iPhone(アイフォン) News 新型iPhone 新型iPhoneSE(2020)

2020年、新型iPhoneSEを含め、性能や価格からコスパでおすすめはどれ?

iPhoneは毎回発売されるたびに注目される機種ですが
やっぱりその都度「性能は」「価格は」「コスパがいいのはどれか」
というのが大きなテーマとして注目されているなぁと思います。

今回は現在Applestoreに掲載されいてるiPhoneの機種での比較となります。

気づけばXSもXも8も掲載されてないんですねぇ・・・時間の流れを感じる・・・

さて早速おすすめになるのはどの機種か?ということで
比較してみていきましょう!

iPhoneの価格を比較

以下は、Apple StoreのiPhoneの端末代金です。

価格
iPhoneSE44.800円~
iPhoneXR64.800円~
iPhone1174.800円~
iPhone11Pro106.800円~
iPhone11ProMax119.800円~

現在Apple storeではXRと11、11Proに最新SEのみが取り扱われています。
XSやXRはもうApple storeにはないとは驚き・・・!

こうしてみると、SEが格別安いということが分かりますね。
だって、11Proと比較したら2倍以上も価格がちがいますよ。

そりゃまぁ性能やスペックは違うかもしれないけれど
A13という一番重要なCPUの部分は同じなのだから
めちゃくちゃスコアのいい機種・・・と思うとSEかなり最強だなと思います。

2020現在AppleStoreにあるiPhoneを比較

現在Apple Storeで購入できるiPhoneの性能を比べていきます。

本体サイズ

サイズ
iPhoneSE4.7インチ
iPhoneXR6.1インチ
iPhone116.1インチ
iPhone11Pro5.8インチ
iPhone11ProMax6.5インチ

最新iPhoneSEはiPhone8と同じ形ですから、ベゼル部分もありディスプレイはやはりそこまで大きくありません。
ただし、そのために物理ボタンがあることや指紋認証ができるということは
メリットとしてあるので、フルディスプレイをとるのか指紋認証をとるのか・・・っていうところですね。

サイズとしてはやっぱり8を継承したSEが一番小さくなるわけですが
初代SEを使っていた人からすると「SEのサイズ感」というものはもうなくて、
本体サイズに不満が出る人もいてもしょうがないとは思います。

ただ、スマホが大きくなっている現状の流れでは新型SEのサイズ感は
大きくなくてちょうどいいサイズになっていると感じますよ。

11などを持ってみてから8を触ると「あ・・・小さい・・・(*'ω'*)」って思いますしおすし。

女性でもちょうど持ちやすいサイズ感なので、需要は高いでしょう。
男性だと大き目スマホが好きな人もいますが、8くらいのサイズが使いやすい人もかなりいるでしょうし
ポケットにそのまま入れられるサイズ感なので持ち運びにはベストかと思います。

しかしやはり新型SEはフルディスプレイではないので、画面を大きく色々見たい人にとっては
やっぱりちょっと物足りないのかな。

情報量をたくさん見たい人なんかにはベゼルレスで大画面のほうが使いやすいでしょう。

デザイン

デザイン機種
テクスチャードマットガラスとステンレススチールiPhone11ProMax/iPhone11Pro
ガラスとアルミニウムiPhone11/iPhoneXR/iPhoneSE

iPhone 11は、iPhone XRやiPhone 8シリーズとほぼ同じ「ガラスとアルミニウム製」のデザインとなっていますが、iPhone 11 Proシリーズは「テクスチャードマットガラスとステンレススチール」に変わっています。
テクスチャードマットガラスは、つや消し加工のされた強化ガラスで、高い耐久性を誇ります。
本体がツヤツヤとしているのはガラスとアルミニウム製で、見た目も綺麗ですがどのような手触りや見た目を好むかは人それぞれです。
持った時に手から滑り落ちそうだから嫌だと言う人もいるかもしれません。
ただ、どのデザインにしても高級感はあります。

