【ワイキューモバイル】と検索したあなたに送る「ワイモバイルとUQモバイルの違いを徹底比較!」

格安SIM Y!mobile(ワイモバイル) UQ mobile(ユーキューモバイル)

【ワイキューモバイル】と検索したあなたに送る「ワイモバイルとUQモバイルの違いを徹底比較!」

ワイモバイルトップキャンペーン情報まとめiPhoneで使う方法
激安!SBへのりかえると…頭金を無料にする5のつく日と日曜以外契約ダメ
ドコモからのりかえauからのりかえSBからのりかえ
おすすめ機種シニア向けキッズ向け

大手キャリアのサブブランドであるUQモバイルとワイモバイル。

UQモバイルはauの回線を利用でき、ワイモバイルはソフトバンクの回線を利用できます。

どちらも月額料金を安く抑えられ、高品質な回線を利用できるのが特徴です。

しかし「自分にはどっちが合っているのか」「どっちが安く抑えられるのか」で迷っている方も多いはず。

結論を先に述べると、一人で契約する、データ容量を翌月に繰り越したい方は、UQモバイルがおすすめ。

割引を適用して家族で安く使いたいなら、ワイモバイルがおすすめです。

この記事ではUQモバイルとワイモバイルの料金や割引サービス、オプションサービスなど総合的に比較をして、おすすめのサービスを紹介します。

UQモバイルとワイモバイルで悩んでいる方は、この記事を参考にして月額料金を安く抑えて利用しましょう。

UQモバイルで人気機種が期間限定値下げ中!

UQモバイルで今すぐお得にスマホを手に入れるにはこちらをタップ!

※値下げキャンペーンは3/31まで


ymobile-300x250_banner

【結論】UQモバイルとワイモバイルの違いを比較・検証

UQモバイルワイモバイル
料金くりこしプランS
1,628円(税込み)
3GB/月
シンプルS
2,178円(税込み)
3GB/月
くりこしプランM
2,728円(税込み)
15GB/月
シンプルM
3,278円(税込み)
15GB/
くりこしプランL
3,828円(税込み)
25GB/月
シンプルL
4,158円(税込み)
25GB/月
通話料金22円/30秒20円/30秒
通信速度4G(5Gは2021年の夏から対応)5G対応
超過時最大速度くりこしプランS:300kbps
くりこしプランM:1Mbps
くりこしプランL:1Mbps
シンプルS:300kbps
シンプルM:1Mbps
シンプルL:1Mbps
回線品質au回線ソフトバンク回線
データ繰り越し有り無し
割引サービスUQ学割家族割、おうち割り、ワイモバ学割
店舗販売ありあり

UQモバイルとワイモバイルの基本プランを比較しました。

表から分かることをまとめていきます。

  • 基本プランはUQモバイルの方が圧倒的に安い
  • UQモバイルは余ったデータを翌月に繰り越し可能
  • ワイモバイルは割引サービスが充実している

UQモバイルは、基本料金が安く余ったデータを翌月に繰り越し可能な点が特徴ですね。

一方で、ワイモバイルは基本料金はUQモバイルよりも高いですが、割引サービスを利用することで基本料金を大幅に下げられるのが特徴です。

両者の特徴を踏まえてどちらがおすすめなのかを紹介していきます。

毎月のデータ量を繰り越して一人で契約する場合はUQモバイルがおすすめ

UQモバイルのくりこしプランの料金表

UQモバイルは、一人で契約して毎月の使用データ量にバラツキがある人におすすめです。

というのも、UQモバイルは基本料金が安く余ったデータ量を翌月に繰り越せるからです。

シンプルプランSを契約した場合

シンプルプランSは、毎月3GBまで使用可能です。

しかし、1GB余ってしまったら翌月は自動的に4GBの使用ができます。

基本料金の1,628円はそのままで、翌月は4GBの利用ができます。

基本料金もワイモバイルよりも550円安く、年間だと6,600円の差額です。

UQモバイルには、5歳~18歳以下とその家族が対象の「UQ学割」しか割引サービスがありません。

そのため、成人以上で一人暮らしの方や自分一人だけUQモバイルを契約する、という方はUQモバイルの方がお得に利用できます。

UQモバイルで人気機種が期間限定値下げ中!

UQモバイルで今すぐお得にスマホを手に入れるにはこちらをタップ!

