやソフトバンクのスマホを利用している場合でもhome 5Gとドコモ光は契約できます。

ドコモのスマホと合わせるのが一番お得にはなるものの、必須ではありません。とはいえ、auやソフトバンクのスマホを使っている方の場合、他社Wi-Fiの方がお得になる可能性があります。損をすることのないよう、必ず他社サービスと合わせて比較しましょう。

home5G 7つのメリット

どのWi-Fiを契約するか決定する際にメリットとデメリットを把握しておくのは非常に重要です。

home 5Gのメリットは7つあります。

ホームルーター界最強スペック

工事なしですぐにWi-Fiを利用できる

Wi-Fi接続が簡単

ビームフォーミングで強い電波が出せる

Wi-Fi6に対応している

月額料金がドコモ光より安くなるケースがある

キャンペーンで15,000円キャッシュバック

以下で詳細をご紹介するので、契約を検討する際の参考にしてくださいね。

ホームルーター界最強スペック

ドコモ home 5G の速度は、5G最大4.2Gbpsで4GLTEで1.7Gbpsになります。

WiMAX(au)のHOME 5G L11の2.7Gbpsより速く、SoftBankAirよりもかなり速いと言えるでしょう。2021年9月現在でhome 5Gよりも回線速度が速いホームルーターはありません。

また、60台以上の同時接続が可能です。この点に関しても他のホームルータよりも台数が多く、スペック的に優れていることがわかりますね。ホームルータを検討している方は、home 5Gを候補に入れるようにしましょう。

工事なしですぐにWi-Fiを利用できる

工事が必要な場合、工事費用がかかるだけでなく、作業スタッフの方とのスケジュール調整が必要になります。そのため、申し込みのタイミングによってはかなりの日数待たされてしまったというケースも。

home 5Gの場合、工事の必要はありません。端末を受け取ったらすぐに利用を開始できるので、急にWi-Fi環境が必要になった方や、すぐにWi-Fiの利用を開始したいという方も安心ですね。

Wi-Fi接続が簡単

Wi-Fi接続の際には接続先を選択し、パスワードを手入力するという作業が必要でした。パスワードはランダムなアルファベットや数字の羅列になるので、入力ミスや読み間違いなどが発生してスムーズに接続できないというケースも少なくありません。

home 5Gの場合は、長いパスワードを手で入力する必要がありません。もちろん手入力で端末にパスワードを入れることも可能ですが、カメラ機能がある端末であればQRコードの読み込みだけで接続が完了します。

接続が簡単なので、すぐにWi-Fiの利用を開始できますね。

ビームフォーミングで強い電波が出せる

電波を特定方向に飛ばせるビームフォーミングの利用が可能です。ホームルーターでビームフォーミング機能を搭載しているものは、あまりありません。端末の設定が必要にはなりますが、回線速度をさらにあげたいときに利用しましょう。

端末側でもビームフォーミングを受信できるようになっているか設定を確認し、その後利用してくださいね。

Wi-Fi6に対応している

Wi-Fi 6に対応しているので、2.4GHz帯と5GHz帯のそれぞれにSSIDの設定が可能なので、5GHz帯と2.4GHz帯のそれぞれに端末をつなぐことが可能に。別の帯域を利用することで回線が混雑しにくくなり、通信状況の改善が期待できます。

また、iPhone13への対応も問題ありません。iPhone13に機種変更をしたとしても快適に使い続けられるので安心ですね。

月額料金がドコモ光より安くなるケースがある

一戸建ての場合、ドコモ光よりも月額料金が安くなります。ドコモ光の一戸建ては5,720円、home 5Gは4,950円770円の差額がありますね。

home 5Gの月額料金は一定ですが、ドコモ光はお家のタイプによって月額料金が変動します。ドコモ光が必ずお得になるわけではないので要注意ですね。

キャンペーンで15,000円キャッシュバック

home 5Gの開通確認後、指定口座へ現金15,000円が振り込まれます。商品券やポイントではなく、現金という点がポイントですね。

2021年9月現在では期間を設けていませんが、リリースから一定の期間でキャンペーンが終了する可能性もあります。申し込みを行う際にキャンペーンが継続しているかどうか確認しておきましょう。

home5Gの6つのデメリット

home 5Gにはメリットだけでなくデメリットもあります。契約を検討する際にはデメリットもしっかりチェックしておかなくてはなりません。

ここではhome 5Gのデメリットは6つあります。

光回線とは違い本体代金がかかる

電波に左右されることがある

データ量3日間制限がある

回線速度はドコモ光に勝てない

固定電話が使えない

dカードゴールドのポイントが10%たまらない

以下で詳細をご紹介するので、契約を検討する際の参考にしてくださいね。

光回線とは違い本体代金がかかる

光回線の場合、本体代金は必要ありません。しかし、home 5Gの場合端末代金が発生します。36ヶ月利用することで実質的な負担はありませんが、途中で解約などをした場合に残債の請求が発生。