ディスプレイ

ディスプレイ機種
RetinaHDiPhoneSE
LiquidRetinaHDiPhoneXR
iPhone11
SuperRetinaXDRiPhone11Pro
iPhone11ProMax

iPhone 11 Proシリーズは新搭載のSuper Retina XDRディスプレイ(有機EL)で、高い色再現性をもちます。
iPhone 11は、iPhone XRと同じLiquid Retina HDディスプレイです。

2018年から導入されたLiquid Retina HDは、業界最先端の正確な色を表現すると言われています。
iPhone 11シリーズは前モデルと比較しても画面のサイズや解像度が変わっていませんが、細かく見ると有機ELを搭載するiPhone 11 Proシリーズは輝度やコントラストが向上しており桁違いな繊細さが表現できます。
iPhone 11とiPhone XRについては、詳細も全く変わっていないようです。

iPhone SEはやはりハイエンドモデルに比べると解像度では少し劣ってしまいますが
iPhone11と同じ解像度なので、使ってみてそんな悪いと感じることはまずありませんね。

処理能力〜CPU〜

CPU機種
第2世代NeuralEngine搭載A12BionicチップiPhoneXR
第3世代NeuralEngine搭載A13BionicチップiPhone11
iPhone11Pro
iPhone11ProMax
iPhoneSE

2019年にiPhoneは、最新のA13 Bionicへグレードアップしました。
スマホ史上最速のプロセッサとGPUと言われています。
昨年のA12でも他社製スマートフォンに圧勝していましたが、更に性能はアップし処理能力アップと消費電力改善が向上しました。
普通にiPhoneを使う分には、A11〜A13のどれを利用しても快適に使えます。
重たいゲームをしても、ストレスを感じることはないでしょう。
A13はA12と比較しても12%程度しかパフォーマンス度が上がっていませんが、Galaxy S10+と比べると2倍は性能が良いです。
CPU向上により、バッテリーの持ちも飛躍的に上がっています。
2019年iPhoneは、「Wi Fi6」に対応しコンテンツのダウンロードも最大38%速くなりました。

やはり注目すべきは「iPhoneSE」もこの最新プロセッサを搭載しているということ!
これかなり凄いですよね。

大体廉価版と呼ばれるものって、CPUがランクダウンしたものを搭載していることがほとんどです。
特にAndroidなんかはそうですよね。

でも今回のiPhoneSEは安いのにA13を搭載。これはかなり重要なポイントで
「シンプルで安くて性能がいい」っていう最強な状況を生み出しているんですよ。

勿論、上を見ればみるほど良い性能っていうのは付け加えることができる。
カメラ然り、ディスプレイ然り・・・ただ、そこらへんはSEはシンプルだけど
性能の部分に妥協しなかったことに感謝しかありません!

防水・防塵性能

防水・防塵機能機種
水深1m最大30分間の耐水(IP67等級)iPhoneSE
水深2m最大30分間の耐水(IP68等級)iPhone11
水深4m最大30分間の耐水(IP68等級)iPhone11ProMax/iPhone11Pro

今回比較したiPhoneはすべて防水・防塵性能を備えています。
「IP67」「IP68」は、防水・防塵性能を表す指標として用いられています。

しかし、見ただけではどのぐらい凄いのかわかりませんよね。

「IP◯◯」と言うのは、国際電気標準会議が規定する防水・防塵性能の等級を表しています。

2桁の数字の最初の数字(6)が防塵性能の等級を表し、後ろの数字(7)や(8)が防水性能の等級を表しています。

防塵性能の数字の6が表す意味は「あらゆる大きさの固形物、粉塵が内部に侵入しない」と言う最上級のレベルを表しています。
防水性能の数字8が表す意味は、「連続的に水中においても有害な影響がないレベルで、密閉構造になっている」です。
つまり、IP68は「完璧にチリやホコリから守ってくれ、水没し続けても問題ない」、IP67は「30分以内であれば水の中につけていても問題ない」と言う意味です。
と言う事は、どのiPhoneにおいても日常生活で使う分には全く問題がないと言うことになります。
わざわざお風呂にiPhoneを沈める人なんていないですもんね。

