格安SIM Y!mobile(ワイモバイル) UQ mobile(ユーキューモバイル)

「ワイモバイルとUQモバイルの違いを徹底比較!」【ワイキューモバイル】と検索したあなたに送る

【必見】新型iPhone 13 特集

ワイモバイルトップ キャンペーン情報まとめ iPhoneで使う方法
激安!SBへのりかえると… 頭金を無料にする 5のつく日と日曜以外契約ダメ
ドコモからのりかえ auからのりかえ SBからのりかえ
おすすめ機種 シニア向け キッズ向け

大手キャリアのサブブランドであるワイモバイルとUQモバイル。

ワイモバイルはソフトバンクの回線、UQモバイルはauの回線を利用しています。

どちらも大手キャリアに比べたら月額料金は安く、速度が速いのが特徴です。

しかし「自分にはどっちが合っているのか」「どっちが安く抑えられるのか」で迷っている方も多いはず。

結論を先に述べると、

  • ワイモバイル・・・家族みんなで契約する方、ソフトバンク光・ソフトバンクAirを利用している方
  • UQモバイル・・・一人で契約する方、UQでんき・auでんきを利用している方

この記事ではUQモバイルとワイモバイルの料金や割引サービス、オプションサービスなど総合的に比較をして、どちらがおすすめなのか紹介していきます。

UQモバイルとワイモバイルで悩んでいる方は、この記事を参考にして月額料金を安く抑えて利用しましょう。

UQモバイルで人気機種が期間限定値下げ中!

UQモバイルで今すぐお得にスマホを手に入れるにはこちらをタップ!

※6/10よりiPhone 12の取り扱い開始!

タイムセールでiPhone12が21,600円値引きセール中!

今すぐスマホをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,300円する事務手数料が無料!

 

5のつく日と日曜日はこちらがおとく!

店舗と違って事務手数料がタダ!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※SIMのみ契約の方はこちらがお得!

目次

ワイモバイルとUQモバイルの料金プランを比較!

ワイモバイルとUQモバイルのプラン料金や通話料、割引サービスなどを比較していきます。

  ワイモバイル UQモバイル
料金 シンプルS
2,178円(税込み)
3GB/月
くりこしプランS
1,628円(税込み)
3GB/月
シンプルM
3,278円(税込み)
15GB/月
くりこしプランM
2,728円(税込み)
15GB/月
シンプルL
4,158円(税込み)
25GB/月
くりこしプランL
3,828円(税込み)
25GB/月
通話料金 22円/30秒 22円/30秒
通話オプション ・10分かけ放題:770円
・24時間かけ放題:1,870円
・最大60分/月かけ放題:550円
・10分かけ放題:770円
・24時間かけ放題:1,870円
通信速度 昼のピーク時は遅くなるが、速い 昼のピーク時は遅くなるが、速い
5G対応 首都圏を中心に展開 2021年の夏から対応開始
超過時最大速度 シンプルS:300kbps
シンプルM:1Mbps
シンプルL:1Mbps
くりこしプランS:300kbps
くりこしプランM:1Mbps
くりこしプランL:1Mbps
回線品質 ソフトバンク回線 au回線
データ繰り越し 有り
(2021年8月以降に提供開始)
有り
割引サービス 家族割、おうち割り
家族割は、2回線目以降から割引きされる
1回線目から割引きを適用させるには、回線とのセットが必須
でんきセット割
1回線目から割引が適用される
契約時のキャッシュバック 最大7,000円のPayPayボーナス還元 最大10,000円
サポート対応 オンライン、電話、店舗 オンライン、電話、店舗

UQモバイルとワイモバイルの基本プランを比較しました。

表から分かることをまとめていきます。

  • 基本プランはUQモバイルのほうが圧倒的に安い
  • 通話オプションは、UQモバイルのほうが充実している
  • UQモバイルは、1回線目から割引きが適用されるので手軽に料金を安くできる
  • ワイモバイルで1回線目から割引きを適用するには、回線とのセットが必須になってしまう
  • ワイモバイルは、割引きサービスが充実している
  • どちらもデータ繰り越しが可能
  • どちらもサポート対応は、オンライン・電話・店舗での対応