端末の支払いが発生していないために端末が割引されていることを忘れてしまい、高額な残債を請求されてしまうかもしれません。36ヶ月利用することで実質的な負担はありませんが、継続利用の恩恵として割引されているものだと理解しましょう。

電波に左右されることがある

電波に左右されてしまう可能性があります。特に5Gが入るところであれば4.2Gbps、4GLTEのみが入るところであれば1.7Gbpsとかなりの差が。

両方の電波が少しずつ入っている場所の場合、端末で電波の切り替えが自動で行われるので途切れてしまうことも考えられます。また、対応エリア内だとしても電波の入る場所によって強弱があるので、高速データ通信が必ず利用できるとは限りません。

電波に左右されることもあるということを念頭に置いておきましょう。

データ量3日間制限がある

公式サイトには、「当日を含む3日間のデータ通信量が特に多いお客様は、通信が遅くなることがある」と記載されています。データ量3日間制限の可能性を示唆していますが、2021年9月時点で制限をかけられてしまったというケースはほとんどありません。

しかし、制限に関しては公式に記載してある内容なので、今後ユーザーが増えていくことで制限をかけられる可能性も十分あります。制限をかけられてしまったという方は現時点ではほとんどいませんが、データ量3日間制限がかかる可能性があるということを理解しておきましょう。

回線速度はドコモ光に勝てない

回線速度でドコモ光に勝つことはまず難しいでしょう。home 5Gは4.4Gbpsになるので一見するとドコモ光よりも回線速度が速いように感じますよね。

しかし、この数値はあくまでも5Gがしっかり入っているエリアで、なおかつ受信感度が良好な場所に限定されます。実際の速度として4.4Gbpsの速度が出ることはまずありません。

その点、ドコモ光は固定回線なので、安定して速い回線が使い続けられます。安定した速い回線が使えるという点に関してはドコモ光に軍配があがるでしょう。

固定電話が使えない

固定電話のサービスは固定回線を契約した場合のみになります。ドコモの固定電話と一緒に申し込もうと考えている方は注意が必要ですね。

Wi-Fi環境と一緒に固定電話の契約を考えているという方は、必ずドコモ光を選択しなければなりません。Wi-Fiを選定する際には、固定電話を使いたいかどうかも合わせて考えておきましょう。

dカードゴールドのポイントが10%たまらない

支払い方法をdカードゴールドに指定するとポイントがたまるという恩恵を受けられます。その点に関してはドコモ光もhome 5Gも同じになります。

ドコモ光の場合、dカードゴールドのポイントが10%たまります。しかし、home 5Gの場合は2%と、ポイント還元率が異なるので注意が必要ですね。

home 5Gのポイントは毎月99ポイントですが、ドコモ光のマンションタイプであれば440ポイント、一戸建てであれば527ポイントがたまる計算になります。8%の差にはなりますが、総額するとかなり大きな差になりますよね。

dカードゴールドで支払いを行う場合、ドコモ光の方がお得になります。

 

home 5Gがおすすめの方

home 5Gがおすすめな方の特徴を以下にまとめました。

一人暮らしの方

すぐにWi-Fi環境を整えたい方

長期間利用するかわからない方

オンラインゲームや動画編集など重たい作業を行わない方

自宅がドコモ光に対応していない方

以下で詳細をご紹介するので、契約を検討する際の参考にしてくださいね。自分に合致しているかどうか確認してみましょう。

一人暮らしの方

2人~3人程度の少人数での利用を推奨しています。そのため、一人暮らしもしくは二人暮らしの方に向いていると言えるでしょう。4人家族など、日頃から大人数の方が利用するという環境の場合注意が必要になります。

同時接続台数は60台となっているものの、接続台数が増えれば増えるほど回線にかかる負荷も大きくなります。回線速度がかなり遅くなることが考えられるので、接続台数には注意が必要ですね。

2台程度であれば回線の負荷が少なく済むので、回線の遅延を感じることなく快適に使えるでしょう。一人暮らし、もしくは二人で住んでいるという方におすすめです。

すぐにWi-Fi環境を整えたい方

home 5Gは工事などの工程が必要ないので、すぐにWi-Fi環境を整えたい方に向いています。契約して端末を受け取ったらすぐにWi-Fiを使えるようになります。

ドコモ光などの固定回線の場合は、工事の日程調整が必要になるので、使えるようになるまで1ヶ月〜2ヶ月程度かかることが一般的。少しでも早くWi-Fiを使い始めたい方に固定回線は向きません。