※値下げキャンペーンは3/31まで

家族で利用したい方はワイモバイルがおすすめ

ワイモバイルの料金表

ワイモバイルは、家族で契約したい方におすすめです。

というのも、ワイモバイルは基本料金はUQモバイルよりも高いですが「家族割」「おうち割り」「ワイモバ学割」といった家族向けの割引サービスが充実しているからです。

家族割について

家族割は、2回線目以降の料金が毎月1,080円引きになる割引サービスです。

4人家族の全員がシンプルプランSを契約した場合、毎月2,178円×4人=8,712円。

家族割適用後は、2回線目以降は-1,080円になるので、8,712円-3,240円=5,472円。

家族割を適用すると、一人当たり月額1,368円で利用できる

おうち割りについて

おうち割りとは、自宅の光回線がソフトバンクAirやソフトバンク光の場合、シンプルS/M/Lのプラン料金を毎月1,080円割引にしてくれるサービスのこと

ワイモバ学割について

5歳~18歳までの方が対象で、1,000円引きとなるサービス。サービスが適用となるサービスはシンプルM/Lとなり、シンプルSは対象外です。しかし、学生の方は「ワイモバ学割」と「家族割」を適用することで、シンプルMの3,278円(税込み)が、990円(税込み)で利用できます。ただ、ワイモバ学割の適用期間は12ヶ月となります。

上記のように、ワイモバイルには家族向けの割引サービスが充実しています。

そのため、家族で利用するならワイモバイルの方がお得に利用できます。

ymobile-300x250_banner

UQモバイルとワイモバイルの割引サービス・オプションサービスを徹底比較

UQモバイルとワイモバイルの割引サービスについて比較

UQモバイルとワイモバイルの割引サービスとオプションサービスを徹底比較していきます。

UQモバイルもワイモバイルも、3つのプランと割引サービスとオプションサービスがあります。

どのプランが自分に合っているのか、割引サービスを適用させたらどっちがお得に利用できるのかを紹介していくので、自分に合ったプランを見つけましょう。

UQモバイルとワイモバイルを割引サービスで比較

割引サービスで比較をすると、ワイモバイル方が適用できる割引サービスの数が多いです。

UQモバイルの割引サービスは、「UQ学割」のみになります。

UQ学割について

  • 5歳~18歳と対象年齢の子を持つ家族を対象にしたサービス
  • 割引額は契約プランによって変わりますが、638円~1,100円
  • 「くりこしプラン」に加入する必要がある
  • 割引サービスには期限がある
  • オンラインから申し込み可能
  • 申し込み期間:2021年5月31日まで
くりこしプランSくりこしプランMくりこしプランL
月額料金1,628円(税込み)2,728円(税込み)3,828円(税込み)
UQ学割適用後990円(税込み)1,628円(税込み)2,728円(税込み)
差額-638円-1,100円-1,100円
期限最大8カ月間最大12カ月間最大12カ月間

UQモバイルは、割引サービスを適用させることで「くりこしプランS」は月額1,000円以下で利用できます。

くりこしプランSを1年間契約した時の料金は以下のようになります。

7,920円(990円×8ヵ月間)×6,512円(1,628円×4ヶ月)=14,432円/年

また、UQモバイルの「UQ学割」については、iPhoneがお得!UQモバイルの学割「UQ学割」の概要と注意点を徹底解説!(2020-2021年版)の記事で詳しく紹介しています。

一方でワイモバイルは「家族割」や「おうち割り」「ワイモバ学割」と割引サービスが充実しており、割引期間に縛りがないのが特徴です。

家族割について

  • 2回線目以降の月額料金が1,080円割引になる
  • 割引サービスに期限がない
  • 9回線まで適用される
  • 同居していなくても適用される
  • 1回線目は通常料金
シンプルSシンプルMシンプルL
月額料金2,178円(税込み)3,278円(税込み)4,158円(税込み)
家族割適用後の料金1,098円(税込み)2,198円(税込み)3,078円(税込み)
期限なし

