docomo(ドコモ) News

ドコモの下取りプログラムは本当にお得なのか徹底解説!

【必見】新型iPhone 13 特集

ドコモで機種変更をしようと考えているけれど
この機種は下取りできるのかな??いくらなんだろう?

と気になっている人も多いでしょう。

下取りプログラムを使えば安く次の機種が購入できるぞ!とか
dポイントをもらって色々購入できるな♪など色々楽しくなりますよね~!

そんなドコモの下取りプログラムは本当にお得か?
いくらなのか?何を注意したらいいのか?など徹底解説していきましょう!

ドコモの下取りプログラムとは

ドコモではこれまで使っていた機種、iPhone・Android・iPad・タブレットなどを対象に下取りをしています。
ドコモに限らず、他社で利用していた端末も(すべてではありませんし、価格も多少変わりますが)下取りをしています。

下取りの価格はそのスマホの発売された時期などに左右されます。
そのため、以前見た価格と違う!という事もありますので、下取りを希望する方は
事前にチェックしておくことをオススメします。

2021年3月の下取り価格とキャンペーン

期間 : 2020年10月20日(火曜)~2021年3月31日(水曜)までとなりますが、対象のiPhoneを機種変更、または契約変更(Xi→5G)で購入&対象機種の下取りプログラム申込みでdポイント(期間・用途限定)3,000ポイント進呈のキャンペーンが行われています。

購入対象機種➡iPhone 12 Pro(全容量)・iPhone 12(全容量)・iPhone 12 Pro Max(全容量)・iPhone 12 mini(全容量)

下取り対象機種iPhone XS(全容量)・iPhone XS Max(全容量)・iPhone XR(全容量)・iPhone X(全容量)・iPhone 8(全容量)・iPhone 8 Plus(全容量)

今iPhone8などから最新iPhone12などを考えているのならお急ぎで!

3月ももう終わりますが、機種変更をする人で下取りを検討している人はお得になりますね!

すべてではありませんが、現在の下取り価格の参考例はこちらになります。

2021年3月1日(月曜)以降の価格

【表の金額はすべて税込】
下取り対象機種 下取り価格(店頭/郵送下取り価格)
良品 画面割れ品 機能不良品
iPhone11(64GB) 29,700円 8,900円 7,200円
iPhone11(128GB) 33,900円 10,200円 8,000円
iPhone11(256GB) 39,700円 11,900円 8,800円
iPhone11 Pro(64GB) 43,300円 13,000円 9,600円
iPhone11 Pro(256GB) 52,900円 15,900円 10,600円
iPhone11 Pro(512GB) 61,700円 18,500円 11,000円
iPhone11 Pro Max(64GB) 53,000円 15,900円 12,400円
iPhone11 Pro Max(256GB) 63,800円 19,100円 13,000円
iPhone11 Pro Max(512GB) 73,400円 22,000円 13,400円
iPhone XS(64GB) 26,600円 8,000円 4,200円
iPhone XS(256GB) 38,500円 11,600円 5,000円
iPhone XS(512GB) 45,300円 13,600円 4,800円
iPhone XS Max(64GB) 35,400円 10,600円 6,200円
iPhone XS Max(256GB) 48,200円 14,500円 6,200円
iPhone XS Max(512GB) 56,100円 16,800円 6,600円
iPhone XR(64GB) 16,700円 5,000円 4,200円
iPhone XR(128GB) 25,700円 7,700円 4,800円
iPhone XR(256GB) 32,700円 9,800円 5,000円
iPhone X(64GB) 23,400円 7,000円 2,600円
iPhone X(256GB) 27,100円 8,100円 3,000円

2020年12月時点での下取り価格と比較すると、例えばiPhone11は33,400円だったのが、3月1日から29,700円となっており、4円ほど下取り価格が下がっています