急な単身赴任や出張で、すぐにでもWi-Fi環境を整えたいという方はhome 5Gを検討すると良いでしょう。

長期間利用するかわからない方

ドコモ光の場合、契約期間は2年間と定められています。そのため、2年以上利用しない場合は違約金が発生。マンションタイプであれば8,800円、戸建てタイプであれば14,300円になります。

しかしhome 5Gの場合、契約期間の定めはありません。好きなタイミングでの解約が可能なので、長期間利用するかわからないという方でも安心ですね。

オンラインゲームや動画編集など重たい作業を行わない方

オンラインゲームや動画編集など重たい作業を行わない方

home 5Gは、動画の視聴やSNSでのやり取りなどが中心という方であれば問題はありません。上記のような動作が多い方であれば、遅延などを感じることなく快適に利用できるでしょう。

しかし、速度が常に安定して速いわけではないので、オンラインゲームや動画編集などの重たい作業を行う方には向きません。途中で途切れてしまったり読み込みに時間がかかったりなど、ストレスを感じるシーンが多くなります。

自分の使用用途などを見直し、最適なものを選択しましょう。

自宅がドコモ光に対応していない方

自宅にドコモ光を入れられないなどの場合があります。特に賃貸などの場合、制限があるケースも少なくありません。

しかし、home 5Gに関しては工事などが必要ないので、対応エリア内であれば利用を開始できます。また、home 5Gの回線速度はドコモ光には劣るものの、ホームルーターの中ではかなりのハイスペック。

自宅がドコモ光などの固定回線に対応していない場合、home 5Gを検討するのがおすすめです。

ドコモ光がおすすめの方

ここではドコモ光がおすすめになる方の特徴をご紹介します。

3人以上の家族で住んでいる方

安定して高速回線を使いたい方

オンラインゲームや動画編集などを行う方

引っ越し予定のない方

開通までの手間や時間が気にならない方

固定電話を使いたい方

自分が以下の条件に合致している場合は、ドコモ光を検討するのが良いでしょう。

3人以上の家族で住んでいる方

3人以上の家族で住んでいる場合は、ドコモ光がおすすめになります。複数台数の接続があったとしても、回線速度にほとんど影響しません。大きな負荷にも十分耐えられるので安心して利用できますね。

逆に3人以上の家族で住んでいる場合、home 5Gなどのホームルーターでは少し力不足だと感じてしまうかもしれません。居住人数が多い場合、ドコモ光を優先的に検討しましょう。

安定して高速回線を使いたい方

安定して高速回線を利用したい場合、ドコモ光を検討すると良いでしょう。ドコモ光の場合、時間帯で途切れてしまったり、遅延してしまったりなどの心配がありません。

リモートワークやインターネットを使用した音声通話など途切れてしまうと困るような作業が多い方は、安定して高速回線が使えるドコモ光がおすすめになります。

オンラインゲームや動画編集などを行う方

回線が途切れてしまったり速度遅延が発生したりしてしまうと、読み込み作業などがなかなか進まなくなります。特に、動画編集作業が仕事という方や趣味で動画編集を日常的に行っている方は、かなり不便に感じてしまうかもしれません。オンラインゲームの場合、読み込みが追いつかず接続が切れてしまい、快適にプレイできない可能性があります。

ドコモ光の場合、回線速度が安定して速いのでそういった心配はほとんどありません。安定した高速回線を必要とするオンラインゲームや動画編集をする方は、ドコモ光を検討すると良いでしょう。

引っ越し予定のない方

引越しの予定がない方の場合、ドコモ光を検討するので問題ないでしょう。高速回線を安定して使い続けられるので、インターネットの使用にストレスを感じることはほとんどなくなります。

契約期間の定めはあるものの、長期間利用するという方であれば特に問題はありません。引越しなどの予定がしばらくないという方は、ドコモ光がおすすめです。

開通までの手間や時間が気にならない方

固定回線は、開通までの手間や時間が最大のネックになります。Wi-Fi環境をすぐに整えたいという方は、困ってしまいますよね。

しかし、回線速度の安定性や大きな負荷への耐久性はhome 5Gではなくドコモ光に軍配が上がります。そのため、工事日程の調整や完了までにかかる日数が気にならない方は、ドコモ光の方が良いと言えるでしょう。