ワイモバイルの特徴は、プラン料金が割引きされるサービスが充実している点です。

「家族割」は2台目以降のプラン料金が1,188円引きになり、3GBが990円で利用できます。

しかし、1回線目は割引は適用されず、料金は高いままです。

1回線目から割引きを適用するには、ソフトバンク光orソフトバンクAirを契約しなければいけないため、条件が厳しい。

とはいえ、家族割であれば、適用できる方は多いのではないでしょうか。

一方でUQモバイルの特徴は、通常料金が安い点です。

3GBの料金は1,628円、ワイモバイルより500円も安い料金で利用できますね。

また、ワイモバイルとは違い、1回線目から割引が適用されます。

そのため、UQモバイルのほうが簡単に料金を安くできます。

ワイモバイルとUQモバイルの4つの違い

ワイモバイルとUQモバイルでは、何が違うのでしょうか。

ワイモバイルとUQモバイルには、4つの違いがあります。

ワイモバイルとUQモバイルの違い

  1. 利用している回線と提供エリアが違う
  2. 家族割の存在
  3. 5G対応のスピードとエリアの広さ
  4. 通話オプションの豊富さ

ワイモバイルとUQモバイルの違いについて、詳しく紹介していきます。

違い①利用している回線と提供エリアが違う

ワイモバイルはソフトバンク、UQモバイルはauの回線を利用しています。

どちらも大手キャリアのサブブランドという位置づけです。

提供エリアはどちらも日本全国と広く、人口が密集しているエリアや首都圏では、どちらも利用可能。

しかし、過疎地や地方になってくると、提供エリアが異なってきます。

エリアは公式サイトで確認できるので、契約前に必ず確認しておきましょう。

違い②家族割の存在

ワイモバイル 家族割

両社の大きな違いといっても過言ではないのが、家族割による料金プランの割引きです。

ワイモバイルには、2台目以降の料金が割引きになる「家族割」があります。

家族割を適用することで、高い料金が毎月1,188円引きで利用可能。

  シンプルプランS シンプルプランM シンプルプランL
通常料金 2,178円 3,278円 4,158円
家族割の適用時 990円 2,090円 2,970円
データ容量 3GB 15GB 25GB

年間で14,256円もお得になります。

「家族割」を適用することで、UQモバイルよりも圧倒的に安い料金で利用できますね。

違い③5G対応のスピードとエリアの広さ

5G対応のスピードはワイモバイルのほうが早く、すでに首都圏を中心とするエリアで利用可能です。

対応スピードが早く、5Gの基地局は2021年度末までに約5万局、2025年度末までに約20万局、2030年度末までに約35万局まで展開すると公表しています。

一方でUQモバイルは、2021年8月以降に5Gの提供をスタート。

ワイモバイルより対応が遅く、2022年度末までに約5万局の計画を立てています。

5Gの恩恵を受けられる人にとっては、選ぶポイントの一つになりますね。

とはいえ、どのキャリアも5Gのエリアは狭く首都圏でしか利用できず、対応機種も少ないのが実情です。

違い④通話オプションの豊富さ

通話オプションでは、UQモバイルのほうがプランは充実しています。

  ワイモバイル UQモバイル
通話オプション ・10分かけ放題:770円
・24時間かけ放題:1,870円
・最大60分/月かけ放題:550円
・10分かけ放題:770円
・24時間かけ放題:1,870円

UQモバイルの最大60分/月の通話オプションは、一回の通話時間は長いけど、通話頻度が少ない方にピッタリのプランです。

そのほか2つのプランは同じ料金ですね。

通話をそこそこする方は、UQモバイルのほうがプランを選びやすいでしょう。

ワイモバイルとUQモバイルの5つの共通点を紹介

つぎは、ワイモバイルとUQモバイルの共通点について紹介していきます。

ワイモバイルとUQモバイルの共通点

  1. 安定した通信品質と速度
  2. どちらも学割はない
  3. 自宅回線による割引サービス
  4. データ繰り越しができる
  5. オンライン・電話・店舗での対応をしている