シンプルSを1年間契約した時の年間料金は以下のようになります。

1,098円×12ヶ月=13,176円/年

UQモバイルは割引を適用することで非常に安く利用できますが、割引に適用期間があるのがデメリットです。

しかし、ワイモバイルは割引期間に縛りがないため、2回線目以降はずっと割引状態のまま利用できます。

長い期間を契約して使い続けることを考えると、ワイモバイルの方が安く利用できることになります。

ymobile-300x250_banner

UQモバイルとワイモバイルを通話オプションサービスで比較

次に、UQモバイルとワイモバイルのオプションサービスで比較をしていきます。

どちらも基本プランに通話オプションが含まれていないので、通話をする機会がある方は参考にしてみてください。

UQモバイルの通話オプションサービス

  • 最大60分国内通話が定額(60分/回):550円(税込み)/月
  • 国内通話10分かけ放題(10分/回):770円(税込み)/月
  • 国内通話かけ放題(24時間いつでも):1,870円(税込み)/月

ワイモバイルの通話オプションサービス

  • 「だれとでも定額」国内通話10分かけ放題:770円(税込み)/月
  • 「スーパーだれとでも定額」国内通話24時間かけ放題:1,870円(税込み)/月

通話オプションで比較すると、UQモバイルの方がお得に利用できます。

国内通話10分かけ放題サービスと24時間かけ放題サービスの料金は同じですが、UQモバイルには最大60分国内通話が550円で利用できます。

頻繁に電話することはないけど、一回の電話が長い方はUQモバイルの「最大60分国内通話が定額(60分/回)」を利用したほうがいいでしょう。

UQモバイルで人気機種が期間限定値下げ中!

UQモバイルで今すぐお得にスマホを手に入れるにはこちらをタップ!

※値下げキャンペーンは3/31まで

UQモバイルとワイモバイルを通信速度・エリアで比較

格安SIM会社を選ぶときに気になるのが、通信速度やエリアですね。

料金を安く抑えることができても回線に繋がらなかったら意味がありません。

ここからは、UQモバイルとワイモバイルの通信速度と通信エリアで比較をしていきます。

UQモバイルとワイモバイルを通信速度で比較

UQモバイルもワイモバイルも大手キャリアの回線を利用しているため、安定した速度でネットを利用できるのが特徴です。

UQモバイルで実際に計測したところ、ダウンロード114Mbps/アップロード9.48Mbpsという結果になりました。

UQモバイルの速度実測

ワイモバイルの公式サイトでは、「LTE」の通信速度はダウンロード最大75Mbps/アップロード25Mbpsとの記載があります。

一応の目安にはなりますが、速度は実測した場所や日時、日付によって大きく変わります。

とはいえ、格安SIMで100Mbps以上の速度は非常に速いです。

ちなみに、

Youtubeや動画配信サービスでの動画視聴は3Mbps~25Mbps程度でも問題なく視聴でき、オンラインゲームは30Mbps~100Mbps程度の速度で快適に利用できます。

UQモバイルとワイモバイルを通信エリアで比較

UQモバイルとワイモバイルはどちらも大手キャリアの回線を利用しています。

UQモバイルはauの回線、ワイモバイルはソフトバンクの回線です。

そのため、どちらも日本全国のエリアをカバーしています。

しかし、地方によっては提供エリアが異なるので、利用する前に自分の地域で提供されてるかの確認をしておきましょう。

UQモバイルは節約モードでデータ量を節約できる

UQモバイルは節約モードでデータ量の消費を節約できる

UQモバイルではアプリを利用することで、節約モードと高速モードの切り替えができます。

携帯を使わない時に節約モードに切り替えることで、データ量を節約できるサービスです。

実際のアプリの画面は以下のようになっており、データ残量を確認することもできます。

UQモバイルの節約モード

アプリでできること

  • 節約モードと高速モードの切り替え
  • 節約モードだと300Kbpsに抑えることができる
  • データ残量の確認
  • データの追加購入
  • データ残量のお知らせ通知設定

UQモバイルで人気機種が期間限定値下げ中!

UQモバイルで今すぐお得にスマホを手に入れるにはこちらをタップ!

※値下げキャンペーンは3/31まで

ワイモバイルは5Gに対応している

ワイモバイルは5Gに対応しているため、爆速でネットを利用できるのが大きなメリットです。

現在は札幌や東京、大阪、福岡のごく限られたエリアにしか対応はしていません。

しかし、2021年4月から5Gのアンテナを急ピッチで増設工事をしているため、自分の住んでいるエリアもすぐに5Gのエリアになることが期待できます。

5Gになるとどれくらい速くなる?