このように多少とはいえ、下取り価格は時期と共に下がっていきます。

また、これは良品での価格の下がりです。画面割れのほうはiPhone11が10、000円➡8,900円と多下取り価格の下がりが見られます。

そもそもの画面割れの場合には、かなり価格が下がりますので、その点が注意です。

ただし画面割になると価格はぐっとどれも下がります。

Android機種では以下の通りです※一例

下取り対象機種 下取り価格(店頭/郵送下取り価格)
メーカー(SAMSUNG)/機種名 良品 画面割れ品 機能不良品
Galaxy Note10+ SC-01M 39,200円 11,800円 100円
Galaxy Note9 SC-01L 26,400円 7,900円 -
Galaxy Note8 SC-01K 8,000円 2,400円 -
GALAXY Note Edge SC-01G 100円 100円 100円
Galaxy Active neo SC-01H 100円 100円 100円
Galaxy A20 SC-02M 1,000円 300円 100円
Galaxy Feel2 SC-02L 6,300円 1,900円 -
Galaxy S9 SC-02K 8,000円 2,400円 100円
Galaxy S7 edge SC-02H 3,000円 900円 100円
Galaxy S8 SC-02J 5,000円 1,500円 -
Galaxy S10 SC-03L 24,900円 7,500円 100円

続いてAndroidの最先端を行くGalaxyですが、

2020年12月時点のGalaxy Note10+の下取り価格は43,300円➡2021年3月時点では39,200円とさがっています。

画面割れのケースも13,000円➡11,800円となります。

Android自体が、iPhoneに比べると下取り価格が下がる印象ですが、更に毎月(じゃないかもしれないけど)下取り価格が下がるとなると、機種変更を先延ばしにしていて下取りをしたい人は損しちゃいますね。

その他Androidの下取り価格の参考は以下となります。

下取り対象機種 下取り価格(店頭/郵送下取り価格)
メーカー(SONY)/機種名 良品 画面割れ品 機能不良品
Xperia 5 SO-01M 28,400円 8,500円 100円
Xperia XZ3 SO-01L 17,200円 5,200円 -
Xperia Z3 SO-01G 100円 100円 100円
Xperia Z5 SO-01H 500円 200円 100円
Xperia XZ SO-01J 3,000円 900円 100円
Xperia Ace SO-02L 13,500円 4,100円 100円
Xperia Z5 Compact SO-02H 100円 100円 100円
Xperia X Compact SO-02J 1,000円 300円 100円
Xperia 1 SO-03L 26,900円 8,100円 100円

Xperia5は32,400円➡28,400円の下取り価格へと修正されています。

ま~Xperia5の価格はそこそこでしょう。
ただし機能不良品に関しては価格がつかないか100円!iPhoneは機能不良品でも1000円以上の価格がつきます
(iPhone8以降の話)

2020年12月時点では、AQUOS snese3は下取りに掲載されていませんでしたが、2021年1月より下取りプログラム適用となっています。

人気のAQUOS snese3の下取り価格は10,000円!これ結構大きな価格ですよ?元値が安い端末なのにこの下取り価格はかなりいいので、現在AQUOS snese3から機種変更したい人は早いうちに下取りに出しましょう。来月以降、下がっていくとしたら勿体ないですからね。

このように下取り価格は毎月更新されていきますので、機種変更の際に下取りをしたい人は一度チェックしておくことがオススメです。

iPhoneの画面の傷はどのくらいまで許容範囲なのか


気になるのは「どのくらいの傷で減額されてしまうのか」
っていうことですよね。

ドコモの下取りの審査はちょっと厳しめなんて言われています。

じゃあ落とした時に角がかけちゃったとか
画面に一本ひっかき傷みたいのができちゃった。とか
傷も色々となります。

基本的には「大きな傷」「画面割れ」でなければ、良品として取り扱ってくれる一方で

Twitterでは過去、画面に小傷があるだけで
下取りが7割減されてしまった、とか
画面の傷は2本までならOK,などそういった話もありました。

また店舗の場合、それを見て確認する店員さんによって変わる部分もあり
なかには下取りで店員さんが画面割れ判定をしそうになったが(※画面割れしていないのに)
上司の判定で画面割れではなくなった、など、かなり差があった過去もあります。

ただ、現在は割と「ポイント満額もらえた」っていう人を見る事が多いので
一般的にみて大きな傷と画面割れがなければ良品で取り扱ってもらえるのでは?と思います。

iPhoneなら修理して下取りに出したほうがいい理由

ドコモでiPhoneを購入している人などは、アップルケアに加入している事がほとんどだと思います。

例えばAppleCare+ for iPhoneに加入すると、修理保証とテクニカルサポートがiPhoneの購入日から2年間に延長されます
画面の損傷3,700円(税込)
過失や事故によるそのほかの損傷12,900円(税込)
盗難または紛失12,900円(税込)
となっており、画面割れはここで修理してから下取りに出したほうが断然お得になります。