共通点①安定した通信品質と速度

どちらも安定した通信品質と速度を提供してくれます。

格安SIMを選ぶうえで速度や回線の安定度は、重要なポイントになりますよね。

他の格安SIMもauやソフトバンク、ドコモから回線を借りて提供しています。

しかし、「速度が遅い」「お昼の時間帯だと使えない」といった口コミをよく見かけます。

ワイモバイルとUQモバイルの通信品質が安定している理由は、

  • どちらもキャリアのサブブランドという位置づけである
  • 資金力があるので、広帯域の回線を借りることができる

といった理由が考えられます。

ワイモバイルはソフトバンクが運営しており、UQモバイルはauの子会社であるUQコミュニケーションズが運営。

他の格安SIMはキャリアから借りられる回線の量が少ないため、利用者が増えると回線が混雑しやすくなります。

そのため、お昼の利用者が多い時間帯は繋がりにくい、といった現象が起きます。

UQモバイルやワイモバイルと同じように、ahamopovoLINEMOの速度が速く安定している理由も同じです。

キャリアが運営している格安SIMは、速度が安定して速いといった特徴がありますよ。

共通点②どちらも学割による割引サービスはない

ワイモバイルもUQモバイルも、2021年7月現在は学割の提供をしていません。

どちらも2021年5月31日で受け付けを終了しています。

とはいえ、ワイモバイルは「家族割」「おうち割」、UQモバイルには「でんきセット割」がありますね。

どの割引サービスでも、家族全員が割引サービスの対象になるのは嬉しいポイントです。

共通点③自宅回線による割引サービス

どちらも、自宅回線による割引サービスがあります。

ワイモバイルは「おうち割」

「おうち割」は、ソフトバンク光orソフトバンクAirを利用している方が対象です。

料金プランが毎月1,188円引きになり、一人暮らしの方でも適用できます。

これにより、3GBが990円で利用できるので、非常に安いですよね。

UQモバイルは「でんきセット割」

auでんきまたはUQでんきを利用している方が対象です。

家族全員の料金プランが割引きされ、3GBが990円になります。

どちらも料金プランが割引きされ、業界最安値の料金での利用が可能です。

共通点④データ繰り越しができる

ワイモバイルとUQモバイルはデータ繰り越しができる

ワイモバイルもUQモバイルも、データの繰り越しが可能です。

データ繰り越しとは、余ったデータ量を翌月に繰り越せるサービスのこと。

たとえば、3GBプランを契約したとしましょう。

7月のデータ使用量が2GBだった場合、1GB余りますね。

余った1GBは翌月に繰り越しされ、8月は4GBの利用が可能。

月額料金は変わらず、翌月は多いデータ量を使えるのがメリットです。

UQモバイルは、以前からデータ繰り越しサービスの提供をしていました。

UQモバイルの強みということもあり、「データ繰り越しができるから」といった理由でUQモバイルを契約していた方も多くいるでしょう。

しかし、ワイモバイルも2021年8月に提供をスタートします。

これにより、UQモバイルの強みが一つなくなってしまいました。

タイムセールでiPhone12が21,600円値引きセール中!

今すぐスマホをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,300円する事務手数料が無料!

 

5のつく日と日曜日はこちらがおとく!

店舗と違って事務手数料がタダ!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※SIMのみ契約の方はこちらがお得!

UQモバイルで人気機種が期間限定値下げ中!

UQモバイルで今すぐお得にスマホを手に入れるにはこちらをタップ!

※6/10よりiPhone 12の取り扱い開始!

共通点⑤オンライン・電話・店舗での対応をしている

ワイモバイルもUQモバイルも格安SIMでは珍しく、店舗でも対応してくれます。

ワイモバイルは全国に800店舗以上、UQモバイルは全国に200店舗以上を展開しています。

オンラインだけでは不安、よくわからない、という方でも店舗で対応してくれるなら安心です。

店舗での対応は無料。

オンラインで解決できない悩みや疑問があったときに、店舗で解決できるのは大きなメリットになりますね。

ワイモバイルとUQモバイルを料金プランで比較【料金シミュレーション】

ワイモバイルとUQモバイルのプラン料金の比較

ワイモバイルとUQモバイルでは、どちらがお得なのでしょうか。

料金プランだけで比較していきます。

  UQモバイル ワイモバイル
料金 くりこしプランS
1,628円(税込み)
3GB/月
シンプルS
2,178円(税込み)
3GB/月
くりこしプランM
2,728円(税込み)
15GB/月
シンプルM
3,278円(税込み)
15GB/月
くりこしプランL
3,828円(税込み)
25GB/月
シンプルL
4,158円(税込み)
25GB/月