防水・防塵機能は他ハイエンドモデルのiPhoneに比べれば多少劣りますが
だからって、日常生活に支障をきたすことがないので大した問題でないと考えます。

バッテリー

バッテリー機種
iPhone8と同等(iPhone6sより最大2時間長い)iPhoneSE
iPhone8Plusより最大1.5時間長いiPhoneXR
iPhoneXRより最大1時間長いiPhone11
iPhoneXsより最大4時間長いiPhone11Pro
iPhoneXsMaxより最大5時間長いiPhone11ProMax

バッテリーの持ちは2019年モデルが出るまではiPhone XRが最長でしたが、2019年モデルが登場してからはiPhone 11 Pro Maxが最長となりました。
iPhone 11 Proシリーズは、前モデルから飛躍的にバッテリーの持ちが向上しています。

iPhone 11は、iPhone XRよりバッテリー駆動時間が最大1時間長くなっています。

正直iPhoneSEのバッテリー持ちでも普通の生活では困りませんし
最新iPhoneはCPUも向上したせいかバッテリーがとても長持ちします。

バッテリーを30分で最大50%充電できるUSB-C – Lightningケーブルと18W USB-C電源アダプタは、iPhone 11 Proシリーズにのみ同梱されています。

3D Touch

これを望んでいた人もいたのですが、残念ならが新型SEには搭載されませんでした。

前回iPhone 11 Proシリーズでも、感圧タッチ操作3D Touchが非搭載です。
対応しているのは、iPhone 8 PlusとiPhone 8のみになりました。

今後も採用される事はなくなっていくでしょう。
iPhone XRと同様に 「Haptic Touch」が採用されていきます。

カメラ


□iPhone 11 Pro Max / iPhone 11 Pro→ナイトモードを備えたトリプル12MPカメラ
□iPhone 11→ナイトモードを備えたデュアル12MPカメラ
□iPhone XR / iPhone 8→シングル12MPカメラ
□iPhone SE /シングル12MPカメラ ポートレートモードを搭載

昨年発表されたiPhone11Proはトリプルカメラでナイトモードを搭載し
カメラ機能もかなり充実したiPhoneになっていました。

11もデュアルカメラで、より楽しめる幅が広がりましたね。

ただ、今回のSEはシングルカメラとなっています。12MPも普通ですね。
しかしポートレートモードは採用。ナイトモードは非搭載になっています。

普通の使い方をする分には楽しめると思うのですが、カメラ機能に拘りたいとなると難しい選択ですね。

カメラ機能に関しては、Androidでいえば、ミッドレンジ機種でも
デュアルカメラが当たり前になっている中でのシングルカメラなので
その点もうちょっと頑張ってもよかったんじゃないのかって思うのは否めないです。

正直私はカメラを撮ったところで「画質がいい」「綺麗」ということしかわからないので爆
あの~色々言われても「は?」って感じなので、語るにはむつかしいです!!!!!泣

だってそもそも4K60fpsで動画が撮れるって言われたところで「うん、なにそれ」ってなりません?
詳しい人には「なるほど」なんだろうけど、おおかた一般人からしたら
それが何をどう指していて・・・というのが分からないです。

こういう書き方、優しくない!っていつも思います笑

分かることなんて、カメラの数と画素数と、ナイトモードがあるとかスローモーションが撮れるとか
その程度なんですから、もうちょっと分かりやすく説明してほしいもんだわ・・

それぞれのiPhoneを一言で表すと

iPhone 11 Pro Max / iPhone 11 Pro→高性能なハイエンドモデル
iPhone 11→2019年最速CPU搭載廉価版iPhone
iPhone XR→性能と価格が優れたiPhone
iPhone SE→シンプルイズベスト、最新CPU搭載で最も安いコスパが最強iPhone

というかんじですね。

じゃあタイトルにあるように性能や価格でからコスパがよくオススメはどれか?