5Gの速度は、4Gの100倍の速さになると言われています。

2時間の映画をダウンロードするのに30分かかっていたとしたら、3秒でダウンロードできる速さになります。

UQモバイルは、2021年の夏以降に5G対応となっています。

そのため、少しでも早く5Gの爆速ネット環境を体験したい方は、ワイモバイルの方がおすすめですよ。

ymobile-300x250_banner

UQモバイルとワイモバイルを対応端末で比較

UQモバイルとワイモバイルでは、対応している端末やSIMとのセット販売してる端末は異なります。

UQモバイルとワイモバイルでは、どんな端末に対応しているのか、またどんな端末を販売しているのかを比較していきます。

【iPhone】UQモバイルとワイモバイルの端末価格・対応端末

まずは、iPhoneの対応端末と販売している端末を比較していきます。

UQモバイルの販売端末ワイモバイルの販売端末
iPhone SE(第2世代)/64GB新規契約・のりかえ:35,640円(税込み)
機種変更:43,560円(税込み)
57,600円
(新規・他社からの乗り換えの場合、最大18,00円の割引あり)
iPhone SE(第2世代)/128GB新規契約・のりかえ:47,520円(税込み)
機種変更:55,440円(税込み)
64,080円
(新規・他社からの乗り換えの場合、最大18,00円の割引あり)

iPhone SE(第2世代)の販売価格を比べてみると、UQモバイルの方が安く購入できます。

ワイモバイルは新規もしくは他社から乗り換えると、最大18,000円の割引が適用されます。

UQモバイルとワイモバイルのiPhoneの対応端末

UQモバイルもワイモバイルも、SIMフリーであればiPhone5s~12 Pro MAXまで動作確認済みとなっています。格安SIMを契約する際は、SIMロック解除をする必要があるので、乗り換える際は必ずSIMロック解除をしましょう。

UQモバイルで人気機種が期間限定値下げ中!

UQモバイルで今すぐお得にスマホを手に入れるにはこちらをタップ!

※値下げキャンペーンは3/31まで

ワイモバイルでは最新のiPhone12/iPhone12miniを月額料金を抑えて利用できる

ワイモバイルでは、最新のiPhone12やiPhone 12 miniを購入でき、月額料金を抑えて利用できるのも特徴です。

UQモバイルではiPhone12やiPhone 12 miniの購入ができないので、この機会に最新のiPhoneを購入しようか検討している方はワイモバイルがおすすめです。

iPhone12iPhone12mini
64GB110,880円(税込み)→92,880円(割引後)96,480円(税込み)→78,480円(割引後)
128GB116,640円(税込み)→98,640円(割引後)102,960円(税込み)→84,960円(割引後)
256GB131,040円(税込み)→113,040円(割引後)116,640円(税込み)→98,640円(割引後)
新規・他社からの乗り換え割引最大18,000円

他社からの乗り換えて、iPhone12/を購入した場合の月額料金は以下のようになります。

  • iPhone12/64GB:92,880円÷24回払い=3,870円/月
  • iPhone12/64GB:92,880円÷36回払い=2,580円/月

ちなみに、36回払いで「シンプルS」で契約をすると、4,758円/月で利用できます。

【Android】UQモバイルとワイモバイルの端末価格・対応端末

UQモバイルとワイモバイルのAndroid端末の端末価格と対応端末を確認していきます。

UQモバイルの販売端末

  • Galaxy A21
  • Galaxy A41
  • Xperia 8 Lite
  • Oppo Reno3A

国内の人気スマホを揃えているのが特徴です。

ワイモバイルの販売端末

  • Android One S8
  • AQUOS sense4 basic
  • Oppo Reno3A
  • Xperia 10Ⅱ

UQモバイルとワイモバイルでは「Oppo Reno3A」を販売しているので、両者の販売価格を比較をしていきます。

UQモバイルワイモバイル
新規契約19,800円(税込み)26,640円(税込み)
12,240円の割引あり
14,400円で購入可能
他社からの乗り換え11,880円(税込み)26,640円(税込み)
18,000円の割引あり
8,640円で購入可能
機種変更27,720円(税込み)26,640円(税込み)
7,200円の割引あり
19,440円で購入可能