通常料金では、UQモバイルのほうが安い料金で利用できます。

ワイモバイルとUQモバイルで、3GBプランを1年間利用したときの料金の差額は8,778円です。

大手キャリアから乗り換えて料金を安くしたいと考えている方は、UQモバイルがおすすめですね。

ワイモバイルを利用するのであれば、割引サービスを適用させましょう。

通話頻度の多い60歳以上の方はUQモバイルがおすすめ

ワイモバイルとUQモバイルには、60歳以上の方限定のシニア割キャンペーンがあります。

どちらのシニア割も、24時間かけ放題プランの料金が安くなるキャンペーンです。

  • ワイモバイル・・・24時間かけ放題が1,100円引き。1,870円→770円
  • UQモバイル・・・24時間かけ放題が1,100円引き。1,870円→770円

どちらも割引後の利用料金は同じですね。

しかし、プランと組み合わせるとUQモバイルのほうが安く利用できます。

  ワイモバイル UQモバイル
基本料金 2,178円/3GB 1,628円/3GB
24時間かけ放題 770円
合計料金 2,948円 2,398円

合計料金で比較すると、550円の差額。

また、UQモバイルは通常220円のメールオプションが無料になります。

メールオプションとは、UQモバイルのメールアドレス「○○○@uqmobile.jp」を利用できるサービスです。

○○○@docomo.ne.jpや○○○@au.com、○○○@ezweb.ne.jpといったようなキャリアメールと同じようなイメージになります。

現代においてはあまり必要性は高くありませんね。

とはいえ、キャリアメールは信頼度が高く、銀行や金融機関にメールアドレスを登録する際に推奨されています。

フリーアドレスに抵抗がある60歳以上の方にはおすすめです。

ワイモバイルとUQモバイルを通信速度で比較

格安SIMを選ぶときに気になるのが、通信速度やエリアですね。

料金を安く抑えることができても、楽天モバイルのように回線に繋がらなかったら意味がありません。

ここからは、UQモバイルとワイモバイルの通信速度で比較をしていきます。

  ワイモバイル UQモバイル
平均Ping値 40.7ms 52.27ms
平均ダウンロード速度 55.91Mbps 41.3Mbps
平均アップロード速度 12.53Mbps 8.77Mbps

参照:みんなのネット回線速度

上記の表は、利用者が速度を計測して投稿しているサイトである「みんなのネット回線速度」による結果です。

速度はワイモバイルのほうが速いですが、体感速度が大きく変わることはありません。

ワイモバイルの速度に関する評判・口コミ

実際に利用している人は、どう感じているのでしょうか。

Twitterの口コミを紹介していきます。

 

 

 

ワイモバイルの速度は安定して速い、といった口コミを多く見られました。

しかし、中には「時間によっては遅い」、「遅いから乗り換えを検討している」という口コミもありました。

回線の速度は、利用する時間やエリアによって左右されます。

自分がどの時間帯によく使うのかを考えておく必要がありますね。

タイムセールでiPhone12が21,600円値引きセール中!

今すぐスマホをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,300円する事務手数料が無料!

 

5のつく日と日曜日はこちらがおとく!

店舗と違って事務手数料がタダ!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※SIMのみ契約の方はこちらがお得!

 

UQモバイルの速度に関する評判・口コミ

次に、UQモバイルを実際に利用している人の口コミを紹介していきます。

 

 

 

UQモバイルも問題なく速度は出ているようです。

しかし、ワイモバイルと同様に、朝や昼といった利用者が増える時間帯は遅い、といった口コミもありました。

とはいえ、他の格安SIMよりかは、速度は安定しています。

大手キャリア以外で安定した速度で料金を安くしたいなら、ワイモバイルやUQモバイルはおすすめですよ。

UQモバイルで人気機種が期間限定値下げ中!