固定電話を使いたい方

固定電話を使いたいという方は、ドコモ光などの固定回線を選択しましょう。home 5Gと合わせて固定電話を契約することは出来ません。

Wi-Fi環境だけでなく、固定回線が必要かどうかも合わせて考えておきましょう。

home5Gによくある質問と答え

home5Gによくある質問と答え

home 5Gに関するよくある質問と答えを以下にまとめました。契約前に目を通しておきましょう。

home5Gの本体価格はいくらなの?

home 5Gの本体価格は39,600円になります。

一括購入も可能ですが、12回払い、24回払い、36回払いを選択することも可能です。12回払いの場合は月額3,300円、24回払いは月額1650円、36回払いは月額1,100円に。

毎月1,100円の割引が発生するので、36回払いであれば実質負担が0円になります。36ヶ月以上利用するという方は、36回払いを選択するのが一番お得になりますね。

home5Gはいくらで利用出来るの?

home 5Gにかかる費用は以下の通りです。

メモ

  • 事務手数料3,300円
  • 月額料金4,950円
  • 端末代金(支払い回数によって金額が変動)

事務手数料は初月のみになるので、2ヶ月目以降に関しては発生しないものになります。端末代金は支払い回数に応じて異なりますが、利用料金は4,950円のままずっと変わりません。

home5Gのデータは無制限なの?

home 5Gはデータ無制限になります。とはいえ、公式サイトには「当日を含む3日間のデータ通信量が特に多いお客様は、通信が遅くなることがある」と記載されています。しかし、2021年9月時点で速度制限がかかったという方はほとんどいません。

現状では制限などはありませんが、公式サイトに記載されていることから、今後ユーザー数が増えていく中で制限がかかる可能性もあります。今後制限が発生する可能性があるということを理解しておきましょう。

home5Gが使えるエリアは?

home 5Gが利用できるエリアは公式ページで簡単にチェック出来ます。以下のページで自宅エリアの電波状況を確認しましょう。

サービスエリアマップで対応エリアを確認

現状入るLTEや5Gのエリアだけでなくエリア拡充予測も確認ができます。自分の住んでいるエリアがLTEと5G対応エリアなのかどうか、もしくは今後拡充する予測エリアに入っているかどうかを確認しておくと良いでしょう。

home5Gはいつでも解約出来るの?

home 5Gはいつでも解約が可能です。契約期間の定めがないのもhome 5Gの大きなメリット。使いたい期間だけ使えるので、短期間の利用を目的としているユーザーにはありがたいですよね。

しかし、端末代金を分割にしていた場合、残債の支払いが発生するので注意が必要です。解約する際は、端末代金の支払い回数や残債を必ず確認するようにしましょう。

home 5Gは契約時の登録場所住所以外でも利用出来るの?

home 5Gは契約時の登録住所以外での利用に限定されています。契約時に登録した住所以外での利用は許可されていないので注意が必要ですね。

必ず契約時に登録した住所で利用するようにしましょう。

home5Gとドコモ光はどっちが良いの?

home 5Gとドコモ光は、それぞれにメリットとデメリットがあります。

工事せずにWi-Fi環境を整えたいのであればhome 5Gを、工事は必要になるものの安定した高速回線を使いたいという方はドコモ光を選択するのが良いでしょう。

そのため、どちらが良いのかは使用する方の状況や環境に応じて異なります。使用状況や使用エリアに応じて適切なものを選択する必要があるので、両者の特徴をしっかり把握し、判断しましょう。

 

まとめ:home 5Gは少人数で短期間利用の方に向いている!

home 5Gは2021年8月に新しく開始したばかりのWi-Fiサービス。ホームルーターなので開通工事の必要がなく、コンセントに挿すだけで利用を開始できます。契約完了後に端末を受け取ったらすぐに利用を開始できるので、急遽Wi-Fi環境が必要になった方にとってはありがたいですよね。

また、5G回線を利用できるということもあり、回線速度はベストエフォートで4.4Gbpsとかなりのハイスペック。ホームルーターとは思えない数値になっていますね。工事なしで高速Wi-Fiを利用したいという方に最適です。

とはいえ端末代金が発生したり回線が安定しにくいなど、ドコモ光よりも劣っている点もあります。それぞれのメリットやデメリットを理解し、自分の使用状況や環境にあったものを選択するのが良いでしょう。

オンラインショップの購入なら15,000pt

home 5Gをおトクに手に入れるにはこちらをタップ!

※オンラインショップなら事務手数料無料(店頭は3,300円余計にかかります)

-docomo(ドコモ)

Copyright© iPhone大陸 , 2021 All Rights Reserved.