通常価格では,、UQモバイルの方が安く購入できます。

しかし、ワイモバイルは割引が適用されるので、「Oppo Reno3A」の購入を検討されている方は、ワイモバイルで購入したほうがお得です。

また、自分のスマホが利用できるかはそれぞれの動作確認端末一覧で確認しましょう。

UQモバイルとワイモバイルを販売店舗で比較

UQモバイルとワイモバイルは、どちらもオンラインから申し込みが可能です。

しかし、中には店舗に行って相談したい、店舗でスマホを手に取って確認したい、という方も多くいるでしょう。

UQモバイルを取り扱っている店舗は全国に2,700店舗以上、ワイモバイルは全国に4,000店舗以上あります。

また、自分の地域に取り扱い店舗があるかどうかは、それぞれの公式サイトから確認できます。

加えて、2021年3月から始まるドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの格安プランである「ahamo」「povo」「LINEMO」についてはショップでのサポートがなくすべてオンライン申込となります。
「ワイモバイルとUQモバイルは価格は抑えたいけれども万が一のために店舗でのサポートは受けられる状態にしておきたい。」という方にもおすすめです。

UQモバイルとワイモバイルの特徴のまとめ

UQモバイルとワイモバイルのそれぞれの特徴をまとめていきます。

UQモバイルはデータを翌月に繰り越し可能

UQモバイルの特徴は、以下のようになっています。

  • 月額料金は最安で1,628円(税込み)3GB/月
  • 余ったデータを翌月に繰り越しができる
  • 基本料金がワイモバイルよりも安い
  • 通話オプションが充実している
  • 期限付きの家族割を適用すると、ワイモバイルよりも圧倒的に安い

UQモバイルは、割引サービスが充実していない代わりに、基本料金が安く設定されています。

また、余ったデータは翌月に繰り越しな点が大きな特徴になります。

毎月の使用データ量にバラツキがあり、翌月は少し多いデータ量でお得に使いたい方は、UQモバイルがおすすめになります。

UQモバイルで人気機種が期間限定値下げ中!

UQモバイルで今すぐお得にスマホを手に入れるにはこちらをタップ!

※値下げキャンペーンは3/31まで

ワイモバイルは家族で契約するとお得

ワイモバイルの特徴は以下のようになっています。

  • 割引サービスが充実している
  • 家族で申し込むと「家族割」が適用され、2回線目以降は1,080円割引
  • 割引サービスに期間の縛りがないため、ずっと安い

ワイモバイルは、家族でまとめて契約をすることでUQモバイルよりも安く利用できます。

長期間の契約を考えると、ワイモバイルの方がお得に利用できますよ。

【まとめ】UQモバイルとワイモバイルは結局どっちがおすすめ?

この記事では、UQモバイルとワイモバイルの料金や割引サービス、速度の比較などを紹介しました。

最後に、UQモバイルとワイモバイルの料金をおさらいしておきましょう。

UQモバイルワイモバイル
料金くりこしプランS
1,628円(税込み)
3GB/月
シンプルS
2,178円(税込み)
3GB/月
くりこしプランM
2,728円(税込み)
15GB/月
シンプルM
3,278円(税込み)
15GB/
くりこしプランL
3,828円(税込み)
25GB/月
シンプルL
4,158円(税込み)
25GB/月
通話料金22円/30秒20円/30秒
通信速度4G(5Gは2021年の夏から対応)5G対応
超過時最大速度くりこしプランS:300kbps
くりこしプランM:1Mbps
くりこしプランL:1Mbps
シンプルS:300kbps
シンプルM:1Mbps
シンプルL:1Mbps
回線品質au回線ソフトバンク回線
データ繰り越し有り無し
割引サービスUQ学割家族割、おうち割り、ワイモバ学割
店舗販売ありあり

UQモバイルがおすすめな方

  • 月額料金をとにかく安く抑えたい方
  • 一人で契約する方
  • データを繰り越してお得に利用したい方
  • auからの乗り換えを検討している方

UQモバイルで人気機種が期間限定値下げ中!

UQモバイルで今すぐお得にスマホを手に入れるにはこちらをタップ!

※値下げキャンペーンは3/31まで


ワイモバイルがおすすめな方

  • 家族で契約する方
  • ソフトバンク光やソフトバンクAirを利用している方
  • ソフトバンクからの乗り換えを検討している方
ymobile-300x250_banner

ワイモバイルに乗り換えるならオンラインショップがおすすめ

最後にワイモバイルへお得に乗換えるオススメの方法をご紹介します。

それはワイモバイルオンラインショップを利用します。

ymobile-300x250_banner

ワイモバイルオンラインショップは

ワイモバイルショップやヤマダ電機などの家電量販店に比べて

以下のようなメリットがあります。

・頭金が安い
・24時間利用可能で、待ち時間なし
・不要なオプション加入の必要なし
・在庫が豊富
・オンラインショップ限定、OUTLETやタイムセールあり

如何ですか?店頭に比べてかなりメリットが多いと思いませんか?