例えばiPhone11の良品は現在32,200円の下取りですが
画面割れだと9,700円です。

しかし3,700円の修理代だけで、9,700円➡32,200円になるのなら
絶対修理したほうがいいですよね。

このように良品と画面割れで価格に大きく差がでる機種は絶対修理しちゃったほうがいいです。

ただ、例えばAndroidだとAQUOS senseは
良品が2000円、画面割れが600円なので、こういうケースは修理しなくってもいいと思いますね・・・

下取りは本当にお得か?出すか・出さないか


下取りよりも自分でどっかに中古で買い取ってもらったほうがいいんじゃないか?
っていう意見もありますよね。

確かにそれもアリですが、例えば有名どころの中古買取では
二束三文にもならんかった・・・なんていう話も聞きますよ。
また結構傷にうるさかったりすることもあるようで
買取自体が無理だったという話もあります。

また、ドコモでの下取りは良品と傷ありではかなり価格差が出ていますよね。

けど、人気の機種ならむしろちょっと傷があっても、むしろ結構傷があっても
メルカリでは高く売れちゃうこともあります。特にiPhone。

まぁやっぱり下取りで安く買って、高く販売するのが一般的な商売ですから
メルカリのような個人売買は、そういった企業やお店側の利益分の計算がないため
純粋に自分にはプラスになる事が多いです。

なので「ドコモの下取りはお得か」と聞かれると、ケーズバイケースでお得にならないこともあるでしょう。

ただ人によっては「知らない人に自分のものを触られたくない」人もいますし
そういった点からドコモに下取りをしてもらうほうが安心だという人は
やはりドコモの下取りプログラムを使うのがいいでしょう。

また最新機種であれば下取り価格は高いです。
そういう機種に関しては、ドコモの下取りで十分良いと私は思います!

下取りでもらったdポイントの使い道はコレだ!

①携帯料金の支払いに使える


dポイントは携帯料金の支払いにも利用が可能になっています。
例えば下取りポイントで2万分もらえたとして、毎月の携帯料金を
dポイントから支払えたらかなり安くなりますよね!

dポイントが充てられるのは「通話料・通信料」となります。
今でいえば、ギガホ・ギガライトの料金やかけ放題の料金ですね。

使いかたは「dポイントクラブ」へログインし
【使う】項目から、つかえるサービスの最初に「ケータイ料金」からの申し込みとなります

交換するポイントの入力欄に支払料金に応じたポイントを入力し
余れば翌月の繰り越しとなるので、多めに入力しても大丈夫です。

②提携店での支払いに使える


dポイントの提携店って結構多いんですよね!

アマゾン、ノジマオンライン、タカシマヤオンライン、メルカリ、大丸松坂屋・・・などなど。
身近で言えばローソンやマクドナルド、モスバーガーでもdポイントが使えますよ!

日常のどこかで必ずdポイント提携店に触れているはずです!
(そういえば、かっぱ寿司でdポイントで支払って食べたことあります!)

③Google PlayギフトコードやiTunesにできる


オンラインゲームをしたい人などにはうれしいギフトコードやiTunes!

dポイントがもらえたら課金しちゃうのもアリアリですよねw
私も課金したいよ・・・お金がないよ・・・dポイント欲しいよ・・・(話ズレてるよ

④THEO+docomoで資産運用してみる

ドコモではTHEO+docomoというdポイントでもできる資産運用を行っています
投資に興味はあるけど、始めるにはお金をかける抵抗がある、という人は
dポイントで初めて見るのはどうでしょうか。