UQモバイルで今すぐお得にスマホを手に入れるにはこちらをタップ!

※6/10よりiPhone 12の取り扱い開始!

UQモバイルは節約モードで通信量を抑えることができる

UQモバイル 節約モード

UQモバイルの節約モードとは、低速通信でのデータ通信を行えるサービスです。

最大300kbpsでデータ通信をすることで、データ容量の消費を抑えることができます。

たとえば、音楽再生、ネットサーフィン、LINEやTwitterなんかは、300kbpsもあれば問題なく利用可能

動画や画像の読み込み速度は遅くなりますが、データの消費量を抑えることで、余ったデータを翌月に繰り越すことができます。

節約モードを賢く使うことで、翌月はより多くのデータ量を使えるのがメリットです。

低速通信と高速通信は、UQモバイルの無料アプリでいつでもすぐに切り替えることができますよ。

ワイモバイルとUQモバイルを取り扱い端末で比較

ワイモバイルとUQモバイルでは、対応している機種やセット販売しているスマホの種類は異なります。

どちらもiPhone 12の販売をしているものの、セット販売の種類は少ない格安SIMです。

ここからは、両社で取り扱っているiPhone・Androidスマホを比較していきます。

【iPhone】ワイモバイルとUQモバイルの販売価格で比較

まずは、iPhoneの取り扱いを比較していきます。

  ワイモバイル UQモバイル
iPhone 12/64GB ・新規/MNP
→89,280円
・機種変更
→103,680円
・ソフトバンクからのMNP
→110,880円
・新規+プランS:92,880円
・新規+プランM/L
→88,920円
・MNP+プランS
→86,760円
・MNP+プランM/L
→82,800円
・機種変更
→94,680円
iPhone 12 mini/64GB ・新規/MNP
→74,880円
・機種変更
→89,280円
・ソフトバンクからのMNP
→96,480円
・新規+プランS
→78,480円
・新規+プランM/L
→74,520円
・MNP+プランS
→73,080円
・MNP+プランM/L
69,120円
・機種変更
→81,360円
iPhone SE(第2世代)/64GB ・新規/MNP
→36,000円
・機種変更
→50,400円
・ソフトバンクからのMNP
→57,600円
・新規/MNP+プランS
→39,600円
・新規/MNP+プランM/L
35,640円
・機種変更
→43,560円
iPhone 11/64GB ・新規/MNP
→51,840円
・機種変更
→62,640円
・ソフトバンクからのMNP
→69,840円
・新規/MNP+プランS
→53,640円
・新規/MNP+プランM/L
49,680円
・機種変更
→62,640円

両社ともiPhone 12/mini、iPhone SE(第2世代)を販売しています。

どの機種も、UQモバイルの新規もしくはMNP+プランM/Lの組み合わせが、一番安い価格ですね。

格安SIMへの乗り換えと一緒にiPhoneも安く購入したいのであれば、UQモバイルでの購入がお得です。

UQモバイルで人気機種が期間限定値下げ中!

UQモバイルで今すぐお得にスマホを手に入れるにはこちらをタップ!

※6/10よりiPhone 12の取り扱い開始!

 

【Android】ワイモバイルとUQモバイルの販売価格

Android端末では、ワイモバイルは15機種、UQモバイルは6機種を販売しています。

取り扱い端末の数ではワイモバイルのほうが多いですね。

ワイモバイル

  • Xperia 10Ⅲ
  • OPPO Reno5 A
  • Libero 5G
  • Android One S8
  • AQUOS sense4 basic
  • OPPO Reno3 A
  • かんたんスマホ2
  • Xperia 10Ⅱ
  • Android One S7
  • Android One S6
  • Libero S10
  • Xperia 8
  • HUAWEI P30 lite
  • Android One X5
  • Android One S5

【公式】ワイモバイル機種一覧

UQモバイル

  • OPPO A54 5G
  • AQUOS sense5G
  • Galaxy A21
  • Xperia 8 lite
  • AQUOS sense3 basic
  • BASIO 4

