iPad News Apple

iPad(第8世代)とiPad Air(第4世代)の違いはなんだ?コスパがよく買うならどっちがいいか?

Appleは、第8世代の「iPad」と、第4世代の「iPad Air」を発表しました。

iPadシリーズは数多くラインナップされていますが、その中でもベーシックな「iPad」と軽量さが特徴の「iPad Air」の最新モデルです。

この2つのiPadは、どのようなスペックを持つのでしょうか。

また、コスパの良いiPadはどちらでしょうか。

新型iPadの2機種のスペックを紹介しながら、比較してみました。

iPad(第8世代)とiPad Air(第4世代)のスペック表〜比較〜

iPad(第8世代)iPad Air(第4世代)
サイズ高さ250.6mm幅174.1mm厚さ7.5mm重量490g(WiFiモデル)高さ247.6mm幅178.5mm厚さ6.1mm重量458g(WiFiモデル)
容量32GB/128GB64GB/256GB
ディスプレイ10.2インチRetinaディスプレイ2,160 x 1,620ピクセル解像度、264ppi最大輝度500ニト(標準)耐指紋性撥油コーティング10.9インチLiquid RetinaディスプレイTrue Tone2,360 x 1,640ピクセル解像度、264ppi最大輝度500ニト(標準)耐指紋性撥油コーティングフルラミネーションディスプレイ反射防止コーティング広色域ディスプレイ(P3)True Toneディスプレイ
チップA12 Bionic Neural EngineA14 Bionic Neural Engine
Apple PencilApple Pencil(第1世代)Apple Pencil(第2世代)
iPadキーボードSmart KeyboardMagic KeyboardSmart Keyboard Folio
カメラ8MP(F2.4)Live Photos12MP(F1.8)手ぶれ補正機能を使ったLive Photos写真とLive Photosの広色域キャプチャ
ビデオ1080p HDビデオ撮影(30fps)720pスローモーションビデオ(120fps)に対応4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
フロントカメラ1.2MP FaceTime HDカメラ720p HDビデオ7MP FaceTime HDカメラ写真とLive Photosの広色域キャプチャ1,080p HDビデオ
セキュア認証Touch ID(ホームボタンに内蔵)Touch ID(トップボタンに内蔵)
コネクタLightningUSB-C

明らかに、iPad Air(第4世代)の方が性能は上です。

本体は薄くて小さく、プロセッサやカメラの性能等も良いです。

値段も2倍するので、スペックが上なのは当たり前ですが、、、

2つのiPadの性能については、以下の通りです。

iPad(第8世代)の性能について

今年で発売10周年を迎えたiPad。

iPad(第8世代)は、10.2インチのRetinaディスプレイ(2,160×1,620、264ppi)とA12 Bionicチップを搭載しています。

デザインは旧モデルを引き継いでおり、100%再生アルミニウムのボディ、Touch IDが搭載されたホームボタンやインターフェイス、3.5mmイヤホンはそのままです。

ホームボタンの近くには、ステレオスピーカーが備わっています。

プロセッサは毎秒5兆回の演算を実現するNeural Engineを内蔵し、旧モデルと比較すると40%もパフォーマンス力が向上、GPU性能は2倍も速くなっています。

ゲームがサクサクと動きます。

これにより、以前は不可能であった画像/動画編集が快適に行えます。

現行モデルのiPad ProやiPad miniと同じプロセッサを搭載しているというだけで、高性能です。
安価なiPadが旧モデルの2倍以上進化しています。

そして、Neural Engineによりスポーツ観戦中に選手の動きを解析できるようになります。

また、圧力や傾きを検知するセンサーを搭載、LTEはギガビットクラスに対応しています。

Apple Pencil(第1世代)やSmart Keyboard、ロジテックのキーボードにも対応。

Apple Pencilがあれば、メモは全てiPadへ。

iPadOS14では、Apple Pencilで書いた文字がテキスト化される「スクリブル」ができるようになりますよ。

カメラは8MP、フロントカメラはFaceTime HDカメラが搭載されています。

iPad(第8世代)には、20WのUSB-C電源アダプタとUSB-C-Lightningケーブルが同梱されています。

容量は32GBと128GB、カラーはスペースグレー、シルバー、ゴールドがラインナップされています。

iPad Air(第4世代)の性能について

iPad Air(第4世代)は10.9インチのLiquid Retinaディスプレイ(2,360×1,640、264ppi)を搭載しています。

画面とApple Pencilのズレをなくすフルラミネーション技術を採用、P3色域をサポートしています。

iPad Proのようなホームボタンのないフルスクリーンのデザインで、右上部に備えられている電源ボタンにはTouch IDが備わっており、触れるとロック解除が出来ます。