下取りの条件

下取りの条件は以下となります

①購入の際、不備や不正、機種購入代金の未払いがないこと

②下取り機種のメモリやデータが消去できること

③電源ボタン、リアカバー、充電口のキャップなどの購入時の本体付属品を紛失していないこと

④下取り申込み機種がネットワーク利用制限がかかっていないこと

⑤改造はしていないこと

⑥水ぬれ、故障、激しい外観破損がないこと

⑦下取り対象端末であること

⑧正規店の購入であること

⑨下取りの端末の所有権があること

となります。

いっぱいあるように感じますよね笑
まぁ普通にドコモで買って今も使えるけど下取りに出したいなら
どれも全部クリアできている状況の人が多いと思いますので
そこまで難しく考えないでください。

ただし、中古や個人売買で購入したドコモの端末は
ドコモでの購入履歴のデータがないため下取りが不可となります。

更に、下取りに関しては「新規・機種変更・MNP」の申し込みの際に同時に下取りを申し込みます。
契約完了後に下取りだけをすることはできませんので注意しましょう。

また、下取りで価格をつけてもらうには大きな破損はマイナスでしかありません。
ドコモのケータイ補償サービスに加入しているとか
モバイル保険に加入していれば修理ののちの下取りとなりますので
いい状態で下取りをしてもらうことがオススメですよ。

下取りの申し込み方法【オンラインショップ】

オンラインショップでは以下の通りに下取りの申し込みをします

1・新しい端末を購入(新規・機種変更・MNP)2・下取りの申請

3・下取りの端末を下取り用にメモリやデータを消去※バックアップが必要なら取る

4・ドコモから送られる返送キットに必要事項を記入し発送する

5・ドコモでの審査完了後、dポイントが付与される

という流れになります。

返送キットの注意事項

返送キットは本人限定受け取り郵便または郵便局での受け取りとなっています。
オンラインショップでは「本人限定受け取り郵便の到着のお知らせ」がきますので
この時どちらで受け取るかを選択できます。

受け取りは10日以内となっているので注意しましょう。
受け取り時は本人確認書類(免許証など)が必要となります。

あとは下取りの機種と送られる書類を記入し同封後、郵便ポストへの投函で完了です。

ポイントの付与について

オンラインでは申し込み後、検査をし、検品が終わった翌日にdポイントが付与される仕組みです。
ただし、混雑状況によってはdポイントの進呈に時間がかかるという話もあります。

中には3か月以上もかかった・・という人がいました。

流石にそれじゃ遅いよなぁ・・・とは思いますよね。

ただそこまで遅くなるケースはそうは多くないようです。

下取りポイントの付与に関して気になる方は下取りの際にオンラインのチャットにて個別問い合わせがオススメです。

下取りの申し込み方法【店舗】

店舗では下取りは、新規・機種変更・MNPを窓口でする際に
同時に下取りに申し込むことが可能となります。

この場合、窓口での検査、査定をしてもらい、その場で付与されたポイントにて機種変更の代金へ充てることが可能です。

機種代金をその場で安くしたい!という人は窓口がオススメですね。

店舗とオンラインじゃ下取り価格がちがう?

下取り機種が同じでも、オンラインでみた価格と店舗では違う、というケースがあります。
つまり、店舗での下取り価格が上下する可能性があるということですね。

店舗での下取りを希望されるかたはオンラインでの下取り価格をチェックしておきましょう
それより下回るようなら(優しく)何故なのか聞いてみればいいと思います。

下取りをした場合の具体的な購入価格はお得なのか?

では、実際に下取りをしてもらったうえでの購入価格について考えてみましょう。

iPhone12を購入したい人がiPhone11を下取りに出すとします。

下取り対象機種 下取り価格(店頭/郵送下取り価格)
良品 画面割れ品 機能不良品
iPhone11(64GB) 29,700円 8,900円 7,200円

特に何も問題がない場合には29,700円の下取り価格がつきます。

ドコモのiPhone12の価格は101,376円となっています。

単純計算で101,376円から下取り価格を引くと71,676円となります。

※現在5G WELCOME割でさらに11,000円割引となります♪

もし窓口で購入する場合でこの金額ならばこの通りに割引されて購入となりますが、オンラインショップで下取りをする場合には、後日ポイントが付与されます。

ただし、下取りの状態や状況によっては査定額も変動しますし
下取り価格は基本的に1か月ごとに変更・更新していますので時期にも気を付けてください。

またiPhone11だとスマホおかえしプログラムを利用されている人も多いと思います。
もし残債が残っているものでスマホおかえしプログラムを利用している端末に関しては
端末の返却=残債の免除となるので下取りプログラムは利用できません。
ただし残債がなく、スマホおかえしプログラムを利用していないものであれば下取りプログラムは利用できます