【公式】UQモバイル機種一覧

ワイモバイルとUQモバイルのサポート対応で比較

UQモバイルとワイモバイルは、どちらもオンラインから申し込みが可能です。

オンラインからの申し込みであれば、その場で10分程度で申し込みは完了します。

しかし、中には店舗に行って相談したい、店舗でスマホを手に取って確認したい、という方も多くいるでしょう。

そんな方は全国にあるショップに行って相談をしましょう。

自分の地域に取り扱い店舗があるかどうかは、それぞれの公式サイトから確認できます。

加えて、2021年3月から始まるドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの格安プランである「ahamo」「povo」「LINEMO」についてはショップでのサポートがなくすべてオンライン申込となります。

「ワイモバイルとUQモバイルは、価格は抑えたいけれども万が一のために店舗でのサポートは受けられる状態にしておきたい。」という方にもおすすめです。

【まとめ】ワイモバイルとUQモバイルは結局どっちがおすすめ?

この記事では、UQモバイルとワイモバイルの料金や割引サービス、速度の比較などを紹介しました。

最後に、UQモバイルとワイモバイルの料金をおさらいしておきましょう。

  UQモバイル ワイモバイル
料金 くりこしプランS
1,628円(税込み)
3GB/月
シンプルS
2,178円(税込み)
3GB/月
くりこしプランM
2,728円(税込み)
15GB/月
シンプルM
3,278円(税込み)
15GB/月
くりこしプランL
3,828円(税込み)
25GB/月
シンプルL
4,158円(税込み)
25GB/月
通話料金 22円/30秒 22円/30秒
通話オプション ・最大60分/月かけ放題:550円
・10分かけ放題:770円
・24時間かけ放題:1,870円
・10分かけ放題:770円
・24時間かけ放題:1,870円
通信速度 昼のピーク時は遅くなるが、速い 昼のピーク時は遅くなるが、速い
5G対応 2021年の夏から対応開始 首都圏を中心に展開
超過時最大速度 くりこしプランS:300kbps
くりこしプランM:1Mbps
くりこしプランL:1Mbps
シンプルS:300kbps
シンプルM:1Mbps
シンプルL:1Mbps
回線品質 au回線 ソフトバンク回線
データ繰り越し 有り 有り
(2021年8月以降に提供開始)
割引サービス でんきセット割 家族割、おうち割り
キャッシュバック 最大10,000円 最大7,000円のPayPayボーナス還元
サポート対応 オンライン、電話、店舗 オンライン、電話、店舗

UQモバイルがおすすめな方

  • 月額料金をとにかく安く抑えたい方
  • 一人で契約する方
  • auでんき・UQでんきのどちらかを利用している方
  • auからの乗り換えを検討している方

UQモバイルで人気機種が期間限定値下げ中!

UQモバイルで今すぐお得にスマホを手に入れるにはこちらをタップ!

※6/10よりiPhone 12の取り扱い開始!

ワイモバイルがおすすめな方

  • 家族で契約する方
  • ソフトバンク光やソフトバンクAirを利用している方
  • ソフトバンクからの乗り換えを検討している方

タイムセールでiPhone12が21,600円値引きセール中!

今すぐスマホをおトクにワイモバイルオンラインストアで手に入れるにはこちらをタップ!

※街のお店で3,300円する事務手数料が無料!

 

5のつく日と日曜日はこちらがおとく!

店舗と違って事務手数料がタダ!

ワイモバイルオンラインストアYahoo店はこちらをタップ!

※SIMのみ契約の方はこちらがお得!

ワイモバイルに乗り換えるならオンラインショップがおすすめ

最後にワイモバイルへお得に乗換えるオススメの方法をご紹介します。

それはワイモバイルオンラインショップを利用します。



ワイモバイルオンラインショップは

ワイモバイルショップやヤマダ電機などの家電量販店に比べて

以下のようなメリットがあります。

・頭金が安い
・24時間利用可能で、待ち時間なし
・不要なオプション加入の必要なし
・在庫が豊富
・オンラインショップ限定、OUTLETやタイムセールあり

如何ですか?店頭に比べてかなりメリットが多いと思いませんか?

1つづつ詳しくご紹介していきましょう!