っていったら

iPhoneSEだと思います!!!

しかしカメラはシングルだし、性能を重視したいのであればやはりiPhone11Proにはかないませんよ。

 

コスパ(価格重視に比重あり)でいえば

iPhoneSE > iPhone11 > iPhoneXR > iPhone11Pro

コスパ(性能重視に比重あり)になれば

iPhone11 > iPhoneSE > iPhone11Pro > iPhoneXR

※個人的感想です。

になりますね。

SEはシングルカメラだし、そういうところの性能は落ちるとはいえ

しかしながらCPUがA13だから断然いいんですよ。

あとは「何を重視でいくか」によりますね。

もしiPhoneSEを購入するのなら

★カメラはシングルでもいいか?
★カメラ機能に拘りはないか?
★フルディスプレイでなくてもいいか?

の3点をきちんと確認したうえで、

☆CPUは最新!
☆価格は何よりも安価
☆指紋認証ができる!(マスク民ありがたや)

のメリットにニヤニヤしながら購入するといいと思いますよ!

新型iPhoneSEを予約や購入するならおすすめはオンラインショップ

そして最後にちょっとおとくな情報をお伝えしましょう。

新型iPhoneSEを購入する方、まだ店舗で浪費してるんですか?

今は各キャリアショップで並ばずに予約、購入する時代です。

しかもドコモ、au、ソフトバンク、どこでも使えます。

その方法は各キャリアのオンラインショップを利用します。

ドコモ

ドコモオンラインショップ

au

au Online Shop

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップ

オンラインショップとは各キャリアが直営しているインターネットにて

機種変更ができる便利なサービスです。

このサービスを利用すると店舗に並ばずして、うまく行けば発売日に新型iPhoneSEを入手する事ができるんです。

iPhoneの予約開始は、どこでもいっしょです。都道府県による差はありますが、

各キャリアショップだから早いという事もなく、全員が一緒にスタートです。

また各キャリアショップも同じようにシステムを使って入力していきます。

店舗だと店員さんが打ち込み、オンラインショップだと自分で打ち込むって事です。

人を通さない分、早く予約できますよね?

新型iPhoneSEは1分予約が遅れると手元に届くのが2,3日遅くなると言われてます。

少しでも早く予約できる方がいいですよね。

ECショップなので24時間日本全国どこからでも使えます

早く予約できれば、うまく行けば発売日に入手する事も可能です。

また、キャリアショップや量販店では必須だった頭金が

オンラインショップだとなんと0円、無料なんです。

しかも余計なオプション加入もないですよ。

また余計な営業を受ける事もないので自分に必要なものだけを選べます。

時間はかからないし頭金がかからない分端末代金が安いのは分った。

でも初期設定や電話帳の移行が不安だからキャリアショップの方がいいなぁ~

なんて思う人もいるでしょう。

そんな人のおすすめなのが各キャリアショップ受取りです。

オンラインショップでは受取り場所をあなたの都合の良い

キャリアショップに設定する事ができます。

料金プランや端末で不安なら全キャリア

事前にチャットで質問する事もできます。

まだ使った事ない人は是非使ってみて下さいね。

漫画でポイントまとめてみました。





ドコモ



*ドコモだとドコモショップや家電量販店では2,000~3,000円かかる事務手数料が無料なので
さらにおすすめです。

ドコモオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

au



auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

ソフトバンク



ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

-iPhone(アイフォン), News, 新型iPhone, 新型iPhoneSE(2020)
-, , ,

Copyright© iPhoneF@n(iPhone以外もドコモやau、楽天などスマホ情報多め) , 2020 All Rights Reserved.