店舗とオンラインショップ、どちらがいいのか

下取りはどちらがいいのか?ですが
窓口でそのまま下取り価格で割引が受けられるのは魅力的ですよね。

ただし店舗では頭金・事務手数料が加算されます。

例えばiPhone12、頭金が13,200するとしましょう。更に事務手数料で2,200円
計15,200円もオンラインショップより余計にかかってしまうケースでは
いくら下取り価格で割引いてもらえるったって
その分まるっと損しますよね。

オンラインショップだと確かにdポイントの後からの付与だし
時間が多少かかる可能性を考えるとなんとなく窓口がいいと感じてしまうかもしれません。

しかしもし、15,200円分損するとしたら、やっぱりちょっとまってでもポイント付与のほうがいいと思いませんか?

また、現在は窓口に行く場合には来店予約をし、混雑回避とはいっても
対面でのやりとりになります。

オンラインショップなら送るだけなので混雑も関係なく
来店する手間もかかりません。

総合的に考えても、費用と時間面では圧倒的オンラインショップのオススメですね。

まとめ

気になるのは画面割れとかしちゃった場合でしょうか。
ちょっとだけ傷が、程度で全然使えるけど心配な人もいるでしょう。

気になるのなら修理に出してからの下取りがいいと思いますよ。

またiPhoneなどはちょっとくらい画面割れしていても
メルカリでならいい価格で売れることもありますので、検討する価値はありますよ。

他社からの下取り・乗り換えではドコモの公式下取りプログラムから確認してくださいね。

ドコモの下取り 公式ページ

 

ドコモでスマホを購入したり機種変更するなら



ドコモでスマホを購入するならオンラインショップがおすすめです。

オンラインショップで機種変更?と思う方もいるでしょう。

ネットで機種変更ができる事はまだまだ知らない人も多いでしょう。

ドコモオンラインショップを利用すれば、ネットだけで機種変更ができちゃいます。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

しかも、ドコモショップや家電量販店だと3,300~11,000円かかる頭金がかからず、

機種変更はもちろん、新規で購入する時にかかる事務手数料も無料です。

1台あたり15,000円ちかく店舗より安く購入できる事もあります。。

またもちろんオンラインショップなんで、待ち時間はありませんし、

オンラインショップで心配な送料も2,750円以下の機種はないので送料もかかりません

ただ、オンラインで購入するのにあたり、心配事もありますよね。

どの機種を買えばいいのか、料金プランを相談したなんて人多いでしょう。

そんな時に使えるのがオペレートチャット機能です。

ドコモオンラインショップでは、個別にチャットを行う事ができ、購入前の心配事を相談する事ができます。

また他の心配事としては、購入後の設定や電話帳の以降でしょう。

それはしっかりした説明書がありますので、自分でもできます。

もしどうしても心配な人は

またドコモショップで12月より新しくお客さまサポートの強化がはじまりました。

ドコモショップにおけるお客さまサポートの強化について詳しくはこちら

ドコモショップにおけるお客さまサポートの強化資料

このサービスは有料にはなってしまいますが、ドコモショップで購入するのと同じように設定等行って貰えます。

しかし、今のスマホは説明書を見なくても、スマホの指示通りやればできちゃうくらい初期設定や電話帳の移行は非常に簡単です。

どうしてもできない場合はショップにもちこめばいいでしょうし、

ドコモオンラインショップなら、頭金も事務手数料も無料なので、トータルするとオンラインショップで購入した方がおとくです。

ドコモで機種変更するならオンラインショップがおすすめです。

ドコモオンラインショップはこちら


またドコモの機種変更などで使えるクーポンについてまとめてみました!

の機種変更などで使えるクーポンについてまとめてみました!

ドコモオンラインショップで使える物もありますので機種変更を考えてる人は是非一度ご覧ください!

ドコモオンラインショップのクーポンの入手方法とシリアルナンバーと裏技。[2020年版]

-docomo(ドコモ), News

Copyright© iPhone大陸 , 2021 All Rights Reserved.