頭金が安い


店頭がスマホの料金表を見ると頭金というものが設定されているかと思います。

この部分です。



頭金というと、高額商品を購入する際の支払い料金の一部と思っている人も多いでしょうが

携帯業界の場合は、頭金というと店舗へ支払う購入手数料の事だったりします。

ですので、オンラインショップでは店舗と比べて人件費がかからない為、

この頭金が安いです。

ショップでは頭金が10800円なのに対して、

同じ商品をオンラインショップでみると頭金が540円 になっています。



店頭が10800円なのに対して、オンラインショップは540円となってます。

約1万円近くおやすくなりますね!

機種や店舗により、頭金にちがいはありますが、ワイモバイルオンラインショップは

店頭と比べて人件費がかからないので最安値の事が多いです。

店頭よりお安く購入できるのが、オンラインショップの1つ目のメリットです。

不要なオプション加入の必要なし

頭金に続いてはオプションについてです。

ショップによっては、オプションに加入する事を義務付けていたり

オプションに加入する事で頭金をオンラインショップと同じ金額にしている店舗もあります。

こちらの店舗では価格表にこんな風に書いてあります。



頭金はオンラインショップと同じなのですがオプション加入を条件としています。

そんなオプション加入をしなくてもワイモバイルオンラインショップならお安い頭金で購入できます。

24時間利用可能で、待ち時間なし




ワイモバイルショップはまだまだ数も少ないです。

ですので、店舗はいつも混雑している事が多く

2~3時間待ちという事も多々あります。

オンラインショップならネットに繋がりさえすれば、

24時間日本全国どこからでも利用可能で煩わしい待ち時間は一切ありません。

お忙しい方はもちろん、

時間を有効的に使えるので、オンラインショップは非常にお勧めです。

在庫が豊富


ワイモバイルショップって、小さい所がおおいですよね?

ドコモやauなどはカウンターがいくつもあって、子供の遊ぶところまで完備しているようなところが多いですが、

ワイモバイルショップはカウンターが1つ2つなんて店舗も多々あるでしょう。

それだけ、店舗が狭いとやっぱりバックヤードも狭く、

あまり在庫をかかえてない事が多いです。

スマホなら欲しい機種がなく、予約という事が多かったり

iPhoneなどなら、希望のカラーがなく、説得されて違う色にするなんて事もあるかもしれません。

在庫の事を考えてもおすすめはオンラインショップです。

オンラインショップなら、広い倉庫に大量の在庫が用意されてます。

もし在庫がなくても、すぐに取り寄せてくれます。

在庫の心配なく、安心してほしい機種を購入する事ができるでしょう。

オンラインショップ限定、OUTLETやタイムセールあり



そしてワイモバイルオンラインショップの

目玉企画の1つがの限定商品です。

とにかく安いスマホを探している人などにはおすすめです。

一度覗いてみると面白いかと思います。

困ったらチャット相談


ただ、あんまりオンラインで買い物をしたことない。

楽天やAmazonくらいでしか、買い物したことなくて、はじめてつかうサイトで買い物するのは

不安だったり、分からないという人もいるでしょう。

大丈夫です。そんな方の為にワイモバイルではチャット相談を受け付けています。



購入方法で不安な事があったらこちらで相談すれば答えて貰えます。

サイト使い方以外にも

料金プランやスマホについて何か不安があればこちらで相談にのって貰う事ができます。

ですので、はじめての方やネットでのお買い物に慣れていない人でも

使う事ができると思います

ワイモバイル買うならオンラインショップがおすすめ


ここでもう一度ワイモバイルとワイモバイルオンラインショップについて漫画で見てみましょう。





携帯代金を安くするなら

おすすめはワイモバイルです。

またワイモバイルに乗換えるならオンラインショップがお勧めです!



UQモバイルトップ キャンペーンまとめ iPhoneで使う方法
UQ学割はお得? au・UQ学割比較 UQとYM徹底比較!
ドコモからのりかえ auからのりかえ SBからのりかえ
おすすめ機種 シニア向け キッズ向け

-格安SIM, Y!mobile(ワイモバイル), UQ mobile(ユーキューモバイル)

Copyright© iPhone大陸 , 2022 All Rights Reserved.