電源ボタンに内蔵された指紋認証センサーはApple製品としては初ですね。

生体認証はFace IDではなく、指紋認証です。
ホームボタンがないだけだ、見た目はとてもスッキリしたように感じます。

チップは5nmプロセスのA14 Bionicで6コア(省電力4コア+高性能2コア)のCPUを搭載、2020年最新のプロセッサでありトランジスタ数は118億に達しました。

16コアのNeural Engineは1秒で11兆回の演算を処理します。
これにより、iPad Air(第3世代)より40%高速化し、GPUは30%向上しました。

Liquid RetinaディスプレイとA14 Bionicにより、グラフィックゲームも高速に動作し表現力も高いです。
4Kビデオの編集のような性能が求められる作業も出来ます。

本体はステレオスピーカーが内蔵されており、横置きすれば映像鑑賞がステレオ再生で視聴できます。

背面カメラは12MPのシングルレンズで手ブレ補正機能や4Kビデオに対応、フロントカメラは7MPのFaceTime HDカメラです。

充電端子はUSB-Cに対応、デジカメなどの周辺機器との接続が最大5Gbpsで可能になりました。

iPad Air用のSmart Keyboard FolioやMagic Keyboard、Apple Pencil(第2世代)も利用できます。

Wi-Fi6にも対応しています。

容量は64GBと256GB、カラーはスペースグレイ、シルバー、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーの5色を展開します。

パステルカラーのブルーとグリーンは可愛らしく、とても新鮮です。
iPadもカラーバリエーションが充実してきました。

コスパがいいのはiPad(第8世代) or iPad Air(第4世代)?

結論を言うと、コスパがいいのはiPad(第8世代)です。

A12 Bionicのチップセットが搭載されているため、30,000円台にかかわらずとても高性能です。

安く抑えたい方や、インターネット閲覧や動画視聴などをメインに利用する方であればiPad(第8世代)で十分です。

PDFの読み込みも書き込みも可能で、Apple Pencilとセットで購入しても5万円以下です。

iPad Air(第4世代)を購入すべき方は、ヘビーな作業をする方、性能を重視する方です。

注目されているのはiPad Air(第4世代)

最新プロセッサの搭載によりハイパフォーマンスが期待できるiPad Air(第4世代)は多くのユーザーから注目を浴びています。

価格もそれほど高すぎると言う事は無いですし、iPad Pro(第2世代)と比較しても圧倒的にProが優れているところはありません。

迷うのであればiPad Air(第4世代)でも十分なんじゃないかな〜と感じます。

iPad Proは「自分にはオーバークオリティー」と考えていたユーザーにとって、iPad Air(第4世代)は簡単にiPad Pro体験ができるかもしれません!

iPad(第8世代)とiPad Air(第4世代)の価格・発売日

iPad(第8世代)の発売は9月18日金曜日で価格は3万4,800円(税抜)〜、
iPad Air(第4世代)は10月に発売、価格は6万2,800円(税抜)〜購入可能です。

各キャリアでも取り扱いが決定しています。

さいごに

価格も性能もはっきりと分かれているので、どちらを購入したいのか明確になるでしょう。

特別な使い方をしない限り、無印iPadで良いと思いますよー!

スマホを機種変更するならオンラインショップがおすすめ

そして最後にちょっとおとくな情報をお伝えしましょう。

スマホを購入する方、まだ店舗で浪費してるんですか?

今は各キャリアショップで並ばずに予約、購入する時代です。

しかもドコモ、au、ソフトバンク、どこでも使えます。

その方法は各キャリアのオンラインショップを利用します。

ドコモ

ドコモオンラインショップ

au

au Online Shop

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップ

オンラインショップとは各キャリアが直営しているインターネットにて

機種変更ができる便利なサービスです。

このサービスを利用すると店舗へ行かずとも自宅で機種変更をすることが可能です。

ECショップなので24時間日本全国どこからでも使えます

キャリアショップや量販店では必須だった頭金が

オンラインショップだとなんと0円、無料なんです。

しかも余計なオプション加入もないですよ。

また余計な営業を受ける事もないです

時間はかからないし頭金がかからない分端末代金が安いのは分った。

でも初期設定や電話帳の移行が不安だからキャリアショップの方がいいなぁ~

なんて思う人もいるでしょう。

そんな人のおすすめなのが各キャリアショップ受取りです。

オンラインショップでは受取り場所をあなたの都合の良い

キャリアショップに設定する事ができます。

料金プランや端末で不安なら全キャリア

事前にチャットで質問する事もできます。

まだ使った事ない人は是非使ってみて下さいね。

ドコモ



*ドコモだとドコモショップや家電量販店では2,000~3,000円かかる事務手数料が無料なので さらにおすすめです。

ドコモオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

au


auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

ソフトバンク



ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

-iPad, News, Apple
-, ,

Copyright© iPhoneF@n(iPhone以外もドコモやau、楽天などスマホ情報多め) , 2020 All Rights Reserved.