1つづつ詳しくご紹介していきましょう!

頭金が安い


店頭がスマホの料金表を見ると頭金というものが設定されているかと思います。

この部分です。



頭金というと、高額商品を購入する際の支払い料金の一部と思っている人も多いでしょうが

携帯業界の場合は、頭金というと店舗へ支払う購入手数料の事だったりします。

ですので、オンラインショップでは店舗と比べて人件費がかからない為、

この頭金が安いです。

ショップでは頭金が10800円なのに対して、

同じ商品をオンラインショップでみると頭金が540円 になっています。



店頭が10800円なのに対して、オンラインショップは540円となってます。

約1万円近くおやすくなりますね!

機種や店舗により、頭金にちがいはありますが、ワイモバイルオンラインショップは

店頭と比べて人件費がかからないので最安値の事が多いです。

店頭よりお安く購入できるのが、オンラインショップの1つ目のメリットです。

不要なオプション加入の必要なし

頭金に続いてはオプションについてです。

ショップによっては、オプションに加入する事を義務付けていたり

オプションに加入する事で頭金をオンラインショップと同じ金額にしている店舗もあります。

こちらの店舗では価格表にこんな風に書いてあります。



頭金はオンラインショップと同じなのですがオプション加入を条件としています。

そんなオプション加入をしなくてもワイモバイルオンラインショップならお安い頭金で購入できます。

24時間利用可能で、待ち時間なし




ワイモバイルショップはまだまだ数も少ないです。

ですので、店舗はいつも混雑している事が多く

2~3時間待ちという事も多々あります。

オンラインショップならネットに繋がりさえすれば、

24時間日本全国どこからでも利用可能で煩わしい待ち時間は一切ありません。

お忙しい方はもちろん、

時間を有効的に使えるので、オンラインショップは非常にお勧めです。

在庫が豊富


ワイモバイルショップって、小さい所がおおいですよね?

ドコモやauなどはカウンターがいくつもあって、子供の遊ぶところまで完備しているようなところが多いですが、

ワイモバイルショップはカウンターが1つ2つなんて店舗も多々あるでしょう。

それだけ、店舗が狭いとやっぱりバックヤードも狭く、

あまり在庫をかかえてない事が多いです。

スマホなら欲しい機種がなく、予約という事が多かったり

iPhoneなどなら、希望のカラーがなく、説得されて違う色にするなんて事もあるかもしれません。

在庫の事を考えてもおすすめはオンラインショップです。

オンラインショップなら、広い倉庫に大量の在庫が用意されてます。

もし在庫がなくても、すぐに取り寄せてくれます。

在庫の心配なく、安心してほしい機種を購入する事ができるでしょう。

オンラインショップ限定、OUTLETやタイムセールあり



そしてワイモバイルオンラインショップの

目玉企画の1つがの限定商品です。

とにかく安いスマホを探している人などにはおすすめです。

一度覗いてみると面白いかと思います。

困ったらチャット相談


ただ、あんまりオンラインで買い物をしたことない。

楽天やAmazonくらいでしか、買い物したことなくて、はじめてつかうサイトで買い物するのは

不安だったり、分からないという人もいるでしょう。

大丈夫です。そんな方の為にワイモバイルではチャット相談を受け付けています。



購入方法で不安な事があったらこちらで相談すれば答えて貰えます。

サイト使い方以外にも

料金プランやスマホについて何か不安があればこちらで相談にのって貰う事ができます。

ですので、はじめての方やネットでのお買い物に慣れていない人でも

使う事ができると思います

ワイモバイル買うならオンラインショップがおすすめ


ここでもう一度ワイモバイルとワイモバイルオンラインショップについて漫画で見てみましょう。





携帯代金を安くするなら

おすすめはワイモバイルです。

またワイモバイルに乗換えるならオンラインショップがお勧めです!



UQモバイルトップキャンペーンまとめiPhoneで使う方法
UQ学割はお得?au・UQ学割比較UQとYM徹底比較!
ドコモからのりかえauからのりかえSBからのりかえ
おすすめ機種シニア向けキッズ向け

-格安SIM, Y!mobile(ワイモバイル), UQ mobile(ユーキューモバイル)

Copyright© iPhone大陸 , 2021 All Rights Reserved.